follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

越前がにを求めて。「日産リーフ(40kWh)」で名古屋~福井を走ってみた。

2017.12.05(火)

道の駅越前

日産自動車の浅井です。

一緒にリーフの仕事をしているなっちゃんという女性がいるんですが、彼女がたいそうなエビカニ好きなんです。なんでもどこかの自治体にふるさと納税すると、その返礼品がカニなんだとか。「今日カニが届くんです~」という話をしていたのが確か11月に入った頃。

ドライブレポートどこがいいかなと考えていた私はピンと来ました。「カニだ!」と。越前ガニが解禁が近いということで、カニを求めて新型「日産リーフ」は福井県へ向かうことになりました(私は留守番ですが......)。






日産EVブログをお読みいただいている皆さまこんにちは。
どちらかというとカニより肉なレポート担当Hでございます。
先日(所ジョージさんのように)メガネをおでこに上げた写真を故郷の母に送ったところ、「なんでおでこに"肉"って書いてるの?」と言われました。


さて、今回は名古屋~福井(+浜松)走行レポートお届けします!
「日産リーフ(40kWh)」で浜松→横浜を走ってみた。でご案内したように名古屋で宿が取れなかったのでその日のゴールは浜松なんですが、名古屋を出て福井に行って浜松に帰るというドライブをする方はなかなかいらっしゃらないと思うので、名古屋から福井にカニを食べに行った日帰りドライブとしてご覧ください。

まずは
ルートと充電スポットの確認


名古屋市中心部をスタート。名古屋高速~名神~北陸道を走り敦賀ICで高速を降り、そこからは一般道を利用しました。
名古屋~福井はおよそ150㎞。
復路も尾張一宮PAまではほぼ同じルートを逆に走っています。


途中で充電できそうなスポットは
名神道 養老SA(上下)
北陸道 賤ヶ岳SA(上下)
の他、敦賀ICを降りた周辺と目的地である道の駅越前。
名古屋~福井往復300㎞の間に6カ所以上充電できるスポットがある計算です。




という情報を踏まえて

事前の思惑は

「どこかで1回充電できればOK。目的地の道の駅越前まで150㎞だから、そのまま行って、充電器が空いてたらそこで、うまってたら、帰りのSA(賤ヶ岳か養老)で充電しよう」
というものでした。





それでは
結果は?

名古屋から出発
中継の準備をしてから名古屋を出発。


名古屋出発時 日産リーフメーター
名古屋出発時
電池残量 98%
航続可能距離表示 315㎞


このレポートでは全行程3名乗車です。



(↓走行距離149.4㎞)



道の駅越前到着時 日産リーフ メーター
道の駅越前到着時
電池残量 33%
航続可能距離表示 106㎞

道の駅越前にもEV急速充電器がありますが、日本充電サービス(NCS)対応ではなく、道の駅フロントに鍵を借りて使うタイプ(遅いタイプ)。60分使えるということで、カニをいただいている間約50分充電しました。ちなみに充電代無料です。

道の駅越前出発時(充電後)  日産リーフ メーター
道の駅越前充電後
電池残量 84%
航続可能距離表示 266㎞

念のために書いておくと......充電約50分といいながら、充電前後で70分近く時間が空いているのは、充電器がある場所と鍵を借りる場所が離れているためです。
駐車(メーター撮影)→鍵を借りに徒歩移動→充電→充電終了後鍵を返し徒歩移動→充電後(メーター撮影)




かに汁、かにの炊き込みごはん@道の駅越前
かに汁、かにの炊き込みごはん等かにを堪能しました!


越前かに太郎
大勢の方がかにを求めて訪れていました。
越前かに太郎がんばってました。

ちなみに......奥さまが福井ご出身の同僚に教えてもらった有名店は、電話をしたら「年内は予約でいっぱい」とのことで断念。多くの方がこの季節を楽しみにしているんですね。



(↓走行距離135.2㎞)



尾張一宮PA(上り)で充電中の日産リーフ
尾張一宮PA(上り)で充電中の日産リーフ

名古屋に宿が取れていれば、尾張一宮PA(上り)には寄らずに名古屋高速に入り、名古屋駅近くか栄あたりでゴールなのですが、前述の通り浜松まで行くので、その分を計算して15分充電。

ちなみにここから名古屋中心部までは約15㎞ほどなので、充分走行可能でした。



尾張一宮PA(上り)到着時 日産リーフメーター
尾張一宮PA(上り)到着時
電池残量 23%
航続可能距離表示 72㎞
ここまでの平均電費 6.9㎞/kWh


まとめ

尾張一宮PAから浜松に向かったため、みなしではありますが、
名古屋~福井県越前 往復、途中充電1回でした。
しかもその1回は食事がてらなので、充電の手間は全然気になりませんね。

充電にかかる費用は、
月額2,000円(税別)の日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2「使いホーダイプラン」※ご加入の場合、日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。


今回福井へは日帰りで、お昼にかにでしたが、充電できるお宿も複数あるので、せっかく行くなら泊りで満喫したいものです。


名古屋から福井に越前ガニを食べに行くドライブレポートは以上です。
が、その後浜松まで走っているので、記事はもう少し続きます。




浜松まで約120㎞のルートはこちら。





浜松までも含めた
記録詳細

場所
電池残量
航続可能距離表示
の順です。
(各場所名をクリックするとメーター画像をご覧になれます)



名古屋
98%
315㎞

道の駅越前(スタートからの距離 106㎞ 以下同)★50分充電
充電後のメーター
33%→84%
106㎞→266lm

賤ヶ岳SA(208.2㎞)
58%
165㎞

尾張一宮PA(284.6㎞)★15分充電
充電後のメーター
23%→55%
72㎞→166㎞

浜松(406.8㎞)
4%
14㎞
名古屋→福井→浜松 平均電費 7.0㎞/kWh

計算がぴったり過ぎて到着時に4%に。



上記約400㎞の走行の模様はニコニコ生放送、Facebookで中継しました。
その模様を1分ほどにギュッとまとめましたので、ぜひご覧ください。

                            



美味しいものを求めての電気自動車でのドライブ、お楽しみください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2017年モデルの日産リーフ(40kWh駆動用バッテリー搭載車)。
Gグレードです。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は常時3人。
男3人乗車だったので日中暖房をつけると暑く、エアコンは換気用に送風を使用。陽が暮れてからは一部暖房も使用するほか、ステアリングヒーター、シートヒーターを使っていました。
走り方は流れに合わせています。

プロパイロットは高速道路や自動車専用道路でご使用ください。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2「使いホーダイプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額2,000円(税別)が必要です。


なお、本記事中に電池残量等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報は2017年11月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook