follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

『二十四の瞳』の舞台 香川県小豆島は電気自動車天国でした。

24kwhバッテリー

2015.02.25(水)

t土庄港の二十四の瞳像とオリーブの木

日産自動車の豊田です。

瀬戸内海の小豆島(しょうどしま)。
皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

素麺、オリーブ、醤油、映画の舞台、石材の産地などなど、いろんなイメージがありますが、この小豆島、電気自動車にとって天国でした。






小豆島は香川県と岡山県の間に位置しています(小豆島自体は香川県)。
海岸線延長約120kmほどの島に、急速充電器が9ヵ所に設置されています。

小豆島QCマップ
小豆島充電マップ(急速充電器のみ表示)



小豆島は本州、四国と橋でつながっていないので、フェリーで向かいます。
小豆島へは香川県高松市、岡山県岡山市、備前市、玉野市、兵庫県神戸市、姫路市からフェリーが出ています。

今回は高松港から土庄港へと向かうフェリーで訪れ、9ヵ所の急速充電器を一気にまわってきました。

なお、下記9カ所の急速充電器は、記事公開時点で「当面無料」となっています(今後変更になる場合があります)。




1.福田港

福田港 電気自動車用急速充電器
福田港 電気自動車用急速充電器
7:00~21:30利用可能

東の玄関、福田港。
姫路港から福田港へは、フェリーが1日7往復運航されています。所要時間は約100分。夏休みやGW、秋の観光シーズン等には臨時便も出るそうです。



福田港 電気自動車用急速充電器
小豆島にある急速充電器は道の駅小豆島オリーブ公園と土庄港にあるものを除きすべてこのタイプ。訪問時は無料で使えましたがコイン式の課金器が併設されていました(急速充電器の左の器械)。



次に向かう坂手港へは福田港から約16km、約30分ほど。

小豆島の東岸を15分ほど走ると右側に途中に国指定史跡の大坂城石垣石切丁場跡の天狗岩丁場が見えてきます。


天狗岩丁場 そげ岩
天狗岩丁場 そげ岩

ご覧のように石を切ったあとにできる矢穴痕跡が残った石が多く残されています。
天狗岩丁場には666個の残石が存在しているそうです。



天狗岩丁場 大天狗岩
大天狗岩
天狗岩丁場のシンボル的な大岩。
高さ17.3m、推定1,700t
住居用の建物だと5階建てぐらいの大きさです。

ここで切り出された岩は大坂城再築(大坂夏の陣後の再築)のため、海を越えて大坂に運ばれたそうです。作業の跡から想像が膨らみます。

参考リンク 小豆島町公式Webサイト




2.坂手港

坂手港 電気自動車用急速充電器
坂手港 電気自動車用急速充電器
24時間利用可能


小豆島の南東に位置する坂手港には神戸港と高松港からのフェリーが出ています。
神戸港からは約4時間半、高松港からは1時間。

今回ご紹介できませんでしたが、醤油、佃煮工場が軒を連ねるのは坂手港付近です。醤油ソフトクリーム、食べたかった......





3.二十四の瞳映画村

IMG_5850
二十四の瞳映画村 急速充電器
9:00~17:00利用可能

坂手港からは約7km、車で15分ほどの距離です。


二十四の瞳像
小豆島というと『二十四の瞳』の舞台というイメージの方も多いと思います。


岬の分教場
モデルになった田浦分校も映画村の近くにあります。
映画村との共通チケットで校舎内の見学もできます。






天気もあまりよくなかったこともあり、また時間的に厳しいこともあり、実は当初の予定では急速充電スポット9ヵ所のうち、寒霞渓は訪れない予定でした。

ところが、二十四の瞳映画村で見た『八日目の蝉』のパネルの、寒霞渓からの眺めがとても美しく、またその時間帯晴れ間がのぞいていたため、そしてこれまでの行程で時間に少し余裕があったため、急遽向かうことに!

参考リンク
香川県公式観光サイト
うどん県旅ネット『八日目の蝉』ロケ地をめぐる!




うどん県
途中で見かけた工事看板。
さすが香川県。





4.寒霞渓山頂駐車場

寒霞渓山頂駐車場 EV急速充電器
寒霞渓駐車場 急速充電器
8:30~16:30利用可能


寒霞渓
山頂は霧の中でしたが、訪れたときに少しだけ晴れてくれました。
が、


寒霞渓山頂駐車場 電気自動車用急速充電器
あっという間にこんな感じに.....



ちなみに、
二十四の瞳映画村から寒霞渓への登り(標高差約800m)で6目盛り、急速充電器の表示では46%を消費。寒霞渓へアプローチする前にふもとで充電しておく方がいいでしょう。

草壁港へは下り坂を約16km走行。
1目盛り、急速充電器の表示で4%回生しました。





5.草壁港

草壁港 電気自動車用急速充電器
草壁港 電気自動車用急速充電器
24時間利用可能
大きな看板のすぐそばにあります。

草壁港へは高松港からフェリーと高速艇が各5便ずつ、計10便。所要時間60分です。

前述の二十四の瞳映画村や寒霞渓、後述のオリーブ公園などに近い場所にあります。


小豆島 草壁港
港の建物はオリーブの島、小豆島をイメージし、ギリシャ風になっているそうです。






6.道の駅小豆島オリーブ公園

道の駅小豆島オリーブ公園
道の駅小豆島オリーブ公園 電気自動車用急速充電器
8:30~17:00利用可能
利用の際は隣接するオリーブ記念館に申し出が必要

私が事前にイメージしていた小豆島に一番近いのはここの風景でした。


道の駅小豆島オリーブ公園 ギリシャ風車
道の駅小豆島オリーブ公園 ギリシャ風車


道の駅小豆島オリーブ公園
園内には実写版『魔女の宅急便』のロケセットが移築されてショップとして使われています。





7.道の駅小豆島ふるさと村

道の駅小豆島ふるさと村 電気自動車用急速充電器
道の駅小豆島ふるさと村 電気自動車用急速充電器
8:30~17:00利用可能
急速充電器は駐車場を入って左の一番奥、建物から離れた場所にあります。

道の駅小豆島オリーブ村からは約5km、車で15分。


ここでは日産の超小型電気自動車「日産ニューモビリティコンセプト」がレンタカーでご利用いただけます。詳細は下記Webサイトにてご確認ください。
道の駅小豆島ふるさと村レンタカー





8.池田港

池田港 電気自動車用急速充電器
池田港 電気自動車用急速充電器
24時間利用可能

道の駅小豆島ふるさと村から約2.5km、6分ほど。

池田港へは高松港から約60分。
一日8便運航しています。





最後の充電スポット土庄港へ行く前にエンジェルロードに寄り道。

エンジェルロード
潮が満ちているときにはご覧のように向こうの島には渡れませんが、干潮時には......


エンジェルロード
このように向こうの島まで陸続きになります。
土庄町商工観光課の小豆島観光ガイドなどでエンジェルロードの潮見表を確認して予定を組むといいでしょう。

エンジェルロードは土庄港からクルマで10分弱です。



9.土庄港

土庄港 電気自動車用急速充電器
土庄港 電気自動車用急速充電器
24時間利用可能
送迎専用駐車場内にあります。60分までは無料で駐車可能。60分を超えて駐車すると費用が発生します。

ちなみに土庄は「とのしょう」と読みます。

池田港からは約6km、15分ほど。
福田港へは約28km50分。

土庄港へは高松港から60分、岡山の宇野港(豊島経由)から90分、新岡山港から70分。





今回のドライブは上記のようなルートでした。
基本的に起伏は少ないのですが、寒霞渓への往復部分だけ標高が大きく変化するのがよくおわかりいただけると思います。

冒頭でもご案内しましたが小豆島は外周が約120km。
今回走行したのは105kmほどでした。

今回は船の時間の関係もあってかなりの駆け足で一周しましたが、普通に観光であればおそらく1日に100kmも走らないので、充電はそれほど心配する必要はないですし、主な観光スポットがある島の南側は10~20kmほどの間隔で急速充電器があるので安心です。

注意が必要なのは、寒霞渓へのアプローチは急な登りとなるため、充電をしておいた方がよいぐらいでしょうか。



もちろん小豆島へのフェリーで車両の費用もかかりますが、小豆島は電気自動車でのドライブを楽しみやすい環境でした。リーフで海沿いドライブ、最高なんです!くぅ~!(><)

オーナーの皆さまはご自分のリーフで、小豆島へのご旅行をお考えの方は日産レンタカーでリーフを借りて、島ドライブ、楽しまれてみてはいかがでしょう。

これからいい季節ですよ。





充電スポットの運用時間、費用などは取材時のものです。
変更になる場合がございますので、予めご了承ください。

facebook