follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

「日産リーフ 80周年スペシャルカラーリミテッド」発売約1ヶ月のボディカラー構成をご紹介

2014.06.22(日)

日産リーフ 80th Special Color Limited

日産自動車の豊田です。


「日産リーフ 80周年スペシャルカラーリミテッド」(以下「80周年記念車)、先月2014年5月15日の発売から約1ヶ月経ちました。
SNS等でも早速ご購入いただいたお客さまをお見かけします。

このブログをご覧いただいている方の中にはご検討いただいている方もたくさんいらっしゃると思うので、発売後約1ヶ月でのボディカラーの人気順をご紹介します。






80周年記念車で最も多くお選びいただいているのは



日産80周年記念特別仕様車 日産リーフ プレミアムディープマルーン
プレミアムディープマルーン

マルーンは、1971年、初代フェアレディZ(S30)に追加されたロングノーズの240ZGに採用された「グランプリマルーン」からの伝統色。





続いて





日産80周年記念特別仕様車 日産リーフ オーロラフレアブルーパール
オーロラフレアブルーパール

北極圏の夜空に広がる壮大なスケールのオーロラをイメージしたブルーです。見る角度によって美しく表情が変化します。
この色はボディの面構成がよくわかりますね。





この2色がそれぞれ約3割ずつです。





続いて




日産80周年記念特別仕様車 日産リーフ ブリリアントホワイトパール
ブリリアントホワイトパール

ちなみに、80周年記念車ではない通常グレードでは、同じブリリアントホワイトパールが最も多くお選びいただいています。





そして4番目が





日産80周年記念特別仕様車 日産リーフ プレミアムサンフレアオレンジ
プレミアムサンフレアオレンジ

80周年記念車の中でもっとも鮮やかなボディカラーです。
通常オレンジのような鮮やかな色は個性的なモノを選びたい、人とは違うモノを選びたいという方にご支持いただくことが多いボディカラーなので、順当かと思います。

個人的には、このプレミアムサンフレアオレンジが、ブロンズカラーの特別装備と一番あっているような気がしていますが、いかがでしょうか?



ブリリアントホワイトパールとプレミアムサンフレアオレンジは、それぞれ2割程度で計約4割という構成比です(80周年記念車のボディカラー内訳)。



リーフの80周年記念車の補助金はいくらですか?
というご質問をいただくことがありますが、80周年記念車も
補助金は53万円です。

80周年記念車も通常グレード同様
補助金のほか自動車税減税、エコカー減税の対象です。


日産リーフの補助金、減税額の確認はこちらから

電気自動車はランニングコストの安さも魅力です。
ぜひこちらお試しください。
ランニングコストの試算はこちら



日産80周年を記念して発売した、特別なリーフ。
ぜひご検討ください。

「日産リーフ 80周年スペシャルカラーリミテッド」

「日産リーフ 80周年スペシャルカラーリミテッド」の展示車、試乗車のご確認をご希望の場合は、各販売会社にお問い合わせください。

facebook