follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産EV初の商用車『e-NV200』を発表 補助金は85万円

2014.06.09(月)

e-NV200 (2014年10月発売予定)

日産自動車の豊田です。

本日2014年6月9日(月)、世界で累計11万5千台以上を販売した「日産リーフ」に続くグローバルに販売する2車種目の量販EV、日産EV初の商用車となる『e-NV200』を、2014年10月より全国一斉に発売すると発表しました。

『e-NV200』 Webカタログ




記者発表会では3つの使用シーンを演出した『e-NV200』が展示。



e-NV200
工事現場(e-NV200のバッテリーで照明を点灯)


『e-NV200』を例えば移動カフェで使ったら
移動カフェ(e-NV200のバッテリーで調理器具を使用)


『e-NV200』を例えばキャンプで使ったら
キャンプ(e-NV200のバッテリーで調理器具を使用)





『e-NV200』の特徴は以下の通りです。


ゼロ・エミッション

『e-NV200』はリーフ同様100%電気で走行。走行中の排出ガスを出しません。
内燃機関の商用車と比較して、ランニングコストを抑えるだけでなく、周辺騒音への配慮や環境への貢献という面で、企業のイメージアップに貢献します。



走る蓄電池

走行用バッテリーから合計で最大1500Wの電力を取り出すことができるパワープラグ(100Vコンセント)を、前席側と荷室側の2ヵ所に採用。これにより、ビジネスにおける外出先での電源確保や、屋外でイベントを実施する際の電源提供、更には、災害時の電源としても活用することが可能です。
またパワープラグは、自動停止するバッテリー残量を任意に設定することが可能となっており、帰りの走行電力を気にせず安心して使用できます。



e-NV200パワープラグ(センターコンソール下部)
パワープラグ(センターコンソール下部) バンGX、ワゴンGに標準装備

e-NV200パワープラグ(助手席後部)
パワープラグ(助手席後部) バンGX、ワゴンGに標準装備



ストレスフリー

『e-NV200』は、バッテリーをフロア下に搭載していることによる低重心化によって、コーナーでのぐらつきやステアリング操作からの応答遅れを低減。またサスペンションの高剛性化やセッティングにより、クラストップのショック吸収性を実現したことで、長時間乗っても疲れにくく、荷物をたくさん積んでも快適な乗り心地で走行することが可能となりました。
EVならではのスムーズで力強い加速性能や静粛性によりドライバーの疲労を軽減し、より安全な業務運行を実現します。

また、荷室スペースはバッテリーを小型化し、床下に配置したことでNV200バネットと同等の容量を確保しています。さらにステアリングヒーターとクイックコンフォートヒーター付シート(運転席・助手席)を標準装備することにより、快適さを保ちながらエアコン使用を抑制し、電費向上を図ることが可能です。
さらに携帯電話やパソコンから操作ができる「乗る前エアコン」の操作を、『e-NV200』では、インテリジェントキーからも行うことが可能となり、お客さまの利便性を向上させました。



e-NV200
NV200バネットと同等の容量を確保した荷室スペース



圧倒的な低ランニングコスト

日産リーフでもおなじみですが(参考:電気自動車「日産リーフ」 毎月の電気代はいくら?)、ガソリン価格が上昇している現在の状況で、電気自動車のランニングコストの安さは魅力ですね。





あと、皆さんが気になるポイントをご紹介。



航続距離

油圧式制御ブレーキの採用により、多くの制動シーンで回生が可能になり、満充電時に185km~190km(JC08モード)を実現します。



グレード

バン2グレード(各ルートバン、2人乗り、5人乗り)、ワゴン1グレード(5人乗り、7人乗り)の8タイプからお選びいただけます。
5人乗り/7人乗りのワゴンタイプの設定により、乗用ユースとしてもお使いいただけます。


e-NV200ワゴンG7人乗り
ワゴンG7人乗り インテリア




価格・補助金

『e-NV200』は、全グレードが「エコカー減税」による減税措置に適合し、自動車重量税と自動車取得税が免税*1となります。

さらに、最大85万円*2の購入補助金(クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金)を受給することができます。

*1同車は「環境対応車普及促進税制」の中で次世代自動車として、
自動車取得税は、2015年3月31日までの新規登録車に対し、免税。
自動車重量税は、2015年4月30日までの新規登録車に対し、免税。
自動車税は、2016年3月31日までの新規登録車(登録翌年度から1年間適用)に対し75%軽減。
*2同車は「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象になっており、購入にあたり、一般社団法人 次世代自動車振興センターに申請し、審査・交付決定されることにより、補助金交付を受けられる。また、地方自治体ごとに独自の補助金施策をおこなっている場合もある。自家用乗用車の場合、補助金を受給するには4年間保有する義務がある。

『e-NV200』の価格・補助金・税金についてはこちらをご確認ください。



新たにパワープラグを採用し、走る蓄電池としても使える『e-NV200』。
さまざまなビジネスシーンでの活用が期待されます。

facebook