follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産自動車 電気自動車用「新型急速充電器」を2011年11月から販売

2011.09.13(火)

日産自動車の佐藤です。

日産は電気自動車普及拡大のための取り組みの一環として、独自に開発した新型の急速充電器を発表・公開しました。
2011年11月より全国の日産部品販売会社にて販売を開始します。

日産製「新型急速充電器」のデモをする日産リーフのチーフビークルエンジニア門田英稔
日産製「新型急速充電器」のデモをするチーフビークルエンジニア門田英稔






Twitterでは都度ご案内しておりますが、日産は電気自動車をつくるだけではなく、電気自動車が安心して走ることができる環境・社会づくりにも取り組んでおります。

例えば、2011年9月1日現在、日本国内で一般開放または登録会員向けの急速充電器は619基。そのうち約32%にあたる196基は日産グループの設置です。

また、日産は急速充電器を独自に開発。これまで117台を販売しております。





日産製「新型急速充電器」
日産製「新型急速充電器」
サイズは高1,840x幅380x奥行 665(すべて単位mm)
CHAdeMOプロトコルに準拠し、日産および他社の電気自動車に対応


今回発表した「新型急速充電器」は、これまでの日産製急速充電器と同スペックの高性能を有しながら、本体を容積比で約半分のサイズに小型化し、より小さなスペースにも設置することが可能となっています。

また、標準仕様は100万円を大きく下回る大変競争力の高い価格設定とし、廉価版となるベース仕様については現行型の半額以下とする予定です。


「新型急速充電器」は、各地方自治体、集客施設等への導入や全国の日産販売店への設置を促進していきます。また、販売を共同で進めていくパートナー企業も積極的に募集し、2015年度末までに5,000基の販売を目指しています。
ちなみに、「2015年度末に5,000基」という販売計画は、政府の「2020年までに5,000基整備」という目標を上回るものです。

この新型急速充電器は、米国、欧州での発売も予定しており、現在準備を進めています。



日産製「新型急速充電器」コードを取り回す際に手が汚れないようにケーブルグリップを新たにつけています。
こんな工夫も。
コードを取り回す際に手が汚れないようにケーブルグリップを新設




ニュースリリース
日産自動車、電気自動車用「新型急速充電器」を開発



2011年11月30日追記
ニュースリリース
日産自動車、電気自動車用「新型急速充電器」を発売
2011年度中に急速充電器設置店舗を2倍に拡充

標準仕様 希望小売価格798,500円~

facebook