follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産リーフ 試作車を公開、低速時走行音も

2010.06.15(火)

日産自動車の塚原です。

先日、いよいよ日産リーフの試作車が完成し、マスコミの方々をお招きし、試乗会を行いました。たくさんのニュースやWEBサイト等で紹介していただいております。


また同時に、日産自動車は歩行者が電動走行する電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の接近を認識しやすくする車両接近通報装置を開発し、リーフに搭載することを発表しました。


車両接近通報装置の機能は次のとおりです。

  • ・「日産リーフ」は、走行中、車速に応じて音の高さを変えるスイープ音を搭載し、車の加速、減速などの走行状態を表現する。車両発進時は、音の変化も大きくなり、歩行者がEVやHEVの発進に気づきにくい点を解決する。
  • ・時速30kmまでの発進加速時は車両音を発する。
  • ・時速30km以上の車両走行音が高まる速度域では音を停止する。
  • ・減速時に、時速25km以下となり車両走行音が低くなると音が出始める。
  • ・車両後退時は、断続的な音で、車両が後退していることを報知する。


試作車の公開時に、この。車両接近通報装置の音を収録してきました。


まず、前進音です。

ヒューヒューという音で、歩行者にリーフの存在を知らせます。


続いて、バックのときの後退音です。


どちらの走行音も、必要に応じて停止させることができるようになっています。
また、室内にはこの音は聞こえにくいようにも設計されています。

試作車両が公開されたということは、全国の皆さまにリーフを試乗いただける日が刻々と近づいてきたことも意味しております。夏に開催される試乗ツアーをお楽しみにお待ちください。

facebook