follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

新型リーフ(30kWh)で高速道路を使って横浜~松本を走ってみた。

30kwhバッテリー

2016.07.20(水)

日産リーフ 信州オフ会
信州でリーフのオフ会があるというので


日産自動車の浅井です。

いきなり夏本番になっちゃいました。暑いです。
気温じゃなくて、いまアツイといえば、信州長野県が熱いです。よね。
ベテラン担当Hさんが、横浜から長野県松本までリーフで走ってきた記録をご紹介します。

ちなみに、お土産は六文銭をモチーフにしたドーナツでした。






<<横浜⇒松本>>



横浜~松本間はおよそ240㎞。
東名、圏央道を経由して八王子から松本まで中央道を走ります。
ほとんどの行程が高速道路です。


経路上のSA/PAには下記6ヵ所に急速充電器があります。
各数字はスタートからの距離。

・東名道 海老名SA(下り)★
・圏央道 厚木PA(下り) 48km
・中央道 談合坂SA(下り)★ 90km
・ 同   双葉SA(下り) 155km
・ 同   八ヶ岳SA(下り) 180km
・ 同   諏訪湖SA(下り) 217km
★印は急速充電器が2基設置されています。


浅井(以下「浅」) ←新担当
「事前の計画は?240kmだと、途中充電1回ですか?」

Hさん(以下「H」) ←EVベテラン担当
「前回も言いましたが個人的な感覚では30kWhリーフは高速使うと航続距離が170~180kmぐらいなので、距離的には横浜~浜松とほぼ同じ240 kmだから、途中充電1回で行けるかな、と。
ただ、中央道の場合は松本方向へ行くにつれて標高があがるので、1回だとギリギリになりそうかな、という予想でした。当日はほぼずっと雨でしたし」



日産グローバル本社

Untitled
充電してから出発


電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量94%
航続可能距離表示 228km


↓(走行距離90.1km)


談合坂SA(下り)

中央道 談合坂SA(下り)EV急速充電器が2基あります
中央道 談合坂SA(下り)
EV急速充電器が2基あります。
建物からは遠目。



到着時電池目盛り 6/12
□□□□□□■■■■■■
電池残量 48%
航続可能距離表示 95km

↓急速充電20分

充電後電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 90%
航続可能距離表示 183km



「次の双葉SA(下り)にも充分行ける電池残量でしたが、充電待ちの可能性を考えて談合坂で1回目の充電です。ただ、半分ぐらい残っていたので、充電時間は短め20分。談合坂SA(下り)のEV急速充電器は建物から離れているので、20分だとけっこうしゃきしゃき動かないといけません」


「充電待ちって多いんですか?」


前回ありましたけど、実は私自身はあまり待ったことがないです。充電スポットが増えて一般道だと他のところへ行けば済みますし。ただ、高速道路は1基のところが多いので、ある程度減ってたら短時間充電して、次の充電スポットを通過してしまうという乗り方にしています」

「ちなみにこのときは、私の到着時は先客はいませんでしたが、トイレ行ってお店寄って戻ってみると、もう1基の方もPHEVが充電を始めてました。もし双葉SAまで引っ張ってたら充電待ち(もしくはお待たせ)してたかもしれません」


↓(走行距離162km)


松本日産 松本店

松本日産 松本店で急速充電中の日産リーフ
スタートから252km


到着時電池目盛り 1/12
□□□□□□□□□□□■
電池残量 7%
航続可能距離表示 20km
横浜⇒松本間の電費 7.6km/kWh



「予定どおり充電1回」


「ん~予定通りといえば予定通りですが、実はちょっとあせりました。EV急速充電器があるSA/PAで止まって、メーター記録しているんです。その記録がこちら」


・双葉SA(下り) 61%
・八ヶ岳SA(下り) 39%
・諏訪湖SA(下り) 21%



「順調じゃないですか」
 

「まぁそうなんですけど、これだと松本市中心部に着いたときには10%切っちゃうな、と。次の日のことも考えて、諏訪湖SA(下り)で充電しておこうと思ってたんですが、雨もあって暗くて、充電器の場所を見失っちゃって、仕方なくそのまま松本まで行ったんです」


「あらら。ベテランのHさんでもあせりましたか?」


「まぁ諏訪湖から先は基本くだり坂ですし、距離的には充分松本まで行けるの計算だったので大丈夫だとは思いましたが、まぁちょっと冷や汗かきましたね」



ということで、
横浜⇒松本は
途中充電1回20分で行けました!





無理に電池残量がギリギリになるまで走るよりも、充電1回増やして、1回の充電時間短くする方がオススメです


「その方がいろんなSA/PAでおいしいもの食べられますからね!」


「各SAで食べてるわけではないですけどね......」


「Hさん、出張帰りは丸さが増してます」


「日本は本当においしいものが多いから......」



航続距離がJC08モードで280㎞になった新型日産リーフ。
より、余裕を持って使っていただけるようになりました。
以前ご試乗やモニターでリーフを体験された方も、ぜひ新しくなった「日産リーフ」をお試しください。






こちらもあわせてご覧ください。
安曇野~高山ドライブ編
高山~下呂温泉ドライブ編
高山~茅ヶ崎ドライブ編



~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2015年モデルの日産リーフ。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は常時一人。
エアコンは全行程でON。
走り方は流れに合わせています。


高速道路上の充電スポットは日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」※ご加入であれば都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額3,000円(税別)が必要です。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報はすべて2016年7月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook