follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

仙台~山形 日産リーフで往復してみました。

24kWhバッテリー

2012.08.01(水)

日産自動車の佐藤です。

先日「とうほく自動車フェスタ」取材に行った際、仙台市~山形市を日産リーフで往復ドライブしてきたので(そしてさらに「お釜」に行きました)、その際のデータを皆さまに共有します。



<<<往路編 仙台→山形>>>


右下の三角形をクリックするとコース再生します。

片道約65kmですが、ルートの標高差が最大600m近くあります。
仙台宮城IC~山形蔵王IC間は高速道路を使用。






1名乗車、エアコンはほぼ全行程で使用(山越え区間は往路復路ともに一部雨)。
途中での充電はなしです。



システムパーク鉄砲町(EV有料充電コンセント2基設置)
仙台市内の出発はEV有料充電コンセントが2基ある「システムパーク鉄砲町」から。

普通充電できる駐車場、徐々に増えてきていますね。



システムパーク鉄砲町出発時
電池目盛り11/12
□■■■■■■■■■■■
航続可能距離表示164km

山形県庁到着時
電池目盛り 4/12
□□□□□□□□■■■■
航続可能距離表示67km



上記コース図をご覧いただくとおわかりかと思いますが、3/4ジワジワと登り、残りの1/4でグーッと下ります。





山形県庁で日産リーフを急速充電
山形県庁で急速充電。
このあと山形駅~蔵王~お釜~かみのやま温泉をめぐって再び戻ってきますが、この記事では仙台~山形往復のデータということでここでは割愛。

ちなみに、山形県庁は高速山形道の山形蔵王IC降りて2kmほど。
24時間使えます。





<<<復路編 山形→仙台>>>

復路も山形県庁で充電後、仙台市内に向かいます。


右下の三角形をクリックするとコース再生します。

山形蔵王IC~仙台南IC間は高速道路を使用。
往路で高速に乗った仙台宮城ICまで高速を利用するつもりでしたが、間違えて仙台南ICで降りてしまい、往路と少し違うコースになってしまいました。

往路とは逆に最初の1/4が登り、あとの3/4が下りです。



山形県庁出発時
電池目盛り 9/12
□□□■■■■■■■■■
航続可能距離表示142km

仙台トラストシティ到着時
電池目盛り 4/12
□□□□□□□□■■■■
航続可能距離表示65km


仙台トラストシティ駐車場
仙台駅近くの仙台トラストシティ駐車場。
200V普通充電コンセント2基とテスラ用の充電設備があります。





オーナーの皆さまは、N-Link OWNERSの「ルート検索」内の「みんなの消費電力」で他の方の走行データをご確認いただけますので、ぜひご活用ください。
(iPhone、Androidアプリでもご利用いただけます)



2012年8月より一部の日産のお店の急速充電器で24時間サービスを開始いたします。日産リーフでのお出かけにご活用ください。
なお、対応店舗については車載のナビや日産の電気自動車総合サイトをご参照ください。
※ナビへの反映は2012年8月10日の更新以降の反映予定です。





本記事中に電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。

※車両、充電設備等の情報は記事公開時点でのものです。

facebook