follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

北米国際自動車ショーで「e-NV200」コンセプトを世界初公開

2012.01.13(金)

日産自動車の佐藤です。
2012年もよろしくお願いいたします。

2012年最初のニュースは、アメリカ デトロイトから。

2012年1月9日に開幕した北米国際自動車ショーで、日産は好評を頂いている多目的商用車「NV200」をベースにした100%電気自動車(EV)のコンセプトモデル
「e-NV200」コンセプトを世界初公開しました。

e-NV200 エクステリア
「e-NV200」コンセプト

ベース車である「NV200」は世界中で好評をいただいています。
これまでに、「インターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤー2010」、ドイツのユニバーサルデザイン協会が主催する「ユニバーサルデザイン賞2011」などを受賞しています。また中国では、「2010 CDVオブ・ザ・イヤー」を受賞。
またニューヨーク市の次世代タクシーに選定されています。






「e-NV200」コンセプトは、ビジネスユーザーやファミリー向けに、フレキシブルでゆったりとした室内空間を実現する一方、CO2排出量を大幅に削減した、近未来におけるEV量産モデルを提案しています。

e-NV200 リヤビュー
「e-NV200」コンセプトリヤビュー



担当執行役員の村上秀人(LCV事業本部担当)は、「e-NV200」コンセプトについて、次のように語っています。

「『e-NV200』は、コンパクトなボディながら、大きく多機能な室内空間と、圧倒的な静かさ、そして快適なドライビングを提供するモデルとなります。商用バンのセグメントを大きく変える可能性のあるクルマで、『日産リーフ』と同程度の航続距離を可能とする性能を有しながらも、最大積載量と荷室スペースは『NV200』と同程度を実現します。ビジネスユーザーを主なターゲットとしますが、個人やファミリーユースのお客さまも想定しています」

「また、『e-NV200』は、現行のガソリン車と比較し、とても優れたランニングコストも実現します。同車は小型商用バン市場の活性化にさまざまな形で貢献していくでしょう。都市部での生活の質を向上させるとともに、規模を問わずあらゆるユーザーにとって、とても合理的な投資となると思います」



e-NV200 エクステリア


ちなみに、ベース車である「NV200バネットワゴン」のボディサイズは
全長4,400mm × 全幅1,695mm × 全高1,850mm
(リーフは同4,445 × 1,770 × 1,545 )


e-NV200 インテリア
「e-NV200」コンセプト インテリア

e-NV200 インテリア
「e-NV200」コンセプト インテリア


e-NV200 ラゲッジルーム
「e-NV200」コンセプト ラゲッジルーム



「e-NV200」コンセプトをTwitterでご紹介したところ、大変多くの反響をいただきました。以前から「リーフの次は小型商用車」とご案内してまいりましたが、皆さまの期待の大きさをひしひしと感じることができました。
「e-NV200」コンセプトは、2014年までに量産を開始する予定です。

続報ありましたら、Twitterfacebookページ、当ブログ等でもご紹介していまいります。
ご期待ください。





ニュースリリース
日産「e-NV200」コンセプトを2012年北米国際自動車ショーで世界初公開

特別サイト
「e-NV200」WEBサイト
※メールマガジン登録受付中

facebook