follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産リーフオーナーボイス:東京都西東京市在住 白石姿子さん/愛貴さん

2018.08.07(火)

白石さん親子

「ドライブが好きな子は、絶対リーフを気に入るよ」

白石姿子(しらいし しなこ)さん、愛貴(あき)さん
東京都西東京市在住

[納車] 2017年11月
[グレード] G(40kWh)
[ボディカラー] オーロラフレアブルーパール
[使い方] 日常の足、ドライブ





高速を運転する時もスーッと走ってくれる

「私のクルマ好きの友人たちは皆一様にリーフに興味があって、『リーフってぶっちゃけどう?』って聞いてきますよ。高速を運転する時もスーッと走ってくれるし、私自身が『ドライブが好きな子は絶対リーフを気に入るよね』って思っているので、『めっちゃ良いよ!絶対に好きだと思うよ!』っておすすめしています」


こう笑顔で語るのは白石愛貴さん。お母様の姿子さんとお二人で運転するクルマとしてこれまでご利用されてきた24kWhのリーフから、駆動用バッテリー容量が40kWhへと大幅に拡大した新型リーフに乗り換えられた。


「乗り換えを検討したタイミングで航続距離が(JC08モード)400kmになったのは大きいですね。当時、娘が住んでいた八王子の学生寮まで私がリーフで行く機会が多かったんです。前のリーフは、八王子の街をドライブするとギリギリ往復できるか、途中で1回充電が必要で不便に感じることもあったので、走れる距離がのびたのは大きかったです」


もう1つ大きな理由は、愛貴さんのための安心機能が新搭載されたことだったという。


「実は、駐車する時に私が前のリーフのサイドミラーを折ってしまって...。そうしたら父が『いい機会だから乗り換えてもいいんじゃない?』って言ってくれたんです」

「それで日産さんに行ったら『新型リーフは自動でパーキングができますよ』って教えてくれたのが、新型に乗り換えた決め手のひとつ」
「父も『これでもう折れないよ』って(笑)」


3ステップの操作だけで駐車完了するまでドライバーをアシストするプロパイロット パーキング*が、実際に愛貴さんの役に立っているようだ。


「本当にキレイに真ん中に止めてくれるから、駐車が苦手でも安心してクルマに乗れます ね。混んだ駐車場で使うたびに『ありがたいなあ』って思っています」

*グレード別設定(Gは標準装備)



リーフの魅力を語る白石さん親子




リーフはストレスフリーなクルマ

「私はリーフしか運転したことがないので、友達のクルマに乗せてもらった時に逆にリーフの良さを実感します。やっぱりリーフってすごく静かだし、細かい振動も全くなくて、ストレスフリーなクルマだなって思いますね」

「ガソリン車って細かい振動があるから、『あれ?腰がかゆいな』って思うんです」と笑う愛貴さん。電気モーター駆動に加え、新型リーフは新搭載のインテリジェント ライドコントロールが車体振動を低減している。


一方、姿子さんは発進から加減速、停止まで、アクセルペダルの操作だけで速度調節できる新機能のe-Pedal*をご愛用されている。


「e-Pedalは本当に楽ですね。初めは足を離すタイミングに慣れなかったんですけど、だんだん上手になってきました。都内とか街乗りだとアクセルを踏んだり、ブレーキを踏んだりって頻繁にするじゃないですか。渋滞の時とか、ワンペダルで良いから足がとっても楽です。しかも、いざとなったらブレーキを踏めば良いっていう安心感ももちろんあるのが良いですね」

*全グレード標準装備

新型リーフと白石さん親子



試乗でリーフの静粛性と加速に驚いた

「リーフの前はミニバンに乗っていたんです。だけど、娘が運転免許を取ったので、教習車に似たセダンタイプの方が運転しやすいんじゃないかなと思って、乗り換えを検討したんです」

「それでリーフに試乗したら、すごく静かでびっくりしちゃった(笑)。ハイブリッド車に乗っている友人も多いんですけど、一度リーフに乗ると『ハイブリッドも音がするね』って思うくらい、電気自動車って本当に違うんだって実感しましたね」


電気自動車ならではのパワートレインによる静粛性能を最も評価する姿子さん。愛貴さんは、アクセルを踏み込んだ瞬間、一気に加速するリーフの俊敏なレスポンスが決め手だったという。


「私は心配性で、その頃は充電スポットも少なかったので『100%電気自動車じゃなくて、ハイブリッドでもいいんじゃない?』って言ったんです。でも、自分で運転してみたら加速がすごく良かったし、乗り心地も良いから、私も『リーフで』ってなりました(笑)」

「加速は良かったね。家族で試乗したんですが、アクセルを踏んだ瞬間に本当にスッと発進したから、全員で『えっ!』って驚いたの(笑)」



走る新型リーフ



排気ガスが出ない100%電気自動車を選択

「リーフは排気ガスが出ないところも気に入っています。私、小さい頃に喘息があったんですが、九州から東京に引っ越してきたら近くにある国道の排気ガスで喘息がぶり返してしまったんです。それもあって、ハイブリッドじゃなくて100%電気自動車のリーフを選んだんです」


走行中にCO2などの排出ガスを一切出さず、環境に与える負荷が少ない100%電気自動車のリーフを評価する姿子さん。


愛貴さんは今後、新型リーフでロングドライブに出てみたいという。


「私、運転がすごく好きなので、行ったことがない東北の方にクルマで行きたいなと思っているんです。以前は充電スポットも少なかったですし、ちょっと無理かなって思っていたんですけど、充電スポットも増えたし、リーフの航続距離もすごく伸びたので行ってみたいですね」

「使いホーダイプラン*で、日本全国を周っている方もいますよね。2,000円でどこでも充電できるから」という姿子さんの言葉は、

「2,000円で行けるの?行きたい!」と、愛貴さんを大きく後押ししたようだ。

*「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)」は、EVカーライフのための安心・便利をパッケージにしたオーナー専用の会員制サービス。「使いホーダイプラン」(月会費2,000円(税別))は全国約5,700基以上(2018年5月末現在)の急速充電器が使い放題に加え、クルマと情報がつながるITサポート、24時間365日対応のエマージェンシーサポートなど、充実したサービスが受けられる。

リーフの充電をする白石さん親子

facebook