follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産リーフで名瀑へ 茨城 水戸~袋田の滝

24kWhバッテリー

2014.10.16(木)

袋田の滝
袋田の滝

日産自動車の豊田です。

「日産リーフでドライブ」シリーズ、今回は茨城県を走ってみました。






日産リーフ NISMOパフォーマンスパッケージ
今回のクルマは「日産リーフ NISMOパフォーマンスパッケージ




水戸市中心部をスタートし、約50km先の大子(だいご)町の名瀑「袋田の滝」を訪れるというプラン。すべて一般道を走行します。袋田の滝を観光後、お昼ごはんと温泉を堪能して水戸に戻るという日帰りドライブです。



(1)距離
(2)ルート周辺の充電設備
(3)ルート内の最高標高地点
チェックして脳内シミュレーション。


「水戸~袋田温泉が片道50kmで往復100km。周囲の温泉に入るとして走行距離はプラス10~20kmの120kmぐらい(1)。充電なしで済むなこれ。念のため急速充電スポット確認しておくと、大子町に日産のお店が1軒※、水戸と大子の間の常陸大宮市にも日産のお店が1軒(2)。北に向かうほど(袋田の滝に近いほど)標高はあがるけど、標高差は100mちょっとなのでそれほど気にする必要なし」
※大子町の充電設備については後述

という感じ。





アイ・カフェ水戸若宮店
アイ・カフェ水戸若宮店
アイ・カフェ水戸若宮店で充電してから出発。





国道118号を北上すること約1時間。
袋田の滝に到着です。

袋田の滝とは
"久慈川の支流滝川に架かる袋田の滝は、日本三名瀑に数えられ、高さ120メートル、幅73メートルの大きさを誇ります。滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、また一説には、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。"
茨城県大子町観光協会Webサイトより引用



袋田の滝 トンネル
袋田の滝へはトンネル※を通ってアプローチ。
奥に進むにつれ滝の音が近づいてきます。
※袋田の滝トンネルの通行には300円(大人料金、小人150円)が必要です。



袋田の滝
見えた!袋田の滝!
トンネルの向こうは全面が滝です!



袋田の滝
観瀑台からの眺め。
流れが速いところ、ゆっくりと糸のように流れ落ちるところなど、滝は様々な表情を見せてくれます。
ただ、これだけでは袋田の滝の一部でした。
エレベーターで新観瀑台へあがると・・・・



袋田の滝
この風景!
それでも滝の全景は写りません。



袋田の滝
こちらも新観瀑台から。



袋田の滝
吊り橋から見た袋田の滝。
左側に見えるのが観瀑台。
滝の大きさがおわかりいただけると思います。



なお
2014年11月1日(土) ~ 2015年2月15日(日)の間
袋田の滝ライトアップイベントがあるそうです。
滝のライトアップ、そうとう美しそうですよ。






滝を見ながらのウォーキングというかハイキングをすること約1時間半。
体を動かすとおなかがすいてきます。
せっかくなので袋田の滝がある大子町のおいしいものをいただくことに。



鮎の塩焼き
鮎の塩焼き
11月30日までは久慈川で観光やながあるそうです。



奥久慈しゃもの親子丼
奥久慈しゃもの親子丼
ちなみに奥久慈そばも名産なので、次回訪れる時は奥久慈しゃもそばをいただきたいと思います。



この後、温泉に入って水戸に戻るわけですが、
大子町 袋田の滝近くの温泉宿
思い出浪漫館さん
滝味の宿 豊年万作さん
の2軒には充電設備(急速充電器1基+普通充電器1基)が設置されていました。
(ご利用の際は事前に各宿にご確認ください)

茨城日産大子店とあわせて大子町で3箇所急速充電器があることに。
さらに茨城県のビジョンリストによると他にもう1件お宿と道の駅に急速充電器が設置予定とのこと。



水戸~袋田の滝の間の常陸太田市には竜神大吊橋があります。テレビ等でご存知の方も多いと思いますが、100mの高さからのバンジージャンプが楽しめます(バンジージャンプは11月末まで)。
袋田の滝の前後でバンジージャンプ、というドライブもいいかもしれません。





電気自動車「日産リーフ」での茨城ドライブ、お楽しみください。




参考までに今回のドライブの電費記録をご紹介。

<<<水戸⇔大子 往復 電費記録>>>


水3ケース(36kg)をリーフに積んで重量調整



アイ・カフェ水戸若宮店 9:00


電池目盛り 9/12
□□□■■■■■■■■■
電池残量79%
航続可能距離表示 149km


↓(走行距離53.1km)


袋田の滝 10:11

電池目盛り 7/12
□□□□□■■■■■■■
電池残量 52%
航続可能距離表示 100km

アイ・カフェ水戸若宮店~袋田の滝間(走行距離53.1km)
電費 9.3km/kWh
平均車速 37.9km/h


↓(走行距離71.4km)


茨城日産 水戸千波店 16:33

電池目盛り 2/12
□□□□□□□□□□■■
電池残量 19%
航続可能距離表示 37km

アイ・カフェ水戸若宮店~袋田の滝~茨城日産 水戸千波店間(走行距離124.5km)
電費 10.0km/kWh
平均車速 33.5km/h



~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は日産リーフ NISMOパフォーマンスパッケージ。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は1名ですが、ヘビー級のドライバーに加えて、大量の水で大人2人分(120kg以上)に調整。

走り方は流れに合わせています。
基本的にDレンジで走行。減速が必要なシーンに合わせてエコモードやBレンジを使用しました。


なお、本記事中に電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook