follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産ゼロ・エミッションファンド設立 リーフで削減されるCO2を活用

2012.06.13(水)

日産自動車の佐藤です。


日産リーフは、CO2を含む走行中の排出ガスがありません。
日産リーフが走行中に排出しなかったCO2を、国内クレジット制度を通じて資金化し、社会とオーナーの皆さまに還元する。そんな取り組みを日産は始めました。それが


日産ゼロ・エミッションファンド

ごくごくカンタンに仕組みを説明すると
(1)日産リーフの"排出されなかったCO2"を集約
(2)それを国内クレジット制度というCO2削減事業を通して資金化
(3)その資金を森林保全とEV充電インフラ整備というカタチで還元

というもの。


日産リーフ リヤ下部(マフラーがありません)
日産リーフのリヤ下部 排出するものがないので、マフラーもありません。



当記事では、「日産ゼロエミッションファンド」の
■資金化の仕組み
■資金の活用方法(社会とオーナーさまへの還元方法)
■参加方法

についてご説明します。






■資金化の仕組み
日産リーフは、同クラスのガソリン車に比べて、走行距離1万kmにつき約0.9t程度のCO2を削減(リーフはティーダ(2WD)がベース車として計算されます)。
日産リーフを購入した個人名義のオーナーの内、ナビゲーションシステムを活用した日産の情報通信サービスである、CARWINGS for EVに申し込まれたお客さまの"排出されなかったCO2"を国内クレジット制度(国内排出権削減量認証制度)を利用して資金化します。

国内クレジット制度(国内排出権削減量認証制度)、耳慣れない言葉ですね。
これは、経済産業省が管轄する、排出権をつくるための制度。


まず、京都議定書における日本のCO2削減目標(-6%)があり、
その達成のために大企業が入っている各業界団体に割り振られた計画/目標を「自主行動計画」といいます(大企業はCO2削減義務を負っていることになります)。
一方、自主行動計画に参加していない中小企業が省エネなどで実現したCO2削減量を「国内クレジット(排出権)」とすることが可能です。
(作られた排出権は、大企業=自主行動計画に参加企業のCO2削減目標等に使用することができます)

日産自動車は自主行動計画に参加している企業ですが、
今回の仕組みは、
リーフオーナーさまの排出権を集約しファンドとして運用するものなので、「日産ゼロエミッションファンド」は「自主行動計画に参加していない中小企業」という位置づけになります。

売却先は一般社団法人低炭素投資促進機構


日産ゼロエミッションファンドの仕組み
日産ゼロエミッションファンドの仕組み

「日産ゼロエミッションファンド」がオーナーの皆さまから排出権を集約し
「国内クレジット制度」を活用して
一般社団法人低炭素投資促進機構」に売却する

という仕組みになります。

なお、CO2削減量は対象のオーナーさまの走行距離に応じて算出されます。





難しいですが、CO2を資金化する仕組みの理解の一助にはなりましたでしょうか?






■資金の活用方法(社会とオーナーさまへの還元方法)
資金は先にご紹介したように大きくふたつの活動を通して社会とオーナーさまへ還元します。
まずひとつが、日本国内の環境資源の保全活動。
そしてもうひとつが、急速充電器の設置です。
これは、オーナー様へのアンケート結果をもとに選考されています。


1)日本国内の環境資源の保全
主要都市の水源になっている森林などの保全活動を天然資源の維持保全と更なるCO2削減につなげます。森林保全活動団体である一般社団法人more treesと協働で関東近郊に「リーフの森」を立ち上げます。

ちなみに、日本国内では植林よりも森林保全の方にニーズがあるとのことで、人工林の間伐など、森の手入れの活動が主となる予定です。

なお、2012年度の対象地域は、山梨県の丹波山村、小菅村、道志村の3村。
森林保全の対象地域は今後の売却益の動向をみて、順次拡大していく予定です。


詳しくはLEAF to FORESTページをご覧ください。





2)EV急速充電器の設置
更なる電気自動車の利用促進を図るため、急速充電器の設置をすすめていきます。

ちなみに、2012年6月4日時点での日本国内で一般公開、登録会員向けの急速充電器は1,100基(CHAdeMO協議会調べ)です。



日産製「新型急速充電器」と日産リーフ
日本国内1,100基の急速充電器のうち、約400基は日産のお店に設置されています。





■参加方法

>新規購入のお客さま

2012年6月11日(月)以降に日産ゼロ・エミッションサポートプログラムまたはCARWINGS for EVに申込みをいただきましたお客さまは自動的に日産ゼロ・エミッションファンドに入会となります。

【注意事項】
補助金申請書の「国内クレジットへの参加」記入欄に必ず「日産ゼロ・エミッションファンド」と記入ください。詳しくは販売店にお問い合わせください。


>既に日産リーフをお持ちのお客さま

お手数ですが、新たにお手続きが必要です。
2012年7月を目処に、日産ゼロエミッションファンドWebサイトで申込み方法をご案内いたします。

お申し込み受付の準備ができましたらTwitterfacebook、N-Link OWNERSのEメール等でご案内いたします。いましばらくお待ちください。




日産リーフに乗って未来を変えていく。
電気自動車だからこそできるこの取り組みにぜひご協力ください。






ニュースリリース
日産自動車、「日産ゼロ・エミッションファンド」を設立

facebook