follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産リーフ バッテリーの消費電力を抑える、上手な暖房の使い方

2012.02.05(日)

日産自動車の佐藤です。

北海道士別市で行われた日産リーフの雪上試乗会。
ここでは、雪上での日産リーフの走行性能をお試しいただいた他、寒地でのバッテリー性能、寒地での対策をご参加いただいたジャーナリストの皆さまにご案内いたしました。


日産リーフの開発主管 門田英稔 寒地でのバッテリー性能、寒地対策などについてコメント






今回は、門田が動画の中で話している
バッテリーの消費電力を抑える、上手な暖房の使い方
について詳しくご紹介します。



その1
「乗る前エアコン」

内燃機関で動くクルマは、エンジンが発する熱を暖房に利用します(廃熱利用)。
一方、電気自動車はそれほど熱を発しません。
そのため、バッテリーの電力を使い、PTCヒーター(電気温水器)で水を温めて暖房に使用します。つまり、無駄(廃熱)がないために、わざわざバッテリーの電力を使う必要があります。

エアコンを最も急激に使うシーン、それは乗り始め。
寒い冬の凍えるような車内を暖めようと、設定温度に向けて、PTCヒーターの出力アップ。

そんなシーンで使う電気を、バッテリーからではなく、コンセントからの電気を使う。
それが「乗る前エアコン」です。

「乗る前エアコン」によって、あらかじめ室内温度を調整することで、走行時のエアコンによるエネルギー消費を小さくすることができます。
(もちろん充電ケーブルをつないでいない場合は走行用の電池の電気を使いますが)

こちらも合わせてご覧ください。

「乗る前エアコン」でクルマに乗り込むときには、快適な室内温度に。多くのオーナーさまが喜んでご利用いただいています。



その2
クイックコンフォートシートヒーター
ステアリングヒーター




日産リーフは、メーカーオプションで寒冷地仕様をお選びいただけます。
寒冷地仕様には
・クイックコンフォートシートヒーター(運転席・助手席)
・ステアリングヒーター
・後席クッションヒーター

などの機能が追加されます。


日産リーフ寒冷地仕様
日産リーフ寒冷地仕様で追加される機能

クイックコンフォートシートヒーターは、腰、太ももなどを直接暖めることで、エアコンを使うのに比べるとごくわずかな電力で快適なドライブをお楽しみいただけるようになっています。

このシートヒーターやステアリングヒーター、その機能、快適さがすぐ伝わることもあり、現場でもとても好評でした。


クイックコンフォートシーター
クイックコンフォートシーター
暖める場所と時間をシーンにより最適化することで、快適な状態が続きます。


この、暖める部位、実は身体のツボ
暖かさを感じるツボを効率的に暖めることで、すばやく快適な状態になるんですね。
さらに、暖める場所と時間をシーンにより最適化することで、快適な状態が続くように工夫されています。




これらを上手に使うことで、航続距離も、快適性も向上します。
リーフオーナーの皆さま、これからリーフを運転される方、ぜひご活用ください。

※車両の情報は記事公開時点でのものです。
※クイックコンフォートシートヒーター(運転席・助手席)、ステアリングヒーター、後席クッションヒーターは2012年11月20日発売のモデルから標準装備になりました。

facebook