follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

岡山~香川~高知 高知道を日産リーフで走ってきました。

24kWhバッテリー

2013.07.29(月)


坂本龍馬像
坂本龍馬ぜよ!

日産自動車の豊田です。

NEXCO西日本さん管内での高速道路SA・PAへのEV急速充電器設置記念
高速使って日本海から瀬戸内海へ 米子道・岡山道を日産リーフで走ってきました。
の続きです。

倉敷市児島を出発して瀬戸大橋を渡り、四国へ。
つまり、瀬戸内海から太平洋へ!


<往路>


より大きな地図で 岡山県倉敷市児島~高知県土佐市 日産リーフドライブルート を表示

岡山県倉敷市児島を出発して高知県土佐市を目指します。
行程に余裕があるので善通寺ICで高速道路を降りて、少し寄り道をしました。

瀬戸大橋 岡山側から
瀬戸大橋 岡山側から出発!


鷲羽山下電ホテル 10:33

出発時
電池目盛り 12/12
■■■■■■■■■■■■
電池残量 100%
航続可能距離表示 157km
充電費用500円

ホテルで200V普通充電ができるので、出発時にはフル充電です。

-------------------------------


↓(走行距離48 km)


香川琴平町 11:40

こんぴらさん参道
こんぴらさん参道

到着時
電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 66%
航続可能距離表示 113km

鷲羽山下電ホテル~琴平町区間
平均電費 6.7km/kWh
平均車速 43.0km/h

-------------------------------

岡山→高知を走った日は行程に余裕があったので、善通寺ICでいったん高速を降りて「こんぴらさん(金刀比羅宮)」へ。


こんぴらさん
こんぴらさん参道 桜馬場
目的地の御本宮まで半分ぐらい。


image
御本宮
ここまで石段785段!
登り始めて30分ほどでしょうか。

こんぴらさん高台(展望台)から讃岐平野を一望
高台(展望台)からは讃岐平野が一望できます。

江戸時代、犬が飼い主に代わってこんぴら参りをすることがありました。
飼い主の住所氏名や初穂料、えさ代が入った「こんぴら参り」と記した袋を首にかけ、長い道のりを多くの心優しい人々の手助けを受けながら代参したといいます。
この「こんぴら参り」の代参をした犬は、「こんぴら狗」と呼ばれたそうです。

ほほえましいエピソードですね。
金毘羅宮は現在でも犬連れでの参拝OKだそうです(建物内は除く)。



釜揚げうどん
メニューはぬくいのと冷たいのだけ!

往復で一時間近く歩いたあとは、お昼ごはん。
そしてせっかくの香川県、さぬき、うどん県なので、おひるご飯におうどんをいただきました。
(「関西と四国を結ぶ淡路島でおさえておきたい3つの電気自動車充電スポット」のときは時間切れだったので喜びもひとしおです)



こんぴらさんとうどんだけだったので充電はせずに向かいましたが、善通寺IC近くに急速充電器がある日産販売会社があるので、電池残量が少ない場合はそちらをご利用ください。



いよいよ山越え!

↓(走行距離71 km)


高知道 立川PA 14:52

高知道 立川PA EV急速充電器
鷲羽山下電ホテルから119km

到着時
電池目盛り 2/12
□□□□□□□□□□■■
電池残量 18%
航続可能距離表示 31km

鷲羽山下電ホテル~高知道 立川PA区間
平均電費 6.8km/kWh
平均車速 51.3km/h

コースの最大標高差450mですが、のぼり坂がきついのは高松道から高知道に入ってから。
川之江東JCTから愛媛県と高知県の県境過ぎまで約15kmを標高差400mを駆け上がります。立川PAの手前5kmはくだり坂になります。

↓急速充電

出発時
電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 94%
航続可能距離表示 133km
充電費用0円
充電所要時間30分
-------------------------------

↓(走行距離48 km)


桂浜 16:18

坂本龍馬像
高知に来たぜよ~!
思い切り逆光ですが、坂本龍馬像です。
浜辺に建っているものと思っていましたが、違うんですね。

電池目盛り 9/12
□□□■■■■■■■■■
電池残量 70%
航続可能距離表示 120km

立川PA~桂浜区間
平均電費 8.8km/kWh
平均車速 57.4km/h

立川PAから高知市内へは基本ほぼくだり坂なので電池残量は気にならないでしょう。
スピードが出やすいのでECOモードやBレンジなどでうまく回生しながらスピードコントロールしてください。

桂浜
太!平!洋!
前日はお昼まで日本海、夕方瀬戸内海、そしてこの日太平洋。
この間の高速道路には「太平洋まであと100km」「日本海まで200km」といった表示があります。
実際300kmほどで日本海と瀬戸内海と太平洋という、3つの違う海を見ることができます。
こうやって短時間に見比べてみると、違いがよく感じられます。


↓(走行距離19 km)


三陽荘 17:32

三陽荘 200V普通充電器あります。
三陽荘200V普通充電器あります。
立川PAから67km

到着時
電池目盛り 7/12
□□□□□■■■■■■■
電池残量 55%
航続可能距離表示 104km

高知道 立川PA~三陽荘区間
平均電費 8.7km/kWh
平均車速 45.9km/h

高知市近辺で充電できる宿ということでお世話になりました。
寝てる間に200V普通充電。
充電設備は宿泊者のみ無料で利用可。1台のみ。


<復路>


大きな地図で見る

岡山~高知、復路はスケジュールの関係で一目散に岡山に戻ることに。
目的地は岡山県玉野市にある宇野港です。


三陽荘 8:13

充電できるお宿なので出発時にはフル充電です。

出発時
電池目盛り 12/12
■■■■■■■■■■■■
電池残量 100%
航続可能距離表示 186km
充電費用:0円(宿泊者のみ無料で利用可)
-------------------------------


↓(走行距離77 km)


高知道 馬立PA 9:20

馬立PA EV充電設備

到着時
電池目盛り 6/12
□□□□□□■■■■■■
電池残量 46%
航続可能距離表示 74km

三陽荘~馬立PA区間
平均電費 6.4km/kWh
平均車速 66.1km/h


高知道 南国ICを過ぎるとのぼり坂が続きます。高知県と愛媛県の県境付近がこの区間の最大標高。馬立PAは瀬戸内海側へのくだり坂の途中になります。
馬立PAまでは土佐ICから約65km、高知ICからは約45kmです。

↓急速充電

出発時
電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 87%
航続可能距離表示 135km
充電費用 0円
充電時間 15分

-------------------------------


↓(走行距離103 km)


道の駅 みやま公園 11:40

道の駅 みやま公園 EV急速充電器
三陽荘から180km

到着時
電池目盛り 3/12
□□□□□□□□□■■■
電池残量 20%
航続可能距離表示 33km

馬立PA~道の駅 みやま公園区間
平均電費 7.7km/kWh
平均車速 59.1km/h

この行程の目的地は宇野港ですが、その後の行程を考えて、宇野港から一番近い充電スタンドで充電をしておきました。

↓急速充電

出発時
電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 70%
航続可能距離表示 113km
充電費用 0円
充電時間 20分


↓(走行距離7 km)


宇野港 12:20

宇野港
三陽荘から187km

電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 66%
航続可能距離表示 106km


宇野港でリーフを停めて、ここから先は船に乗ります!

つづきは
香川県豊島で現代アートと日産ニューモビリティコンセプトを体験してきました。




関連記事
高速使って日本海から瀬戸内海へ 米子道・岡山道を日産リーフで走ってきました。
山陽道を使って岡山から大阪へ 電気自動車 日産リーフで走ってきました。

~~~~~いつものおことわり~~~~~

車両は2012年モデルの日産リーフ。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は1名ですが、当ブログのドライブレポートで何度も登場しているヘビー級のドライバーに加えて、大量の水で大人2人分(120kg以上)に調整。
エアコンは、常時25℃冷房に設定。
走り方は流れに合わせています。


(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
また、充電費用は2013年7月24日時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook