follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
  • 教えて!オーナーさん 日産リーフがある生活 実際のオーナーの声
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索
日産リーフモニターキャンペーン あなたの質問にリーフオーナー最大約100人が答えます。 充電代、2000円

電気自動車「日産リーフ」で青森県八戸市→岩手県盛岡市を走ってみた。 

2017.04.27(木)

日産リーフ@葦毛崎展望台

日産自動車の浅井です。

はやいものでゴールデンウイーク(以下GW)目前です。
お出かけ予定の方も多いと思います。

日本充電サービスのWebサイトではGWのご利用の参考情報として、年末年始の高速道路PA・SAの急速充電器混雑実績、IC周辺の充電器情報が掲載されています。

高速道路設置急速充電器の混雑状況(12/29~1/4実績)とIC周辺に設置されている急速充電器(PDF)

また、日産のWebサイトでもゴールデンウィーク休暇期間中の日産 充電スタンド(急速充電)の稼働状況についてのご案内を掲載しています。

あわせてGWの計画づくりにご活用ください。


さて、今回の記事は、北東北ドライブ記録、最終回です。






日産EVブログをご覧の皆さま、こんにちは。
EV担当、古株のHでございます。 リーフで日本中走り回っています。
今回も東北地方の高速道路を使った走行レポートです。


これまでのレポート


東北道・秋田道
 仙台→秋田
 秋田→仙台

東北道
 盛岡→弘前
 弘前→盛岡

磐越道
 郡山→新潟
 新潟→郡山

東北道・八戸道
 盛岡→八戸(前回記事)


今回は八戸から盛岡への帰路。
八戸道を使った、盛岡→八戸の走行記録をご紹介します。


八戸→盛岡には下記のSAに電気自動車(EV)用の急速充電器が設置されています(北から 上下線とも)。

八戸自動車道
・折爪SA

東北自動車道
・岩手山SA


いつもなら高速道路がある区間は高速道路を走ったレポートをご紹介するのですが、今回のコースの後半(東北道部分)はほぼ弘前→盛岡と同じなので、たまには一般道を走ってみました。


高速道路 八戸道を使ってドライブします。
八戸から一戸までは高速道路、それ以降は国道4号線を南下するというコース。距離約115km。





八戸を発つ前に、市内を観光したので、その様子も少しご紹介。



八戸市 館鼻岸壁朝市
友人から「絶対朝市行った方がいいよ!」とおすすめされた館鼻岸壁朝市。
毎週日曜日の早朝だけに現れる巨大な朝市。
日本最大級だそうで、いろんなお店がずらーっと続きます。


八戸市 館鼻岸壁朝市
海産物もたくさんありますし


八戸市 館鼻岸壁朝市
野菜や果物などもたくさん並んでいます。
ラーメンやせんべい汁、コーヒーなどの飲食のお店もバリエーションが豊富。


八戸市 館鼻岸壁朝市
なかには刃物を売っているお店も。
ぶらぶらと眺めているだけでも楽しめます。



次に訪れたのは、国の天然記念物に指定されている

蕪島
蕪島(かぶしま)

ウミネコの繁殖を間近で見られる国内唯一の場所だそうです。
八戸市観光情報サイトによると"毎年3月上旬頃に蕪島に飛来するウミネコは、4月頃に産卵をはじめ、6月頃にはヒナがかえります。そして、8月頃には蕪島を旅立っていきます。"とのこと。
ちなみに私が訪れたのは3月中旬です。


ウミネコ
ウミネコ
目がマジです......


蕪島
すごい数のウミネコがいました。



動画でもご覧ください。


このあと種差天然芝生地、葦毛崎展望台(冒頭の写真)を訪れ、市内で充電後、盛岡市に戻りました。

八戸、また行きたいです。





閑話休題。
八戸→盛岡走行記録をご紹介します。



<<復路 八戸⇒盛岡>>

八戸市

青森日産湊高台店で急速充電中の日産リーフ
青森日産湊高台店で充電してから出発!



出発時電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 80%
航続可能距離表示 187km



↓(走行距離 32.3km)



八戸道 折爪SA(上り)

八戸道 折爪SA(上り)で急速充電中の日産リーフ
折爪SA(上り)
充電なしでも大丈夫そうでしたが(高速を降りた後、国道4号線沿いにもいくつか充電スポットもありましたし)、空いていたのでちょい足し。

このブログでは何回かご案内していますが、急速充電というとほとんどの場所は「最大30分」ですが、必ず30分充電しなければいけないわけではないですし、80%以上は充電スピードが落ちるので、必要なだけ入れたらさっさと切り上げて出発した方が待ち時間も少なくて済みます。
通りかかって空いてたらちょっと足しておく(ついでに飲み物を買う、トイレに行くぐらいの時間です)、ぐらいの方がおすすめです。



到着時電池目盛り 7/12
□□□□□■■■■■■■
電池残量 55%
航続可能距離表示 94km


↓急速充電8分


充電後電池目盛り 9/12
□□□■■■■■■■■■
電池残量 75%
航続可能距離表示 130km



↓(走行距離 87.1km)



盛岡市内

盛岡日産モーター 盛岡北店
盛岡日産モーター 盛岡北店
スタートから119.4kmでゴール。


到着時電池目盛り 4/12
□□□□□□□□■■■■
電池残量  34%
航続可能距離表示 87km
八戸→盛岡間電費:7.5km/kWh





高速道路もいいですが、やはり信号の少ない一般道をすいすい走るのが一番気持ちがいいですね。国道4号線沿いにも日産のお店やコンビニ、道の駅などに急速充電器があるので、安心です。



八戸→盛岡走行記録以上です。

電気自動車『日産リーフ」での北東北ドライブ、ぜひお楽しみください。








~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2015年モデルの日産リーフ(30kWh駆動用バッテリー搭載車 2016年3月登録)。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

タイヤはスタッドレスをはいています。

乗車人数は常時一人。
エアコン(暖房)使用は全体の3割程度。(シートヒーター、ステアリングヒーターはほぼ常時ON)。
走り方は流れに合わせています。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2「使いホーダイプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額2,000円(税別)が必要です。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報はすべて2017年3月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~