follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

東京ミッドタウン 国内最多125台のEV・PHV用充電設備を導入

2014.06.30(月)

東京ミッドタウン設置イメージ図
東京ミッドタウン設置イメージ図

日産自動車の豊田です。

電気自動車の充電インフラについて、大注目の発表がありました。


三井不動産とNEC、東京ミッドタウンに国内最多125台のEV・PHV用充電インフラを導入

NECさんのニュースリリースより一部抜粋してご紹介します。





~~~~~以下引用~~~~~



三井不動産株式会社(所在:東京都中央区、代表取締役社長:菰田正信、以下 三井不動産)と日本電気株式会社(所在:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤信博、以下 NEC)は、東京ミッドタウン(所在:東京都港区)に単一施設内としては国内最多となる125台の電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド自動車(PHV)用充電器を設置し、有料充電サービスの提供を開始いたします。本サービスの開始時期は2014年12月を予定しています。

大規模な商業施設に多数の充電器を設置するのは東京ミッドタウンが国内初であり、本設備の導入によりお客様の利便性および街の魅力向上につなげたいと考えています。両社は、今後国内外の自動車メーカによるEV・PHVの投入拡大が見込まれる中、利用者の滞在時間が長い都心の商業施設で充電サービスを提供することで、これら環境配慮型の次世代自動車の普及促進に貢献するものと考えています。

三井不動産は、政府による「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の補助制度を活用し、東京ミッドタウンの時間貸し平面駐車場157台(時間貸し駐車場全体390台)のうち約8割となる125台の駐車スペースに、NECが今回新たに開発したEV・PHV用壁掛け型普通充電器を設置します。あわせて、複数の充電器の利用者認証や課金管理、監視・制御などを一元的に行うNEC製の壁掛け型充電コントローラも設置します。


壁掛け型充電

壁掛け型充電コントローラ(左)と壁掛け型普通充電器(右)

 
NECは三井不動産から本充電設備を借用し、EV・PHV利用者に有料充電サービスを提供します。本サービスの運営にあたっては、EV・PHV向け充電サービスを提供するジャパンチャージネットワーク株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:武田二郎)と連携します。

三井不動産は、環境、エネルギー、少子高齢化など、さまざまな社会的課題を街づくりにより解決するスマートシティの取り組みを推進しています。低炭素社会の実現に向けた先進的な取り組みを行ってきた東京ミッドタウンに引き続き、その他のグループ関連施設への大規模充電インフラの導入についても今後検討してまいります。



~~~~~引用終わり~~~~~
太字や赤字等は当ブログによるものです。





電気自動車の充電には、「急速充電」と「普通充電」があり、「急速充電」ばかりが注目されがちですが、利用者の滞在時間が長い商業施設などでは、普通充電がたくさんある方が便利です。
(急速充電だとお買い物の途中で戻ってクルマを動かす必要があります)

三井不動産さんがリリースの中で「東京ミッドタウンに引き続き、その他のグループ関連施設への大規模充電インフラの導入についても今後検討してまいります」と言及しているように、今後同社の施設を中心に、同様の動きが見られるかもしれません。



個人的には、映画館(もしくは映画館が入っている施設)の駐車場に普通充電設備が増えてほしいと思っています。映画観て食事をして3~4時間。リーフの場合、10kWh前後充電される計算です。
いいと思いませんか?






※本記事中の画像はNECさんよりご提供いただきました。

facebook