follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

電気自動車「日産リーフ」で大阪→横浜500kmを走ってみた 電費データ

24kWhバッテリー

2013.03.27(水)


日産自動車の佐藤です。

2013年3月23日(土)、Nissan LEAF Owners' Meeting in 大阪が開催されました。
先日ご紹介したように、ソーシャルメディアの中の人(のひとり)が日産リーフを運転して大阪へ。
往路がリーフで走行ということであれば、当然復路もリーフで走るわけで、今回もそのデータをご紹介。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スタートは新大阪駅近くの駐車場。
リーフは2012年モデルです。

大阪出発時 水積んでます。大阪出発時 水積んでます。
往路同様、重量調整のため助手席と後部座席に水36Lを積んでスタート






大きな地図で見る
横浜→大阪は約500km
ほぼ往路のコースを逆に辿るルートです。
往路同様、(B)滋賀日産 大津店、(D)御在所SA、(F)浜松SA、(G)駿河湾沼津SAと、4回の充電で走ることができました。
(C)土山SA、(E)刈谷PAは休憩のみ。



なお、冒頭の写真のように往路と同様、乗車人数は1名ですが、ヘビー級のドライバー+大量の水で120kg以上に。

エアコンは駿河湾沼津SAまでは送風がメイン。
駿河湾沼津SA以降は気温が下がってきたので暖房+ステアリングヒーター+クイックコンフォートシートヒーターを使用しました。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■


新大阪駅付近出発時 08:08
Nissan LEAF Ownews' Meeting in 大阪の翌日、2013年3月24日(日)朝、新大阪駅付近の駐車場をスタートしました。

電池目盛り 7/12
□□□□□■■■■■■■
電池残量  (平均電費表示で撮影したため不明......)
航続可能距離表示97km


↓(走行距離58.6km ※1)


滋賀日産 大津店 09:13

滋賀日産 大津店 急速充電器は24時間利用可能
滋賀日産 大津店 急速充電器は24時間利用可能

到着時電池目盛り 3/12
□□□□□□□□□■■■
電池残量 20%
航続可能距離表示32km

↓急速充電

出発時電池目盛り 10/12 
□□■■■■■■■■■■
電池残量 81%
航続可能距離表示127km
充電費用0円(日産ゼロ・エミッションサポートプログラム会員のため販売会社での充電が無料)
充電所要時間30分


↓(走行距離84.4 km ※1)


御在所SA(上り) 11:28

御在所SA(上り)で日産リーフを急速充電
出発地点から143.0km

この区間は走行距離自体は約85kmと短め。
約300mの起伏があるので上り坂では航続可能距離が減りますが、どの辺りまで上るのか、どこから下るのかを事前に知っておくと安心だと思います。
信楽IC付近と土山SA付近がふたこぶラクダのようになっていて、京都・大津方面からだと土山SA付近以降は亀山JCまで標高約300mの下り、その後四日市IC手前までなだらかに標高差約50mの上り、以降はほぼ平坦、となります。

ちなみに途中の土山SAで遅い朝ごはん。到着時のメーターはこちら


到着時電池目盛り 3/12
□□□□□□□□□□■■■
電池残量 26%
航続可能距離表示52km

↓急速充電

出発時電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 88%
航続可能距離表示174km
充電費用100円※2
充電所要時間30分(+待ち時間0分)


↓(走行距離129.9 km ※1)


浜松SA(上り) 14:17

浜松SA(上り)で急速充電
スタート地点から272.9km

往路の記事でも触れましたが、横浜~大阪間で最も長い区間です。
復路は区間の終盤三ケ日JCから浜松いさなJCの約20km弱が標高差約150mの上りとなるので(浜松いさなJCを過ぎれば浜松SAまでは下りです)、電費のよい走行を心がけましょう。

三ケ日JCからは東名の浜名湖SA(上り)の方が近いので、三ケ日JC時点で電池残量が少ない場合は浜名湖SA(上り)へ向かった方がよいでしょう。

ちなみに、睡魔に襲われ刈谷PAで20分ほど仮眠。
刈谷PA到着時のメーターはこちら
※2013年4月1日から刈谷PA(上下とも)でも急速充電器が設置され利用可能になりました。


到着時電池目盛り 2/12
□□□□□□□□□□□■■
電池残量 14%
航続可能距離表示31km

↓急速充電

出発時電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 89%
航続可能距離表示160km
充電費用100円※2
充電所要時間30分(+待ち時間0分)


↓(走行距離116.6 km ※1)


駿河湾沼津SA(上り) 16:12

駿河湾沼津SA(上り)で日産リーフを急速充電中
スタート地点から389.5km

浜松SAを過ぎると、ゴールが近くなってきた気がします。

週末の駿河湾沼津SAは混みます。首都圏から近く新しいこともあり、また眺望がよいので人気です。ナビの表示は「満車」と「混雑」がコロコロと切り替わっていたので、東名の富士川SAでの充電に切り替えることも検討しましたが、「特に急いでるわけでも、電池残量が少ないわけでもないし」ということで結局予定通り駿河湾沼津SAへ。


到着時電池目盛り 2/12
□□□□□□□□□□□■■
電池残量 13%
航続可能距離表示21km

↓急速充電

出発時電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 91%
航続可能距離表示140km
充電費用100円※2
充電所要時間30分(+待ち時間0分)


↓(走行距離107.5km)


日産グローバル本社 19:24

日産グローバル本社に到着
スタートから497km 日産グローバル本社に到着

駿河湾沼津SAで最後の充電をして横浜みなとみらいへ。
日曜の夕方ということもあり、中井~大和間の約25kmが渋滞。
この区間は日も暮れていたので暖房ON。ステアリングヒーター、クイックコンフォートシートヒーターもONでした。

到着時電池目盛り 3/12
□□□□□□□□□■■■
電池残量 26%
航続可能距離表示43km

平均車速は54.0km/h平均電費は7.8km/kWhでした。

日産リーフでの大阪~横浜移動は、往路と同じく充電回数4回、充電費用300円でした。時間は前半での仮眠休憩や最後の渋滞もあり往路より1時間長く、充電時間含め約11時間半のドライブでした。


充電時間分長くはなりますが、SAごとにお土産やフードコートを見ていくと、食べ物、料理が変わっていくのがよくわかりますね。楽しいドライブでした。
今後充電スポットはさらに増えていきます。
電気自動車で快適なドライブをお楽しみください。





なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
また、充電費用は2013年3月24日時点のものです。

※1 スタート時にTRIPをリセットするのを忘れたため各ポイント到着時の走行距離からスタート時の走行距離16.0kmを引いた値を記載しています。
※2 NEXCO中日本 東名道、新東名道での充電器利用には事前の登録が必要です。

facebook