follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
  • 教えて!オーナーさん 日産リーフがある生活 実際のオーナーの声
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索
日産リーフモニターキャンペーン あなたの質問にリーフオーナー最大約100人が答えます。 充電代、2000円

日産リーフの水対策、雨対策

2011.06.17(金)

日産自動車の佐藤です。

梅雨です。
この記事を書いているいまも横浜は雨模様です。

ご存知の通り(ご存知ですよね?)
日産リーフは100%電気自動車

電気と水というと、Twitterでもたくさんのご質問をいただきます。
日産リーフは様々な水対策、雨対策を施しているのですが、その辺りのことをまとめてご案内したいと思います。





まず充電。

日産リーフの充電ポート(左が急速充電、右が普通充電に対応)
日産リーフの充電ポート(左が急速充電、右が普通充電に対応)

日産リーフは充電ポートは水が溜まらないように水抜き構造を、また充電ポートやコンセント等は防水仕様を採用し、雨の日でも安全に充電できる防水対策をとっています。

ただし、感電や漏電を防止する為に次のことに注意してください。
ぬれた手でプラグを抜き差ししない。
プラグや充電コネクターをぬらさない。
万が一、プラグや充電コネクターがぬれてしまったときは、布などで水分を拭きとる。
また、暴風雨や雷が予測される中での充電はお止めください。





また、夏から秋にかけては台風の季節でもあります。
雨量が多いと道路が冠水し、やむなくそんな場所を走ることもあるかと思いますが、日産リーフはそのような、もしもの場合の試験もしたうえで、皆さまにお届けしています。
(ただし、故障の原因になる可能性もあるので、可能な限り避けてください)


日産リーフ冠水路走行試験の映像

日産リーフは、冠水路走行等の実験をおこない、万が一浸水するような場合でも、感電や漏電が起こらないように設計しています。







次に、雨というわけではないですが、水関連でいうと、洗車。
コイン洗車場などにある高圧洗車は大丈夫?というご質問をいただくことがありますが、こちらも試験をし、安全を確認しておりますので、安心してキレイにしてあげてください。

小さいですが、こちらに高圧洗車の試験をしている画像も。



日本を始め世界各地でご提供するクルマなので当然ですが、日産リーフは、安心してお使いいただけるよう、様々な対策をし、テストを繰り返して、皆さまのもとにお届けしております。





もうひとつ、関連ネタを。
これは水というよりも、雨が降ったときの音がテーマですが

日産リーフのワイパー
日産リーフはワイパーも低騒音仕様。これはエンジン音がなく、静かな電気自動車だからこその工夫。もしご試乗やレンタカーでのご利用の際、雨になった方は、少しだけオーディオの音を消して、ワイパーの音にも耳をすませてみてください。





日産 試乗車・展示車検索はこちらから。
日産リーフ、ぜひ一度体験してみてください。