follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

山陽道を使って岡山から大阪へ 電気自動車 日産リーフで走ってきました。

24kWhバッテリー

2013.07.31(水)

大阪府立立体駐車場 電気自動車用EV充電設備があります。

日産自動車の豊田です。

NEXCO西日本さん管内での高速道路SA・PAへのEV急速充電器設置記念シリーズ第三弾は、山陽道です。
岡山から大阪まで走ってきました。

第一弾 米子道・中国道
高速使って日本海から瀬戸内海へ 米子道・岡山道を日産リーフで走ってきました。

第二弾
岡山~香川~高知 高知道を日産リーフで走ってきました。







より大きな地図で 岡山宇野港~大阪 日産リーフドライブルート を表示

岡山県玉野市の宇野港を出発、本四高速水島ICから高速へ。高速道路を一路東へ、大阪を目指します。細かい起伏はありますが、それほど気にせず走ることができるルートです。

ちなみにこの区間は
香川県豊島で現代アートと日産ニューモビリティコンセプトを体験してきました。
の取材後に走りました。


宇野港 18:59

出発時
電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 66%
航続可能距離表示 105km


↓(走行距離44 km)


吉備SA(上り) 19:55

吉備SA(上り) EV急速充電設備
吉備SA(上り) EV急速充電設備

到着時
電池目盛り 5/12
□□□□□□□■■■■■
電池残量 36%
航続可能距離表示 59km

宇野港~吉備SA(上り)区間
電費 6.9km/kWh
平均車速 35.2km/h

本四高速水島ICから高速へ。前述の通り44kmほどの走行距離なので電池残量も気にならず走行。残量が少ない場合でも岡山市、倉敷市周辺には急速充電器が多くあるので安心です。

↓急速充電

出発時
電池目盛り 12/12
■■■■■■■■■■■■
電池残量 96%
航続可能距離表示 151km
充電費用 0円
充電時間 30分

充電している間に食事をしました。
食べ終わったらちょうど30分、という感じでした。
-------------------------------


↓(走行距離114 km)


三木SA(上り) 21:58

三木SA
三木SA(上り)EV充電設備
宇野港から158km


到着時
電池目盛り 3/12
□□□□□□□□□■■■
電池残量 23%
航続可能距離表示 38km

吉備SA(上り)~三木SA(上り)区間
電費 7.3km/kWh
平均車速 78.7km/h

↓急速充電

出発時
電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 66%
航続可能距離表示 108km
充電費用 0円
充電時間 15分

三木SA(上り)にいた猫
猫がいました。
-------------------------------

↓(走行距離57 km)


大阪府立江坂立体駐車場(タイムズ) 23:17

大阪府立江坂立体駐車場(タイムズ)
宇野港から215km

到着時
電池目盛り 4/12
□□□□□□□□■■■■
電池残量 28%
航続可能距離表示 45km

三木SA(上り)~大阪府立江坂立体駐車場区間
電費 7.2km/kWh
平均車速 57.6km/h

ここはタイムズさん管理の駐車場。
充電器は200V普通充電器が1台、利用料は無料ですが、事前にタイムズ パーク&チャージ会員登録が必要です。
現在充電にかかる費用は無料です。
(駐車料金は別途かかります)





逆のルートは三木SA(下り)には未設置ですが、福石PA(下り)に急速充電器が設置済みです。近畿~中四国のリーフオーナーさま、EVオーナーさま、ぜひEVドライブをお楽しみください。

関連記事
高速使って日本海から瀬戸内海へ 米子道・岡山道を日産リーフで走ってきました。
岡山~香川~高知 高知道を日産リーフで走ってきました。
電気自動車「日産リーフ」で大阪~南紀白浜を走ってきました。

~~~~~いつものおことわり~~~~~

車両は2012年モデルの日産リーフ。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

この区間は乗車人数は2人。
ひとりはヘビー級。大量の水も乗せたまま。
※ひとり乗車でも2人分の重量にするために乗せています。
エアコンは、常時25℃冷房に設定。
走り方は流れに合わせています。


(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
また、充電費用は2013年7月24日時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook