follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

ゴーン「日産は、2014年ル・マン24時間レースにEVパワートレインのレースカーで戻ってくる」

2013.02.26(火)


日産自動車の佐藤です。

本日2013年2月26日、日産自動車はニスモ新社屋をオープンし、2013年の日産グローバルモータースポーツ活動計画を発表しました。

その発表の中で、カルロス・ゴーンより下記発表がありました。

「日産はここに、2014年ル・マン24時間レース『ガレージ56』でEVパワートレインのレースカーで戻ってくることをお知らせいたします」






日産ニュースリリース
2013年 日産グローバルモータースポーツ活動計画を発表

ニュースリリースより引用

日産の社長であるカルロス・ゴーンは、同社がゼロエミッション・テクノロジーを用いた革新的なコンセプトのレーシングカーにより2014年のルマン24時間レースにガレージ56車両として参戦することを発表しました。このルマンへの参戦は新しいパワートレインをテストすると同時に、最新のテクノロジーを採用したレーシングカーが将来ルマン24時間のトップカテゴリーに復帰する際の、ACO(西部自動車クラブ-ルマン24時間レースのプロモーター)とFIA(国際自動車連盟)への必要なデータ提供、という目的があります。

ゴーン社長は、「ルマンへの復帰は当社の市販車とレーシングカーの両方にとって、最も厳しい環境下での実験の場への復帰となることでしょう」と語りました。

引用おわり
※ガレージ56:カテゴリーの枠に捕らわれない新時代の環境技術を志向した特別枠



詳細についてはプロジェクトが更に進行したときにご案内いたします。

日産は今までになかったワクワクを提供できるレーシングカーを開発していきます。
今後も引き続き日産にご注目ください。

facebook