follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

電気自動車「日産リーフ」で関越道を使って東京~新潟を往復してきた2016(復路編)

30kwhバッテリー

2016.10.25(火)

日産リーフオフ会@新潟

日産自動車の浅井です。

上の写真は「第一回 にいがたオフ in 弥彦」の模様。
新潟はもちろん北は山形、宮城から南は三重、大阪と16都府県から45台73名が参加されたようです。リーフオーナーさまのオフ会は各地で行われていますが、今回の「にいがたオフ」は昨年10月に開催されたオーナーさま主催「日産リーフ全国一斉同時オフ会」で初めてオフ会に参加された新潟にお住まいの女性オーナーさまが主催されていました。大盛況だったとのこと、幹事さまお疲れさまでした。またリーフオーナーの輪がひろがりましたね。


さて、今回はオフ会におじゃましてきたベテラン担当Hさんの走行レポート電気自動車「日産リーフ」で関越道を使って東京~新潟を往復してきた2016(往路編)に続く、復路編(新潟県三条市⇒東京)をお届けします。

Hさんの本編に行く前に、前回の記事で「ちょっと長い」というご意見もいただきましたので、結果を先にご案内しておきたいと思います。

新潟三条~東京練馬を途中充電1回30分で走りました。






日産EVブログをお読みいただいている皆さま、こんにちは。
今回は関越道を使って新潟三条から東京まで走った記録をご紹介します。
結果は上記の通りでございます。ここから先はお時間のある方おつきあいください。夕方~夜のドライブなので、往路に比べて写真も地味です。


<<新潟三条⇒東京>>


高速道路を使って新潟県三条市から東京へ、およそ280km。
北陸道 燕三条ICから高速道路に乗り、北陸自動車道、関越自動車道を南下、練馬ICまで走ります。三条市スタートなので往路同様の起伏がありますが、往路と違うのはピーク(関越トンネル付近)がスタート寄りで、それ以降のくだりが長いことです。



燕三条~練馬間で、急速充電器があるサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)をチェック。
下記SA、PA名横の数値は上のSA、PAとの距離。


■北陸自動車道
 ・栄PA

■関越自動車道
 ・越後川口SA(栄PAから45.3km)
 ・塩沢石打SA(47.4km)
 ・谷川岳PA(27.5km)
 ・赤城高原SA(27.5km)
 ・上里SA(43km)
 ・嵐山PA(25.4km)
 ・高坂SA(15.3km)
 ・三芳PA(20.9km)


高速道路上だけで9ヵ所の急速充電器があります。
(新潟~東京間だと黒埼PAが加わって計10ヵ所になります)
(すべて日本充電サービス NCS対応)

往路同様ICを降りた近くにはたいてい充電スポットがあるので、電欠の心配はまずありません。

事前の脳内シミュレーションはこんな感じでした。



「たぶん途中充電1回で行ける」

「もしくは2回に分けて計30分充電で行ける」


「まずは充電1回のつもりでいて、状況次第で2回に切り替えよう。日曜の夜で関越道 上里SA~高坂SAあたりは渋滞するし、時間がかかるから、のんびり行こう」






では、結果の詳細を。



新潟県三条市

日産リーフオフ会@新潟
弥彦神社⇒弥彦山で、「第一回 にいがたオフ in 弥彦」が開催され、おじゃましました。
画面左下の駐車場、右の2列約40台がリーフです。


日産リーフ 新潟オフ会
「新潟リーフオフ会様 駐車場」の看板が。
(駐車場のオフ会利用については幹事さんが事前に許可を取っていらっしゃいます)

オフ会をおいとました後、日産プリンス新潟 三条店で充電してから帰路につきます。


出発時電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 86%
航続可能距離表示 218km
37%から20分充電した数値です。


↓(走行距離105.5km)



塩沢石打SA(上り)

塩沢石打SA(上り)で急速充電中の日産リーフ
東京からオフ会に参加されたオーナーさんが充電中でしたが、「きざんで行きますから(ちょこちょこ充電していきますから)」ということで早々に(5分ほどで)譲っていただきました。ありがとうございました。

私も他の方がいらっしゃったら早めに切り上げてお譲りしよう(途中充電2回パターンにプラン変更しよう)と思っていたところ、いらっしゃらなかなったので30分充電しました。

ということで、当初の予定通り、途中充電1回パターンで東京を目指すことに。


到着時電池目盛り 3/12
□□□□□□□□□■■■
電池残量 20%
航続可能距離表示37km


↓急速充電30分


充電後電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 91%
航続可能距離表示 165km


↓(走行距離183.2km)


日産プリンス東京 谷原店

日産プリンス東京 谷原店
スタートから288.7km
ぼけぼけの写真ですみません......
お店は練馬ICから3kmほどのところにあります。


到着時電池目盛り 1/12
□□□□□□□□□□□■
電池残量 7%
航続可能距離表示 19km



今回の新潟三条⇒東京、途中充電は1回、充電時間は30分でした。


ちなみに塩沢石打SA(上り)~練馬ICの途中の電池残量は下記の通り。
谷川岳PA(上り):72%
上里SA(上り):46%
今回、渋滞を避けるために谷川岳PA(上り)で1時間ほど休憩しました。


もつ煮@谷川岳PA(上り)
谷川岳PA名物 もつ煮
美味しゅうございました。


航続可能距離は乗車人数やエアコン使用有無、走り方によって変わってきます。
今回は途中充電1回で走りましたが、2回に分けた方が、充電器が使われていたら次へ~と柔軟に対応しやすい、かつそれぞれの待ち時間が短くできるので、より快適だと思います。



日産のサポートプランにご加入であれば外での充電は「月額定額使い放題」。

何度使っても、どれだけ走っても、定額です。
定額だから、もっともっと出かけたくなります。走りたくなります。
電気自動車が、あなたをよりアクティブにしてくれます。


あなたも、電気自動車生活、始めてみませんか?




~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2015年モデルの日産リーフ(30kWh駆動用バッテリー搭載車)。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は常時一人。
エアコンは日中の一部のみ冷房を使用。その他はほとんど送風を使用。
走り方は流れに合わせています。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額3,000円(税別)が必要です。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報はすべて2016年10月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook