follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

電気自動車の高速道路利用料金の一部が補助されます。

2015.03.12(木)

弓ヶ浜!
さぁ、どこに出かけましょうか。


日産自動車の豊田です。

経済産業省から電気自動車等の普及促進に係る取り組み強化すると発表がありました。

取り組みの一部として、
電気自動車の高速道路利用料金が一部補助される制度が発表されました。


一般社団法人次世代自動車振興センター リリース
高速道路利用実態調査事業の開始について






制度の概要

=====上記リリースより転載=====

対象者
予め利用登録を完了した電気自動車、プラグインハイブリッド自動車の所有
者(先着4万台)

調査期間
平成27年5月~平成28年2月

対象道路
東日本高速道路㈱、中日本高速道路㈱、西日本高速道路㈱及び本州四国連
絡高速道路㈱等の管理する高速道路

対象走行
高速道路における一料金区間の支払料金が、1,000円(普通車の場合)
を超える走行(ETC無線走行に限定)

調査協力費
調査期間に応じ、以下の金額(普通車の場合)
① 5~8月 :一料金区間あたり1,000円を超える利用に対して、1,000円
超過分
② 9~12月:一料金区間あたり1,000円を超える利用に対して、1,000円
超過分、2,000円を超過する場合は利用料金の半額

支給時期
調査終了後に一括して調査協力費を支給

※平成27年4月から、登録受付を開始。
※平成28年1~2月の2ヶ月間における走行に対しては、調査協力費は支払わない。
※支給額は、1月当たり2万円、全調査期間で6万円を上限とする。
※なお、予算の残額によって、スケジュールを前倒して調査を終了することがある。

==========
太字、改行等、一部当ブログで読みやすいように変更しております。

制度について詳細は次世代自動車振興センターWebサイトをご確認ください。




上記のように、
事前に予め登録が必要です(登録は2015年4月から受付を開始)。
また、先着4万台ですので、ご登録はお早めに。

登録方法や受付時期については後日発表されるようです。
発表されましたら当ブログやfacebookTwitter等でもご案内いたしますので、それぞれ「いいね」「フォロー」をしていただくと、いち早く情報をご確認いただけます。





今回の制度を、ひとつ具体的な例をあてはめて考えてみましょう。

<東名高速を使って東京~沼津を走る場合>

東京~沼津は約100km。1時間半から2時間ほどのドライブです。

高速道路利用料金
平日の場合:3,070円
土日の場合:2,480円

※いずれもETC利用料金。制度そのものがETC利用が必要となっています。


今回の制度を利用した場合(5月~8月)

5~8月は「一料金区間あたり1,000円を超える利用に対して、1,000円超過分が補助(正確には調査協力費)が支払われるので

高速道路利用料金(実質)
平日の場合:(2,070円が後日支給されるので)1,000円
土日の場合:(1,480円が後日支給されるので)1,000円


となります。



今回の制度を利用した場合(9月~12月)

9月~12月は「一料金区間あたり1,000円を超える利用に対して、1,000円超過分、2,000円を超過する場合は利用料金の半額」となります。

同じように東京~沼津間の場合
平日、土日いずれも2,000円を超過するので利用料金の半額が補助されます。

高速道路利用料金(実質)
平日の場合:(半額1,535円が後日支給されるので)1,535円
土日の場合:(半額1,240円が後日支給されるので)1,240円


となります。



ただし、調査協力費は調査終了後(2016年3月以降)に一括で支払われるのでご注意ください。





東京~沼津の例だと、往復で約3,000~4,000円分のメリットがある感じですね。
その分お食事を豪華にしたり、宿泊の場合は部屋をアップグレードしたりすることができます。
また、行く回数を増やすというのもいいかもしれません。





山陽自動車道 小谷SA(上り) 電気自動車用急速充電器


高速道路の多くのSA、PAには既にEV急速充電器が設置されています
(参考記事:高速道路各社のEV充電インフラ整備状況まとめ
今回の制度を使っていままで以上に多くの方が高速道路を使って電気自動車でお出かけになるでしょう。中には充電待ち......ということもあると思うので、リーフで使いやすいのは片道で充電1~2回ぐらいが快適にお楽しみいただけるのではないでしょうか。


ただ、リリースに"高速道路を利用する電気自動車等を短期的に増加させることにより、高速道路上の「具体的な充電器ニーズ」に関するデータを詳細に調査する。"とあるように、電気自動車オーナーの皆さまがより多く高速道路を利用することが、今後のより一層の充電インフラ充実につながってくる可能性があると思いますので、ぜひ積極的にご利用ください。





新ZESPカード


なお、今回の制度は、日産の電気自動車をご利用いただいている方の場合、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」もしくはEVサポートプログラム「スタンダードプラン」などのNCS充電カードをお持ちの方のみお申し込み可能となっています。

経済産業省資料
"充電カード所有者に限る"とあり、NCS充電スポットで利用可能な充電カードが必要となります。



今回対象となる高速道路上の急速充電器については、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」ご加入の方は

月額3,000円(税別)の料金内で

何度でも

都度課金なく


ご利用いただけます。

(ライトプランの場合は都度課金となります)



制度をご利用のリーフオーナーさまは、日産ゼロ・エミッションサポートプログラムの「スタンダードプラン」をご利用ください。
(中古車でリーフをご利用いただいている方はEVサポートプログラム「スタンダードプラン」をご利用ください)



電気自動車オーナーさまにはうれしい制度、日産のサポートプログラムとあわせて、ぜひご活用ください。



お申し込みはこちらから
電気自動車等 高速道路利用実態調査プロジェクト





2015年4月25日追記
関連記事 電気自動車の高速道路利用料金 一部補助事業(先着4万台) 申請について

facebook