follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

EVの普及が加速しそうです。経産省「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」平成24年度補正予算に1,005億円要求

2013.02.19(火)


<2013年3月1日追記>
「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」平成24年度補正予算1,005億円は平成24年2月26日付けで国会にて予算成立しました。

日産自動車の佐藤です。

標題の事業について、ニュース等で既に多くの報道をされていますが、経済産業省のWebサイトにわかりやすいPR資料が掲載されていたので、一部引用してご紹介します。

次世代自動車充電インフラ整備促進事業 PR資料(PDF)

東名高速(下り)海老名SAの急速充電器
充電可能な場所、増えていきますよ!


以下引用


電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド自動車(PHEV)に必要な充電インフラの整備を加速することにより、設備投資等を喚起するとともに、次世代自動車の更なる普及を促進し、日本経済の下支えを図ります。

具体的には、
充電器の購入費及び工事費について一部補助
することにより、

(1)目的地の途中で充電可能な「経路充電」の充実
   (ガソリンスタンド、道の駅、コンビニ等)

(2)目的地における「目的地充電」の充実
   (テーマパークやショッピングセンター等)

(3)マンション駐車場や月極駐車場等の充電設備
   (「基礎充電」)の整備加速


を図ります。

引用終わり。
強調は当ブログによるものです。


イオンモールむさし村山。EV急速充電器1基、普通充電器が2基あります。
ショッピングセンターにもEV充電設備が増えそうです(写真はイオンモールむさし村山)。

ご要望の多い目的地への途中での「経路充電」としての急速充電だけではなく、ショッピングセンターなどの「目的地充電」そして、マンションや月極駐車場等への充電設備設置にも補助が適用されそうです。

「電気自動車に興味があるけど、集合住宅に住んでいるから、充電どうしよう」とお考えだった方には朗報ではないでしょうか。



具体的な事業イメージとしては下記の通り。

以下引用

1)自治体等の計画に基づく充電器の設置
  ⇒主に急速充電、約4千基

2)自治体等の計画に基づかないものの、
  公共性を有する充電器の設置
  ⇒普通充電/急速充電、約7万基

3)月極駐車場やマンション等への充電器の設置
  ⇒主に普通充電約4万基

1)2)合わせて7万基を想定

引用終わり。
表記一部当ブログで変更。


ちなみにガソリンスタンドは現在約3万8千箇所だそうです。





世界で最も多くの電気自動車「日産リーフ」が走っている日本。
今回の取り組みで、さらに普及が加速しそうですね。

facebook