follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

電気自動車「日産リーフ」で宮崎→熊本を走ってみた(九州自動車道利用)。

30kwhバッテリー

2017.05.19(金)

熊本城

日産自動車の浅井です。

上の写真は熊本城。
熊本出身のHさんによると、「路面電車の向こうに熊本城」というのは映画やドラマ等で場面が熊本に変わったというのをその一瞬で伝える定番の構図だそう。
画面奥の熊本城、天守閣の周りに工事用の鉄骨のようなものが見えますね。

Hさんによると元の姿に戻るには「まだまだ何年も、もっとかかると思う」とのことでした。
がんばれ熊本!






日産EVブログをご覧の皆さま、こんにちは。
リーフで日本中走り回っています、EV古株担当のHでございます。
熊本出身でございます。

今回も九州を使った走行レポートお届けします。
宮崎市から熊本市まで走ってきました。




宮崎自動車道、九州自動車道を使うルートを走行。大部分は高速道路です。約200km。


宮崎~熊本間には下記のSA(上下線とも)に電気自動車(EV)用の急速充電器が設置されています(鹿児島側から)。

宮崎自動車道
・山之口SA
・霧島SA

九州自動車道
・えびのPA
・山江SA
・宮原SA



この区間は宮原SAまでは山間部を縫うように高速道路が走っており、比較的短い間隔で急速充電器が設置されています(特に霧島SA~えびのPA~山江SAは25kmほどしか離れていません)。

充電方針は「初めて走る場所は慎重に」なのですが、200kmの道中5回も充電してられません。
山之口SAまでは近いので(前回の宮崎~鹿児島ドライブで使いましたし)スルーして、霧島SA、えびのPA、山江SAのどれかで充電(いつものように空いてたら充電)するつもりで出発。
「充電1回でも行けると思うけど、まぁ、2回してもいいや」という感じでした。



それでは宮崎市→熊本市走行記録をご紹介します。



<<宮崎⇒熊本>>


宮崎市

青島神社
青島神社から熊本へ向けて出発です。


出発時電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 80%
航続可能距離表示 218km



↓(走行距離 76.2km)



霧島SA(上り)

宮崎自動車道 霧島SA(上り)で急速充電中の日産リーフ
スタートから76.2km。
えびのPA(約25km先)は行けるけど、山江SA(約50km先)は残り10%切るぐらいになりそうかな、という感じの減り具合。空いていたので充電しました。


到着時電池目盛り 4/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量  32%
航続可能距離表示 61km


↓急速充電22分


充電後電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 86%
航続可能距離表示 174km



↓(走行距離 49.0km)



山江SA(上り)

九州自動車道 山江SA(上り)で急速充電中の日産リーフ
スタートから125.2km
熊本市内の目的地まで約85kmだったので充電しなくてもよさそうでしたが、「初めて走る場所は慎重に」ということで、空いていたのでちょい足し。


到着時電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量  62%
航続可能距離表示 156km


↓急速充電8分


充電後電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 85%
航続可能距離表示 213km




この後すぐに渋滞にはまり(肥後トンネル内の事故が原因でした)
2時間まったく車列が動きませんでした......
メーターにご注目ください。



肥後トンネル前 渋滞にはまる(Before)
15:24
トリップメーター134.1
電池残量78%




肥後トンネル前で渋滞にハマる(After)
17:27
トリップメーター134.1
電池残量78%



2時間経っているのにトリップメーター、0.1kmも動いていません。
救急車などの緊急車両に道を明けるために数メートル動いただけでした。
「時だけが過ぎていく」って、こういうことを言うんでしょうね......orz

ちなみに高速道路を走っているときはエアコン(冷房)ONでしたが、止まっている間はエアコンOFFにして窓を開けていたところ、ご覧のように電池残量に変化なしでした。

皆さまくれぐれも安全運転でドライブをお楽しみくださいね。



↓(走行距離 40.7km)


宮原SA

九州自動車道 宮原SA(上り) EV急速充電器
スタートから165.9km
もう熊本市内に着いていてもいい時間なのに(><)
トイレだけ行って熊本市内を目指します。



到着時電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 66%
航続可能距離表示 172km



↓(走行距離 44.1km)



熊本市

御船(みふね)ICで高速道路を降り、熊本市中心部へと向かい、熊本城近くの熊本日産 熊本支店で最後の計測。スタートから210kmでした。

到着時電池目盛り 6/12
□□□□□□■■■■■■
電池残量 48%
航続可能距離表示 123km
宮崎→熊本間電費:7.7km/kWh



200kmほどの距離の中で高速道路SA/PAだけでも5カ所の急速充電器があるので、安心して走れました。
今回は初めてのルートだったので念のため2回充電しましたが、こんど走るとしたら霧島SAかえびのPAで充電1回でいくでしょう。
が、無理に引っ張ることもないので休憩がてら2回充電するかもしれません。個人的にはそれぐらいの気持ちでいた方が電気自動車でのドライブを楽しめると思います。


宮崎→熊本走行記録以上です。
電気自動車『日産リーフ」での九州ドライブ、ぜひお楽しみください。



熊本市 下通り
熊本市 下通り(しもとおり)
熊本市の繁華街です。

昨年の秋よりも、人通りが増え、活気が戻ってきた感じがしました。
まだまだ地震の影響は各所に残りますし、本当に元に戻るには長い時間がかかりますが、熊本がんばりましょう。








~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2015年モデルの日産リーフ(30kWh駆動用バッテリー搭載車 2016年3月登録)。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

タイヤはノーマルタイヤ。

乗車人数は常時一人。
エアコン(冷房)は高速道路区間はほぼすべてON(渋滞で止まっていた2時間はOFFにして窓を開けていました)、一般道を走る際はエアコンは使わず窓を開けて走っていました。
走り方は流れに合わせています。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2「使いホーダイプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額2,000円(税別)が必要です。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報はすべて2017年5月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook