follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

電気自動車「日産リーフ」で温泉へ 日田、杖立温泉

24kWhバッテリー

2014.12.02(火)

杖立温泉

日産自動車の豊田です。

行ってきました九州!
福岡を拠点に日産リーフでドライブしてきました。
まずはかつて「九州の奥座敷」「福岡の奥座敷」と呼ばれた温泉に出発!







福岡~日田~杖立温泉 ドライブルート

福岡市内を出発し、大分県の日田市、熊本県の小国町で温泉のはしごをするという日帰りドライブです。



事前に充電スポット検索COCO充電などを見ながら
(1)距離
(2)ルート周辺の充電設備
(3)ルート内の最高標高地点
をチェックして脳内シミュレーション。
 
「片道約100km(1)、充電候補は急速充電だと大分自動車道 山田SA(上下)と高速を降りた日田市内に3ヵ所、日田市の「豊後・大山 ひびきの郷」と「道の駅 水辺の郷 おおやま」に普通充電設備あり(2)。起伏は基本的にだんだんと標高が高くなるルートで日田から先、杖立温泉近くが最高標高(3)。復路の方が電費はラクそう。

日田~杖立温泉間が山間部だから、念のために往路はその前に一度充電しておいた方がいいかな。山田SAが空いてれば充電、先客がいたら日田市内の日産のお店で充電。
ひびきの郷でも、充電器が空いてたら温泉に入っている間に充電しておこう。復路は、まぁそのとき決めよう。日田市内か山田SAでちょい足し、もし足りなさそうでも鳥栖から先は急速充電器いっぱいあるから心配なし」


とはいえ、なかなか来る機会もないので
充電スポットがあれば寄って撮影して、空いていればながら充電ちょい足し充電しながらドライブという方針で

福岡市内、博多区を8:20に出発。




山田SA(下り) 9:05

山田SA(下り)
大分自動車道 山田SA(下り)
急速充電器はサービスエリアの建物の左側、高い看板の下にあります。
(NEXCO西日本のSA、PAの急速充電器は今後有料化。日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」にご加入の方は都度課金なしで充電できます)

急速充電器が空いていたので25分充電。


ちなみに山田SA(下り)は環境保全をテーマにメガソーラーを設置。
店舗も最新のエコ技術を数多く取り入れているそうです。





豊後・大山 ひびきの郷 10:11

一軒目の温泉です。


梅の香温泉 なごりの湯 露天風呂
梅の香温泉 なごりの湯 露天風呂
(写真提供 豊後・大山 ひびきの郷)

露天風呂からは響渓谷の紅葉が見えました。
絶景かな絶景かな。



人間が充電(入浴)している間に、リーフも充電です。


豊後・大山 ひびきの郷
豊後・大山 ひびきの郷 で200V普通充電。

充電設備横にある自動販売機で飲料を購入後、60分間充電できるシステム。
普通充電なのでそれほど多くは充電できませんが、ここは山間の地、温泉に入ったり食事をしたりという間に充電できるのはうれしいですね。


豊後・大山 ひびきの郷
豊後・大山 ひびきの郷には温泉や食事、宿泊施設のほか、キャンプができる広場も。





杖立温泉 11:50

杖立温泉
大分県と熊本県の県境に位置する杖立(つえたて)温泉。
杖立川沿いに大小の旅館が立ち並びます。



実は、ここ杖立温泉にも急速充電器があるんです(2014年11月から)。
ちなみに、当日まで知りませんでした(なので事前のシミュレーションでは想定せず)。期せずして電気自動車の充電インフラが充実してきているのを実感。



杖立温泉で急速充電中の日産リーフ
杖立温泉で急速充電中の日産リーフ
杖立駐車場(公衆トイレ前)にあります。

これは小国(おぐに)町が環境モデル都市の事業の一環として、電気自動車を普及させるために、設置したもの。杖立駐車場の他に、小国町役場駐車場、ゆけむり茶屋(岳の湯)駐車場、の3箇所に急速充電器が設置されています。

なお、これらの急速充電器は日本充電サービスのカードでご利用可能。
つまり、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」ご加入の方は都度課金なしでご利用可能です。

せっかくなので15分充電。



杖立温泉 足湯
急速充電器のそばには足湯が。
また、充電時間を利用して川沿いを散歩するのも気持ちがいいですよ。



充電後、2軒目の温泉へ。



杖立観光ホテルひぜんや 紅葉風呂
杖立観光ホテルひぜんや吉祥の湯

ここはまるで雑木林の中に露天風呂が点在するようなつくり。
さまざまなお湯を楽しめます。



杖立観光ホテルひぜんや 吉祥の岩
(上記2点写真提供 ひぜんや

い~いお湯でした。





温泉のはしごをして、ゆったりと福岡へ戻ります。



道の駅 水辺の郷 おおやま 13:33

道の駅 水辺の郷 おおやま
道の駅 水辺の郷 おおやま
近隣地域の新鮮な食材を使った食事をバイキング形式で楽しめるレストランもあります。



道の駅 水辺の郷 おおやま 電気自動車用200V普通充電器あり
ここにも200V普通充電器1基があるので、お買い物や食事中に充電もできます(ただし今回は充電せず)。
豊後・大山 ひびきの郷と同じく、隣接する自動販売機で飲料を購入後60分充電、というシステムです。





日田市 三隈川公園 14:46

日田市 三隈川公園
日田市 三隈川公園

三隈川公園周辺をのんびりと散歩。ドライブ当日は天気がよかったこともあり(17~19℃ぐらいありました)、川風が気持ちよかったです。

5月から10月にかけては屋形船で「水郷 日田」を楽しめます。





山田SA(上り) 15:45

電池残量的に問題なかったものの、急速充電器が空いていたのでちょい足し充電して残りの行程を少しスピードアップすることに。


大分自動車道 山田SA(上り) 急速充電器
大分自動車道 山田SA(上り) 急速充電器
(こちらも今後有料化。日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」にご加入の方は都度課金なしで充電できます)

5分だけ充電しました。





博多駅まで約50km、ちょい足し充電の分、ちょっとだけスピードアップして
博多駅近辺 16:50到着。



なお、今回のドライブでは急速充電3回(25分、15分、5分)、200V普通充電1回(60分)していますが、取材を兼ねたものであり、必ずしもこのルートでこれだけの充電が必要なわけではありません。
実際「待った」感じがあるのは最初の山田SA(下り)での25分の充電だけでした(これも杖立温泉に急速充電器があるのを事前に知っていれば10分~15分の充電でもよかったかなと思います)。



電気自動車は「充電時間が長い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、今回ご紹介したようにお食事や入浴など、何かしている間にながら充電、5分~15分程度のちょい足し充電など、やり方によってはそれほど気にはならないと思います。充電設備は急速、普通ともに増えてきているので、そういう楽しみ方も、以前よりやりやすくなってきています。



うまくながら充電ちょい足し充電活用して、電気自動車でのドライブ、お楽しみください。

facebook