follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

CEATECで展示 未来のゼロ・エミッション社会

2010.10.21(木)

日産自動車の塚原です。

10月5日~9日までの5日間、千葉県の幕張メッセにて最先端のIT・エレクトロニクス見本市、CEATEC JAPAN 2010が開催されました。

日産自動車はこのCEATECに2006年より、日産自動車の開発した最先端の技術を出展・発表しています。
今年のCEATECでは、日産リーフやEVのカーライフを快適に送るためのIT技術、そして未来のEV社会へ向けての展示を行いました。

ソーラーの木とエポロ

昨年のCEATECでお披露目されたロボットカー、エポロの横にあるのは、発電した電力エネルギーを蓄えるバッテリーを備える「ソーラーの木」。新しいゼロ・エミッションエネルギー社会の象徴です。円盤型の葉をつけたソーラーの木はソーラーパネルと蓄電池で構成され、太陽エネルギーをたくわえ、モビリティに供給することができます。


ソーラーの木は太陽の向きにあわせて葉の向きをかえ、太陽光を十分に受け止めることができます。また、空気をきれいにする清浄機能や送風機能、光を透過し明るさを保つ機能などもあります。


ソーラーの木

充電中のエポロ
ソーラーの木の下で、充電中のエポロ


"ぶつからないクルマ"の実現に向けた技術開発の一環として開発されたものです。魚群のルールで周囲との距離をセンサーで感知し、自動的に間隔を取りながら走行します。

エポロ×3


非接触充電レーンを走行するエポロ。走りながら充電を行います。充電中のエポロは首のリングが青く光ります。

エポロ


エポロたち、ソーラーの木が活躍する未来の世界、どんどん近づいています。


もちろん、CEATECでもリーフは大好評。
日産リーフや充電システム、ITシステムのプレゼンも盛況で、充電するリーフの写真を撮る方も続出。日産リーフ、そしてゼロ・エミッション社会への期待を感じました。

CEATEC JAPAN 2010 日産ブース

未来はこうなる

日産リーフ

そして、日産自動車は株式会社バンダイナムコゲームスと共同で、スマートグリッドが導入された近未来の横浜市を疑似体験できるドライビングシミュレーターを共同で開発しました。日産ブースに隣接するCAETEC特別展示エリアにて、スマートグリッド関連企業の皆さまの協賛も得て特別出展されたこのシミュレーターでは、近未来の横浜市を超高精細な3D映像で表現。大変な人気でした。

このドライビングシミュレーターに使用した未来のEVシティ、そしてコンセプトについては、こちらの動画でご覧いただけます。


日産自動車は、まもなく登場するものから、そう遠くない未来に実現するものまで、さまざまな先端技術を展示しました。

皆さまが実際にご利用になれるその日のために、日産自動車はさらにたゆまぬ努力を続けてまいります。


CEATECでも紹介した、日産リーフのITシステムについては、電気自動車(EV)情報サイトのITサポートページもご覧ください。

facebook