follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産リーフに身長180cm男性が乗ってみた

2010.10.25(月)

日産自動車の塚原です。

日産リーフを初めてご覧いただいた方に、日産リーフの感想を聞くと、


「思っていたよりもコンパクトだった」
「想像していた以上に大きかった」


などなど、スケールについて「予想と違っていた」というお答えをいただくことがあります。

静粛性に富んでいることや、優れた加速性能などは、ニュースやブログ、twitterなどを通じてご存知であっても、日産リーフの「大きさ」というものは、実際に車体を目にしないとイメージがつかみにくいものなのかもしれません。

ということは、日産リーフの室内空間についても、多くの方がそれぞれの異なるイメージをお持ちだということ.....。


日産リーフの室内空間、大きさをわかりやすくイメージできるようにしないと!ということで、モノサシを用意してみました。
身長180センチの男性を。

まずは、運転席に座ってもらい、ドライビングポジションを取ってもらいました。

身長180センチ男性が日産リーフの運転席に座った図

特に体勢に無理が生じることはありません。頭上にも余裕があります。

次に、運転席のシートはそのまま(つまり身長180センチ男性がドライビングポジションをとった位置)に、モデル男性に後部座席に移動してもらいました。


身長180センチ男性が日産リーフの後部座席に座った図


身長180センチ男性が日産リーフの後部座席に座った図

リヤシートで体を無理に曲げることもなく、座っていますね。

いかがですか?
身長180センチの方が運転をしていても、後部座席に180センチの方が座れる、ということですね。
日産リーフの車内空間について、イメージしやすくなりましたでしょうか?

日産リーフの360°ビューで日産リーフをご覧いただくと、さらにイメージがしやすくなります。


日本全国、電気自動車の充電環境も徐々に整ってまいりました。楽しく快適なドライブを、日産リーフでお楽しみいただるよう、関係者一同最後のスパートをかけています。日産リーフのデビューを、楽しみにお待ちください。

facebook