follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
  • 教えて!オーナーさん 日産リーフがある生活 実際のオーナーの声
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索
日産リーフモニターキャンペーン あなたの質問にリーフオーナー最大約100人が答えます。 充電代、2000円

2012.10.30(火)

日産自動車の佐藤です。


日産リーフ オーナーの声、たくさんの方にご覧いただいています。
今までたくさんのリーフ オーナーの方々にご登場いただきました。
皆さん家族構成や使い方、前にお乗りだったクルマのタイプなど本当にさまざまで、リーフへの期待や購入後の感想などは千差万別だと感じています。そんな中、異口同音におっしゃることがあります。

それがランニングコストの安さについて。



日産リーフの充電ポート(左が急速充電、右が普通充電に対応)
電気自動車の充電って、いくらかかるの?

続きを読む

2012.10.11(木)


日産自動車の佐藤です。

先日、最先端IT・エレクトロニクス総合展『CEATEC JAPAN 2012』が千葉幕張メッセで開催されました。日産はCEATECに自動車メーカーとしていち早く、2006年から出展、以後継続的に出展しています(2011年からは特別企画展に参加)。


CEATEC JAPAN 2012の出展概要について
日産自動車IT&ITS開発­部エキスパートリーダー二見徹が解説。
テキストでもお読みいただけるように、二見が話している内容を文字に起こしました。

クルマの未来、クルマがもたらす未来について、どうぞご覧ください。

続きを読む

2012.10.05(金)

日産自動車の佐藤です。

「まえばし赤城山ヒルクライム大会」が開催された群馬県前橋市には東京から関越自動車道を使って日産リーフで行ってきましたので、
・東京前橋往復の電費情報
・前橋市周辺の充電スタンド情報
・関越自動車道の充電インフラ情報

についてご紹介します。



まずは東京前橋往復の電費情報から。

<<<往路編 東京~前橋>>>


右下の三角形をクリックするとコース再生します。

片道約114km。練馬ICから前橋ICまでの約90kmほどは関越自動車道(高速道路)を利用しました。

続きを読む

2012.10.04(木)

日産自動車の佐藤です。

自転車競技がお好きな方が増えています。全国の自転車ファン3,000人が集った自転車レース「まえばし赤城山ヒルクライム大会」に行ってまいりました。
このレース、実は高千穂遙さんのSF小説『ヒルクライマー』の中の架空のレースだったものを、昨年2011年から実際に開催することになったそうです。昨年は初開催にも関わらずクチコミで2,000名を越える方々が参加、そして2回目の今年は募集開始当日に3,000名の出場枠が埋まってしまうという人気イベントに。

このレースの先導車を務めたのが、日産リーフ。

赤城山ヒルクライムの先導車を日産リーフが務めます。赤城山大鳥居を通過。
レース序盤、赤城山大鳥居を通過する日産リーフと選手の皆さん。

続きを読む
1