follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

大分県姫島村で超小型電気自動車「日産ニューモビリティコンセプト」レンタカー開始

2015.04.10(金)

姫島エコツーリズムの皆さん
姫島エコツーリズムの皆さん

日産自動車の豊田です。

横浜の大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」や神戸六甲山の「ウリボーライド」など、全国各地で活躍中の日産の超小型電気自動車「日産ニューモビリティコンセプト」。

前後二人乗りのコンパクトボディで狭い道もスイスイ進み、起伏の大きい場所でも電気自動車ならではトルクでグイグイ走ります。


九州の島でも島内レンタカーとしての活用がスタートしました!








「日産ニューモビリティコンセプト」を活用した島内レンタカー事業がスタートしたのは、大分県の北東部にある、大分県国東郡姫島村。東西7km、南北4km、周囲17kmほどの小さな離島です。

アサギマダラ乱舞
毎年5月と10月に多くのアサギマダラが姫島に飛来


きつね踊り2
姫島盆踊り
毎年8月14,15日に、地区ごとに多くの伝統踊り、創作踊りが披露されます。
写真はそのうちのひとつ「きつね踊り」。
姫島の盆踊りは、鎌倉時代の念仏踊りから発展したものといわれているそうです。

姫島ではその他に名産にちなんだ「姫島かれい祭り」「姫島えび祭り」が行われ、年間約4万人の観光客が訪れます。


上記2点 写真提供:姫島村役場
参考リンク:姫島村役場観光案内






上記のように多くの観光資源に恵まれながらも島内にはバスや電車、タクシーなどの交通手段がないため、島内の移動が大変でした。


そこで、島出身の事業家である寺下満氏が社長であるT・プラン株式会社が超小型モビリティによる観光・地域振興を目的に姫島エコツーリズム推進協議会を設立。
姫島村の地域活性化を目指して超小型電気自動車レンタカーの運営を行うことになりました。



2015年4月4日 姫島エコツーリズム グランドオープン
2015年4月4日 姫島エコツーリズム グランドオープン
日産ニューモビリティコンセプト 5台が導入されました。

姫島エコツーリズム推進協議会の会長を務める寺下氏は
「島内の移動手段は長年の姫島の課題。今回の事業で姫島にぜひ貢献したい」と挨拶で述べました。
また今回の取り組みにより、島内の主婦6名の雇用を新たに創出できたとのこと。


大分県姫島を走る日産の超小型電気自動車
前後二人乗りで車幅が狭い日産ニューモビリティコンセプトは道幅の狭い路地でも活躍します。





姫島エコツーリズム事務所前にて
オープニングイベント後、寺下氏(右)が自転車で通りかかったおばあさんと話をしていらっしゃったので、お話をきいてみると、レンタカー事務所の大家さんでした。
他にも貸してほしいという引き合いがあったそうですが、島出身の寺下氏からの申し出に応じたとのこと。


大分県姫島で民宿を経営する村岡さん
姫島で民宿を経営する村岡さん

「(姫島に)観光でいらっしゃっても、クルマが不便だったの。フェリーでクルマ持ってくると高いし、島にはバスとかタクシーもないから。前は主人が宿のお客さまをクルマに乗せて案内してたりしたけどいまはもうそれもできなから。ほんと申し訳なくてねぇ。これ(超小型電気自動車の島内レンタカー)はほんといいわぁ~。きっと成功する。島の女性の仕事も増えて、よかった。がんばってほしい」
とおっしゃっていました。



姫島エコツーリズム
超小型電気自動車レンタカー


利用時間 9:00~18:00(最終受付17:00 ) 水曜定休
利用料金 2,000 円 / 時間 から

その他詳しくは下記にてご確認ください。

姫島エコツーリズムWebサイト




大分県姫島を走る超小型電気自動車
姫島エコツリーリズムでは、将来的には島民の島内移動用のカーシェアリングとしての活用も検討していく予定とのことでした。





2015年5月22日追記
動画も公開されましたので、あわせてご覧ください。

facebook