follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産リーフ 雪道での走行性能インタビュー

2011.11.25(金)

日産自動車の佐藤です。

北海道や東北、日本海側にお住まいの方は、「電気自動車の日産リーフって、雪道ではどうなんだろう?」とお思いの方もたくさんいらっしゃると思います。

様々なオーナーさまのお声をご紹介してきた「日産リーフオーナーの声」でも、そんな声にお答えして、2011年1月末に納車され、ひと冬過ごされたオーナーさまにインタビューしてきました。

降雪地帯にお住まいの皆さま、ぜひご覧ください。






日産リーフ オーナーインタビュー 石川県金沢市 水野さま
インタビュー動画 雪道走行に関する部分を文字に起こしました。



「こちらって路面が雪に覆われることはないんですが、どうしても車線変更するときに轍(わだち)を越えないといけないということがあるんですね。

このリーフの場合は、車重があるせいか安定性が高いといいますか、轍越えがぜんぜん苦にならない。


雪道を走っていてやっぱりその発進するときとかに、ガソリン車ですとちょっと踏んだつもりでも、結構ドーンと回っちゃって空転するとか意外と気を使うんですが、リーフの場合はモーターの制御が細かいからですかね、自分の足で歩いているかのような発進といったらいいんですかね。すごく楽ですね



「妻の実家のほうがかなり山の上でして、(前のクルマの)ウイングロードだとちょっと上れないっていう坂っていうのもあったんですね。それは不安はあったんですが、まぁ、なんとかなるだろうという思いがあって。

(FF)のウイングロードだと本当に完全に空転しちゃって、もうどんだけゆっくり踏んでも全然進まない。リーフは結構スススーと上れたので、これは実際驚きでしたね
(奥様:本当、スタッドレスさえ履いていれば何の問題も金沢ではないですね)





100%電気自動車である日産リーフは、出力をきめ細かく制御することができるので、雪道でも空転せずに走ることができます。また、出力を抑えるECOモードは雪道で走りやすい特性となっています。


こちらは2011年2月に栃木~青森を走行した際の動画。
雪道でも問題なく走っている様子をご確認いただけます。
14:06からご覧ください。





日産リーフは日本だけではなく世界各国で販売いたします。
エンジンのような熱源がなくても氷点下となる寒冷地でも支障なく使えるように設計し、実際に氷点下となる寒冷地でも始動・走行テストを行い確認しています。

また、日産リーフはVDC(ビークルダイナミクスコントロール〔TCS機能含む〕)やABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備しております。

降雪地帯、寒冷地にお住まいの方もぜひ日産リーフをご検討ください。





関連記事
日産リーフ 雪上での走行性能

facebook