follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

電気自動車「日産リーフ」で行く 山形の旅 さくらんぼと奥の細道編

24kWhバッテリー

2014.06.06(金)

さくらんぼ

日産自動車の豊田です。

電気自動車「日産リーフ」で行く 山形の旅、後編をお届けします。
前編:電気自動車「日産リーフ」で行く 山形の旅 米沢、蔵王編

「山形といえば○○」

皆さんは○○の部分には何を思い浮かべますか?
芋煮、紅花、米沢牛、山形牛、月山、蔵王、将棋の駒(天童市)、米どころ......などなどあると思いますが、私たちリーフ インターネットチームが思い浮かべたのが冒頭の写真の赤くてかわいい......そう、さくらんぼです。






前編のテーマを「歴史と蔵王温泉をめぐるドライブ」としたので、後編ではさくらんぼは外せない!ということで、さくらんぼ狩りを含む、下の地図のようなコースでドライブすることにしました。




充電設備がたくさんあるかみのやま温泉をスタートし
山形博物館→道の駅「寒河江チェリーランド」→慈恩寺→そば街道で昼食→さくらんぼ狩り→立石寺(山寺)
をめぐる約100kmのルートです。





まずは山形博物館へ。


山形県立博物館
山形県立博物館



ここで見逃せない、というか「これを見に行く」というものがこちら。

縄文の女神
国宝「縄文の女神」

1992年に山形県舟形町西ノ前遺跡から出土した、高さが45センチある日本最大の縄文土偶。1998年に国重要文化財、2012年に国宝に指定。

『縄文の女神』は今から約4,500年前の縄文時代中期に製作されたものと言われているそうです。

縄文の女神 山形県立博物館
斜め後ろから見るとこんな感じ。
ちなみに、展示室の照明は有機ELが使われていました。有機ELは県が次世代の成長分野として支援しているのだそうです。




次に向かったのが



寒河江チェリーランド EV急速充電器
道の駅「寒河江チェリーランド」
電気自動車用急速充電器があります。
24時間利用可能。使用協力金として500円が必要です。

前編でも軽く触れましたが、山形県では道の駅をはじめ県内41箇所に急速充電器が整備されており(2014年6月1日現在)、2014年度中にさらに21箇所の設置が予定されています。
山形県のWebサイトで利用可能時間や利用料金などがまとめられています)

山形県内を走って、盆地の中を走っている分には電池の減りはそれほど気にする必要はないなと感じました(盆地で起伏が少ないので当たり前ですが)。
事前にドライブコースを考える際、大まかにどこで山越えがあるかを念頭に、その前に充電できる場所を確認しておくといいですね。




寒河江チェリーランド
お昼ごはん前ですが、せっかくなので
さくらんぼソフトクリーム
美味しかった!





続いて訪れたのが今年の夏に「秘仏」が公開されるというこちら



本山慈恩寺
本山慈恩寺
平安、鎌倉時代制作の仏像群は重要文化財指定。

取材は5月だったので秘仏を拝観することはできませんでしたが、
2014年6月1日~7月21日には「慈恩寺秘仏御開帳」が開催されるそうです。
22年ぶりの御開帳とのこと。

秘仏としていることで何が変わるんですか?とお寺の方に聞いてみたところ、保存状態がいいので、色が鮮やかだということ。

本山慈恩寺
そういわれて御開帳をお知らせする看板の秘仏の写真を見てみると唇の赤がきれいに出ています。




山形はそばの生産量が多く、そばどころ。
ということで、お昼ごはんは、そば街道で。

あらきそば
あらきそば
おそばは板そばのみ。
太目の田舎そばです。コシがあり、量は多目。
そばの風味がなくなるということで、わさびはつけずにいただきます。

にしんの味噌煮
自家製の味噌で長時間煮込んだという にしんの味噌煮
そばに合います!

ごちそうさまでした!





そして......





いよいよ......





さくらんぼ

さくらんぼ
赤い!

山形県はさくらんぼ生産量日本一。
寒河江や東根、村山エリアに多くの果樹園が集まっています。

山形地区はフルーツどころ。盆地で寒暖の差が大きいので、甘くておいしいフルーツが育ちやすいんですね。
6月上旬から7月中旬のさくらんぼから、ブルーベリー(7月中旬)、もも(8月上旬~中旬)、ぶどう(8月中旬~10月中旬)、ラ・フランス(10月)、リンゴ(10月下旬~11月下旬)、イチゴ(12月~6月中旬)と一年中フルーツ狩りを楽しめます。




さくらんぼ 6月中旬から7月中旬......






6月中旬から7月中旬......





取材は5月だったので、残念ながらさくらんぼ狩りはなしでした!(涙)
(事前にわかってましたけど......)

このブログをご覧になった皆さんは、ぜひ電気自動車でさくらんぼ狩りにお出かけください。

ぶどう
ぶどう(8月中旬~10月中旬)

ラ・フランス
ラ・フランス(10月)



と、夏から秋にかけてもフルーツ狩り楽しめます。





そして、電気自動車「日産リーフ」で行く 山形の旅、さくらんぼを食べたつもりで最後に向かったのが



閑さや 岩にしみ入る 蝉の声

という句が松尾芭蕉によって読まれたという
宝珠山立石寺(山寺)
開山から1100年という、歴史あるお寺です。
悪縁切りの名刹としても知られているそう。

階段を

立石寺(山寺)
のぼって......


立石寺(山寺)
のぼって......



約40分(石段は1015段)。
五大堂、奥之院・大仏殿に到着します。

立石寺(山寺) 五大堂
五大堂からの眺めは絶景です。



宝珠山立石寺(山寺) 五大堂からの眺め
五大堂からの眺め

私たちが訪れた時は曇りでしたが、お天気がいいと、

宝珠山立石寺(山寺) 五大堂
こんな感じの風景になるようです。



気持ちのいい汗をかいた後、温泉で汗を流し(山形にはたくさんお温泉があります)、帰路につきました。

いや~また行きたい!山形!(さくらんぼ狩りしたかった......)





これからさくらんぼの季節。
仙台方面など、県外からもさくらんぼ狩りにいらっしゃる方もたくさんいらっしゃるそう。

前編でも触れましたが
仙台~山形が約60km(山形自動車道 山形蔵王PA上下には急速充電器が設置予定)
会津若松~米沢が約70km、喜多方~米沢が約50km

いずれも山越えでは電気を多く消費しますがくだりで回復しますし、急速充電器が複数あるので、安心です。





日産リーフ
ぜひ山形でのEVドライブ、お楽しみください。







※記事中で使っているさくらんぼ、ぶどう、ラ・フランス、五大堂の写真は山形県観光協会からご提供いただきました。
※山形県立博物館の館内では許可をいただいて撮影しております。

facebook