follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

CEATEC 日産は"LEAF to Home"(V2H)を活用した「エネルギー自立型コミュニティ」を提案

2011.10.05(水)

日産自動車の佐藤です。

日産自動車は、今年も最先端IT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2011」に出展しています。今回のCEATECでは、特別展示「スマートコミュニティ・イノベーション 2011」内の「スマートコミュニティ"ZERO"」において、"LEAF to Home"(V2H)を活用した「エネルギー自立型コミュニティ」を提案しています。

テレビで紹介され、ご覧になった方も多いと思うのがこちら。

CEATEC JAPAN 2011に展示された未来型スマートハウス "NSH-2012"
未来型スマートハウス "NSH-2012"
巨大な展示物。かなり離れないと全景が入りませんでした(^^;
宇宙っぽい造形。

未来型スマートハウス "NSH-2012"とPower Control System(下左)と日産リーフ
この未来型スマートハウス「NSH-2012」は太陽光発電と燃料電池のダブル発電に"LEAF to Home"(V2H)を組み合わせた電力供給システムにより、天候に左右されない安定した自家発電を維持できるほか、災害などで燃料が途絶した場合でも、太陽光発電とEV(蓄電池)で対処できます。




「このハウスはコンセプトモデルではなく、すべて本物が使われています。2012年には技術としてはすべて構築できる、完成できるものです。つまり、このスマートハウスは今ここにある未来ということです」
スマートハウス「NSH-2012」について
IT&ITS開発部エキスパートリーダー二見徹が解説
ぜひご覧ください。






「スマートコミュニティ"ZERO"」ブースには他にも、
太陽光パネルとフォーアールエナジーの定置型蓄電池を活用したトレーラーハウス型商業施設や、日産リーフの電池を活用したSmart Yatai、先日公道での実証実験が発表されたNISSAN New Mobility CONCEPTも展示されています。

太陽光発電、蓄電池を取り入れたトレーラーハウス型商業施設
トレーラーハウス型商業施設

フォーアールエナジー製蓄電池
建物の裏にはフォーアールエナジー製の蓄電池
太陽光パネルで発電した電気を貯めて、使うんですね。



Smart Yahai
Smart Yatai

どの辺りがSmart?

Smart Yataiの台座部分
実は床下に秘密が。
屋台の電源は日産リーフに使われているものと同じ電池が格納されています。
Smart Yataiになればブーンという屋台の発電機の音もなくなる?



NISSAN New Mobility CONCEPT
NISSAN New Mobility CONCEPT フロント

NISSAN New Mobility CONCEPT
NISSAN New Mobility CONCEPT リヤ
新しいタイプのクルマだけにこちらも注目度高し。





また、「スマートコミュニティ"ZERO"」ブースは日産だけではなく三菱自動車さんやJX日鉱日石エネルギー(ENEOS)さん、NTドコモさんなどの展示も。

三菱自動車さんの展示 iMiEVから「太鼓の達人」への電源供給デモ
三菱自動車さんはiMiEVから「太鼓の達人」への電力供給デモ

NTTドコモさんと日本コカ・コーラさんの災害対策向け自販機
NTTドコモさんと日本コカ・コーラさんは災害対応自動販売機


JX日鉱日石エネルギー(ENEOS)さんの太陽光パネル
JX日鉱日石エネルギー(ENEOS)さんの太陽光パネル


すべては紹介しきれませんが、このブースだけでも発電から蓄電、その電気の活用、通信と盛りだくさん。
CEATEC JAPAN 2011は10/8(土)まで開催。
お近くの方、お時間のある方は、ぜひ足をお運びください。

facebook