follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

the new action TOUR@さいたま レポート

2010.09.30(木)

日産自動車の塚原です。

先日よりスタートした、モビリティ社会全体の変革について考えていくイベント「the new action TOUR」の第二弾が、2010年8月21日、22日に、埼玉スタジアム2002で開催されました。

日産リーフ@埼玉スタジアム2002

日産リーフの試乗はもちろん、電気自動車(EV)社会を学び、電気自動車(EV)普及によるより良い街づくりについて語り合うワークショップに、多くの方にご参加いただきました。


参加いただいた皆さま、そしてご応募いただいた皆さま、どうもありがとうございました!
さいたま市のthe new action TOURも大盛況のうちに終了しました。





■日産リーフ体験試乗会

今回の日産リーフの試乗会は、ガソリン車と電気自動車の走りの違いをより実感していただくため、2台のクルマを運転していただきました。


the new action TOUR 日産リーフ試乗は、ガソリン車とEVの違いをより実感していただくため、最初にガソリン車(TIIDA LATIO 写真左)にお乗りいただき、次にリーフをご試乗いただきます。 #evtna

まず、ティーダ ラティオでガソリン車の走りを体験したあと、

日産リーフ

リーフを運転します。すると、その差は歴然!

ティーダ ラティオも十分に静粛性に富んだ車なのですが、やはり、リーフは段違い。試乗された方の多くが一様に「静か」、「音がしない」、「初めての体験」と、感動されていました。

さいたま市の清水勇人市長も、リーフに試乗し、その乗り心地を確認。

日産リーフに試乗する清水勇人さいたま市長


さいたま市での試乗会は、二日間、合計約148名の方々に日産リーフを体験していただきました。
その感想をブログやTwitterにレポートしていただいた方も(ありがとうございます)!

拝見した記事やつぶやきは、随時日産リーフブログ「日産リーフ 試乗レポートを集めてみました。」やtogetter「日産リーフ試乗感想まとめ」で紹介しております。
まだ掲載していないブログ記事、つぶやきなどありましたら、
ぜひtwitterの@nissanevまでお声をおかけください。

日産リーフに乗って味わった感動の記録、どんどん増えていってます!






■「電気自動車(EV)普及による街づくりアイデア市民ワークショップ」

一日目、試乗会の後に行われた市民ワークショップでは、電気自動車(EV)普及について、なにをすればよいのかを、約100名の参加者たちがお互いに語り合いました。


リーフを試乗し、ワークショップの模様を熱心に見学されていた清水市長もスピーチ。

環境先進都市さいたま市の挑戦

現在さいたま市は、電気自動車を普及するためのプロジェクト「E-KIZUNAプロジェクト」を推進し、インフラ整備などを積極的に進めていっています。the new action TOUR第一弾の場であり、EV普及を強く推し進めている神奈川県に「さいたま市も追いつき、追い越したい」と決意を述べられると参加者も大盛り上がり。


the new action TOUR@さいたま市 ワークショップ

the new action TOUR@さいたま市 ワークショップ

「200Vを家庭で普及させるには」、「お年寄りの生活がよりよくなるためのEV活用」、「若者のクルマをどうするか」、などのテーマのほかにも、「さいたま市ならではのEV普及策」などについても、盛んに話し合われていました。


市民ワークショップでは、第一弾の神奈川県と同じくワールドカフェという方式で電気自動車について、参加者同士で意見を交し合ったあと、自分たちの興味の持つ分野にわかれ、それぞれ議論をアクションプランにまとめます。


たとえば、こちらのグループは、

EV=音がしない ⇒街中でレースもできる!という発想から

EVだけが入ることができる、EV特区を作り、さいたまの観光・レジャーとして盛り上げてはどうか、というアクションプランを作成しました。

the new action TOUR@さいたま市 groupK


こちらのグループは、さいたまにEVを根付かせるために、なにをどうすればいいのか、という議題から、さまざまなサービスを提案。

the new action TOUR@さいたま市 groupE

そのほか、それぞれのグループが、それぞれに電気自動車(EV)のある暮らしについて、議論をめぐらせました。


「電気自動車(EV)のある未来が現実に近づいてきた」
「集合住宅などでも、電気自動車が充電できるようになったら、もっと速く電気自動車は普及するはず」

など、さまざまな感想もいただき、市民ワークショップは終了。

ワークショップでいただいたアクションプランは実現に向け、日産自動車が地方自治体などと話し合いを進めながら前向きに検討していきたいと思います。

このthe new action TOUR@さいたまの模様は、 電気自動車(EV)総合サイトにも掲載しています。併せてご覧ください。

ダイジェスト動画もどうぞ。


facebook