follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

高速道でのEV充電設備 これからの計画は?

2012.08.31(金)

日産自動車の佐藤です。

日産リーフのオーナーさんにお話をうかがうと、そのなめらかな走りが大変ご好評いただいています。

「ガソリン車に比べると満タン(フル充電)から走れる距離は短いですけど、どこまでも走っていきたくなるんですよ」
「いままではそんなことなかったんですけど、リーフに乗り出してからどこかに出かけたくて」

などなど、「もっと運転していたい」というコメントをお聞きすることが少なくありません。いえ、多いです。



ドライブというとやはり高速道路も気になるわけで、東名、新東名には既に全SAにEV用急速充電器が設置され多くの電気自動車オーナーさまがご利用になっています。

「ほかは?」というご質問をよくいただきますので、高速道路上の充電設備設置についての最新の報道をご紹介しておきます。



駿河湾沼津SA(下り)で日産リーフを充電
駿河湾沼津SA(下り)の電気自動車用急速充電器






2012年7月29日 日本経済新聞 電子版から引用


高速道に急速充電施設 20年までに100カ所計画
道路各社、EV普及に弾み

高速道路各社は電気自動車(EV)に短時間で充電できる施設を整備する。2020年までに全国の高速道路の約100カ所に充電器を置く計画だ。電池切れを心配せずに長距離を移動できるようにする。高速道路で充電インフラの整備が進めば、次世代自動車として期待されるEVの普及に弾みがつきそうだ。





中日本高速道路は16年度末までに、首都圏と中部地方を結ぶ中央自動車道で58あるサービスエリア(SA)のうち31カ所以上に急速充電器を置く。首都圏と中部地方をEVで行き来できるようにする。

東日本高速道路と西日本高速道路は、数十カ所のSAやパーキングエリアに設置する。東日本は来年にも東京と新潟を結ぶ関越自動車道に数カ所設ける。
阪神高速道路は5年以内に数カ所以上を設置する。
首都高速道路や本州四国連絡高速道路も今後設置する方針だ。





いずれも楽しみですね。 個人的にはNEXCO東日本さんの「来年には関越自動車道に数箇所(EV急速充電器を設置)」というのが楽しみです。みなかみ町にも高速道路を降りずに行けるので。 続報や各高速道路会社さんから発表がありましたら都度TwitterFacebookでご紹介いたしますので、それぞれフォロー、いいね!をお願いいたします。

facebook