follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

「人と人との出会いが育まれる クルマ」 日産リーフ オフ会

2013.07.18(木)

EVオフ会記念撮影

日産自動車の豊田です。

最近「日産リーフよく見るようになった」というご意見をいただくことが増えました。発売から約2年半経ち、人口密度ならぬ「リーフ密度」も徐々に高まってまいりました。

都道府県単位でいえば神奈川県が最もリーフを見かける可能性が高い県ですが、2013年7月13日(土)、この日「リーフ密度」が日本で一番高かったのは、おそらくここだったと思います。








以前開催されたリーフオーナーズミーティングで知り合ったリーフオーナーさまたちが再び集まろうとオフ会が企画され、幹事さまから日産オーナーズマガジン事務局にご連絡をいただきました。


「オフ会に取材にきませんか?」


ぜひぜひ、と取材チームが出動。

会場は群馬県の「道の駅 よしおか温泉
そこには24台の日産リーフが集結(プラス4台のリーフ以外のEVも)。
取材チームもリーフでうかがったのでさらにプラス1台。
この日、日本一「リーフ密度」「EV密度」が高い場所だったと思います。

EV大集合
EV大集合(交代で充電していたため写真にうつっているリーフは約20台)



日産リーフ
右を見ても

日産リーフ
左を見てもリーフ
EVだらけ。

もしEV密度を色で表現する地図があれば、ここは真っ赤。
北は秋田から、山形、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、埼玉、東京、神奈川と1都9県からご家族含めて約40名が参加。




これだけの人数、台数が一同に会するため、幹事さんは会場となった道の駅よしおか温泉さんから駐車場と温泉内の休憩室の使用許可を取っていらっしゃいました。
(オフ会は駐車場を長時間利用することになるので、企画される場合は、ぜひ事前に会場の許可を取るようにしてください)



道の駅 よしおか温泉 リバートピア吉岡のEV充電設備
道の駅 よしおか温泉にはEV充電設備があります。
(写真は2012年9月訪問時のもの)


オフ会は三部構成。

挨拶・自己紹介タイム
昼食・歓談タイム
というようにオーナーさま同士の交流に時間を多く割いていらっしゃいました。

EVオフ会
歓談は施設内の休憩室で(駐車場へ移動前にパチリ)



そして最後が私たち取材チームがお邪魔して、駐車場での撮影タイム。

撮影しながらオーナーさまとお話していて驚いたのは、
オフ会当日に納車という方がいらっしゃったこと。ただ、驚いた一方で、「それはとても上手なリーフとの付き合い方なのではないか」と思いました。



というのも
ガソリン車からEVに乗り換えると、カーライフが大きく変わります。
初めての体験は、いろいろと不安を感じるもの。
日産もドライバーサポートからインフラの整備まで、EVに乗るうえでの不安を取り除くために、全力を注いでいます。

でも......

初めての体験、EVを使ううえで、何より安心できる情報は、同じような不安を経験されたオーナーさまの声ではないでしょうか。
実際使ってみてどうだったのか?
大きな問題だったのか?それとも心配するほどでもなかったのか?
オーナーさま同士で情報交換ができるのは、とても心強いと思います。

(私たちメーカーからのご案内で安心していただけると嬉しいですけど、レストランや電気製品なども、実際に行った、利用されている方のご意見は気になりますよね)




オフ会当日に納車だったオーナーさま
「雪道はどうなんですか?」

他のオーナーさま
「ぜんぜん問題ないですよ」
「むしろ(ガソリン車より)ラク」



というやりとりも。
他にも心配なことを質問されていましたが、ひとつひとつ「それはね~」と先輩オーナーさまが答えていらっしゃいました。不安な点やわからないことなどのいくつかは解消されたのではないかと思います。
また、後日ききたいこと、知りたいことがあったら、この日に知り合ったオーナーさまに質問することもできます。これは大変心強いのではないでしょうか。



オフ会はハードルが高いという方でも、
オーナーさま同士で交流できる場は
EVオーナーズクラブ
Twitter ハッシュタグ #leafnow
などがあります。
自分でブログを書いていらっしゃるオーナーさまもたくさんいらっしゃいます。
インターネットを活用して交流を図ってみてはいかがでしょうか?



リーフには、EVには、電費のいい運転の仕方、走行距離、電気代や最適な電気契約プラン、充電スポットの情報、ロングドライブでの体験、LEAF to Home導入の効果などなど、いままでのクルマ以上にさまざまな話のネタがあります。また、たくさん情報をお持ちなほど、より楽しめると思います(私自身知れば知るほどEVっておもしろいな、と思っています)。


本記事のタイトルにした「人と人の出会いが育まれるクルマ」という言葉は、今回ご連絡いただいたリクリンさんがおっしゃっていた言葉。
リーフは話題も多く、オーナーさま同士、オーナーさまとリーフに興味がある方など、人と人との出会い、交流が生まれやすいクルマだと思います。
リーフを通して、素敵な出会い、交流が生まれることを願っております。



道の駅よしおか温泉を日本一「リーフ密度」が高い場所にされた幹事のリクリンさんkumiさん、参加されたEVオーナーの皆さま、ありがとうございました。




リーフクッキーとお手製の型
kumiさんお手製のリーフ型クッキーと型
参加された皆さんに配っていらっしゃいました。
こういうのも素敵ですね。






facebook