follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

横浜マラソン2015を日産の電気自動車がサポートしました。

2015.03.17(火)

横浜マラソン2015

日産自動車の豊田です。

2015年3月15日、横浜マラソン2015が開催されました。
1981年から始まった横浜市でのマラソン大会で、今回初めて「フルマラソン」が行われ、約2万3千人のランナー(10kmレース参加者、車イスマラソン参加者も含む)が横浜の街を駆け抜けました。

日産も地元企業として大会をスポンサードし、多くの電気自動車が大会運営をサポートしました。






横浜マラソン2015
電気自動車「日産リーフ」「e-NV200」など多くの日産車が広報車、先導車、計時車、審判車などとして大会をサポート。



横浜マラソン2015
横浜マラソン スタートは日産グローバル本社脇のみなとみらい大橋。
8時30分フルマラソン、10kmレースが一斉にスタート。



横浜マラソン2015
2万3千のランナーが走る様子は壮観でした。
後ろの方はスタート地点に到達するまでに30分ほどかかった模様。



排出ガスを出さない日産の100%電気自動車。
発売開始後、さまざまなマラソンやラン大会、自転車競技会などのサポートカーとしても活用されています。



あわせてこちらの動画もご覧ください。







関連記事
日産の電気自動車が第6回横浜国際女子マラソンをサポート
日産リーフが横浜国際女子マラソンの先導車をつとめます。
日産リーフが赤城山ヒルクライム先導車をつとめました。

facebook