follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
  • 教えて!オーナーさん 日産リーフがある生活 実際のオーナーの声
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索
日産リーフモニターキャンペーン あなたの質問にリーフオーナー最大約100人が答えます。 充電代、2000円

電気自動車「日産リーフ」で岩手県盛岡市→青森県弘前市を走ってみた(東北道利用)。

2017.03.22(水)

弘前城

日産自動車の浅井です。

上の写真、弘前城です。
弘前城といえば、ご存知の方も多いと思いますが桜の名所です。
弘前公園のWebサイトによると今年の弘前の桜の開花は平年並みの4月23日、満開は4月28日との予想とのこと。2017年の弘前さくらまつりは、4月22日(土)~5月7日(日)に開催予定だそうです。

桜イイですねー。
いやー行ってみたいなぁ!






日産EVブログをご覧の皆さま、こんにちは。
産休・育休後の時短勤務中の浅井さんに代わってリーフであちこち走り回っているEV担当、古株のHでございます。

行ってまいりましたよ、弘前。
桜の季節はまだ遠く、桜じゃなくて雪が待ってましたが、このブログをご覧の方は桜の季節のドライブ記録より、雪が舞う季節の記録の方が気になりますよね!?
そう思ってあえての冬季ドライブです。




今回ご紹介するコースは岩手県盛岡市から青森県弘前市まで。
盛岡市中心部を出発し盛岡ICから大鰐弘前ICまで東北自動車道を走り、弘前市中心部へ。総距離約150kmです。岩手県からスタートし、秋田県を抜け、青森県へと走ります。


今回のルート上には下記のSAに電気自動車(EV)用の急速充電器が設置されています(南から 上下線とも)。

東北自動車道
・岩手山SA
・花輪SA



起伏を考慮しても通常であれば1回10~20分ほどの充電で済みそうですが、初めて走るルートなので両SAに寄ることにします。





ということで、走行記録をご紹介します。



<<往路 盛岡⇒弘前>>

盛岡市中心部

岩手日産 盛岡ギャラリー
岩手日産 盛岡ギャラリーで充電してから出発。
岩手山SAに寄るつもりなので70%までにしておきました。
(とはいえ岩手山SAで先客がいたらスルーして花輪SAまでは行けそうなぐらい)


出発時電池目盛り 9/12
□□□■■■■■■■■■
電池残量 72%
航続可能距離表示 148km



↓(走行距離32.7km)



東北道 岩手山SA(下り)

東北道 岩手山SA(下り) EV急速充電器
岩手山SA(下り) EV急速充電器
盛岡市内からずっと左手に岩手山が見えるんですが、非常に存在感があってカッコイイです。



到着時電池目盛り 6/12
□□□□□□■■■■■■
電池残量 48%
航続可能距離表示 84km


↓急速充電15分


充電後電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 88%
航続可能距離表示 156km


岩手山SA(下り)から見た岩手山
岩手山SA(下り)から見た岩手山
バツグンです。



↓(走行距離58.7km)



東北道 花輪SA(下り)

東北自動車道 花輪SA(下り)で急速充電中の日産リーフ
スタートから91.4km
岩手山SA(下り)を過ぎ、安比高原付近から雪が降り出しました。


花輪SA(下り)のなまはげ
SA内には"なまはげ"が。


到着時電池目盛り 7/12
□□□□□■■■■■■■
電池残量 54%
航続可能距離表示 117km


↓急速充電5分


充電後電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 69%
航続可能距離表示 150km



↓(走行距離62km)



弘前市

弘前日産 弘前東店で急速充電中の日産リーフ
スタートから154kmでゴール。
翌日のために充電しておきます。


到着時電池目盛り 4/12
□□□□□□□□■■■■
電池残量 31%
航続可能距離表示 77km
盛岡→弘前間電費:6.8km/kWh



盛岡⇒弘前 ドライブ記録以上です。
大鰐弘前ICで高速を降りずに青森市方面に向かうともう一箇所 津軽SAにもEV急速充電器があるので、青森まで行く場合でも安心です。


ちなみに東北自動車道もZESP2使いホーダイプランもしくはZESPスタンダードプランご加入であれば、毎月の月会費の中でご利用いただけるので都度課金なくご利用いただけます。

電気自動車『日産リーフ」での北東北ドライブ、ぜひお楽しみください。



夜の弘前城
夜の弘前城。市街地は除雪されていましたが、場内は通路真っ白でした。





~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2015年モデルの日産リーフ(30kWh駆動用バッテリー搭載車 2016年3月登録)。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

タイヤはスタッドレスをはいています。

乗車人数は常時一人。
エアコン(暖房)は早朝や日没後の使用で全体の3~4割程度。(シートヒーター、ステアリングヒーターはほぼ常時ON)。
走り方は流れに合わせています。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2「使いホーダイプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額2,000円(税別)が必要です。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報はすべて2017年2月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~