follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

LEAF to Home 日産リーフのバッテリーによる電力供給システム

2011.08.02(火)

日産自動車の佐藤です。

本日、日産自動車は、日産リーフに搭載している駆動用のリチウムイオンバッテリーから一般住宅へ電力供給するシステム「LEAF to Home」を公開しました。


電力制御装置 (PCS: Power Control System)
左が電力制御装置 (PCS: Power Control System)


以前ご紹介した日産グローバル本社での蓄電池としての活用電気自動車用電池の再利用ビジネスは、電気自動車用として使った後の再利用、定置型蓄電池としての活用でしたが、今回のシステムは、日産リーフをそのまま使えるものです。


EV担当執行役員である渡部英朗いわく
「クルマを走行中だけではなく、止まっている状態でも価値のあるものにする、価値を高める」取り組みです。






今回のシステムは、一般住宅の分電盤に直接接続し、コネクターを日産リーフの急速充電ポートへ繋ぐことで、日産リーフに搭載している駆動用の大容量リチウムイオンバッテリーに蓄えた電気を住宅へ供給することを可能とします。

また、コネクターはグローバルに使用実績があり、汎用性や安全性、信頼性の高いCHAdeMO協議会の急速充電器プロトコルに対応しています。




日産リーフのバッテリーによる電力供給システム デモの様子を動画で



このシステムは、下記のような利用を想定しています。

(1)スマートな電力利用
夜間に貯めた電気を日中供給することで、電力使用のピークカット・ ピークシフトに貢献

(2)バックアップ電源として活用可能
バッテリーに貯められた電気は、非常時のバックアップ電源として活用

(3)太陽光発電との連携
日"太陽光発電"と"EVの蓄電および電力供給機能"を活用することで、 家庭での系統電力消費の節約に貢献





上記のようなメリットを支える、本システムの特長は、こちら。

(1)大容量
日産リーフの電池容量は24kWh。

(2)高出力
最高出力6kW、これは照明やエアコン、テレビ、電子レンジなどを同時に使うのに充分な出力です。

(3)シンプルで簡単なワンストップ対応
日産リーフとパワーコントロールシステムをつなぐだけで、分電盤から家庭のすべての100V/200Vコンセントに電力供給。

(4)給電・充電双方向に対応
日産リーフから家庭へ電力供給するだけではなく、PCSによる日産リーフへの充電も可能。 
グローバルに実績のあるCHAdeMOプロトコルコネクター採用により、大容量の充給電が可能。

(5)いまお乗りのリーフにも対応
既にご利用いただいているリーフも、販売店でプログラム変更を行うだけでご利用可能。




こちらもあわせてご覧ください。"1分でわかるLEAF to Home"

引き続きご注目ください。



2012年4月20日追記
LEAF to Homeは2012年夏の発売を予定しています。


ニュースリリース
日産自動車、「日産リーフ」の駆動用バッテリーから一般住宅へ
電力供給するシステムを公開

facebook