follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

電気自動車の高速道路利用料金 一部補助事業(先着4万台) 申請について

2015.04.25(土)

Nissan LEAF

日産自動車の豊田です。

電気自動車の高速道路利用料金の一部が補助されます。

先月(2015年3月)にお伝えした上記の「高速道路利用実態調査事業」の登録受付について発表がありました。






(以下2015年4月27日 個人の登録受付開始に伴い一部修正しています)


申請開始について

【個人】
4月27日(月)申請受付開始

【法人】
5月15日(金)の申請受付開始を予定しています。
(5月14日頃には受付開始時間等のお知らせを致します)




詳細については下記Webサイトにてご確認ください。
お申し込みも下記Webサイトからとなります。

電気自動車等 高速道路利用実態調査プロジェクト



申請についてご注意いただく必要がありそうなことをいくつか抜粋してご紹介します。




お申し込み方法について

「インターネットからの申込だけとなります。また、所定の確認資料をご送付いただく予定です。」
とのこと。


「印刷環境が整ったパソコンにてご申請を行うことをお薦めいたします。なお、携帯電話(いわゆるガラケー)でのご申請はできません。スマートフォンで申請する場合
は、その後所定の書類を印刷することができる環境が必要となりますのでご注意下さい。」

ともあります。





申請には下記書類が必要とのことですので、予めご用意いただくと申請がスムースにできるでしょう。



必須書類

「自動車検査証(車検証)」の写し
「ETC車載器セットアップ証明書」 の写し
「ETCカード(表)」の写し
「充電カード(表・裏)」の写し
「高速道路利用情報の提供に関する同意書」
「振込先口座情報」
「通帳(無い場合はキャッシュカード)」の写し




「充電カード」とあるものは日産の電気自動車「リーフ」「e-NV200」をご利用のお客さまの場合
日産ゼロ・エミッションサポートプログラム(スタンダードプラン)
EVサポートプログラム(スタンダードプラン)
法人EV充電サービス

のカードとなります。


新ZESPカード
日産ゼロ・エミッションサポートプログラム スタンダードプランカード(サンプル)


ディーラーのみ対応カード(日産EVご利用のお客さまの場合、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム、EVサポートプログラムの「ライトプラン」)では申請ができないことについては
「長距離走行を促すことを目的とした調査事業であるためにディーラーのみを対象とするカードを対象としておりません。」
とのこと。





調査開始は2015年5月1日を予定とありますので、気になるのは5月1日から対象になるためには?ということですよね。
それについては、

調査協力費支払い対象について

「各月末日までに申請手続きが完了すれば、当該月の1日に遡って調査協力費の支払い対象となります。5月1日の調査開始日から対象にするためには、5月末日までに申請手続きが完了していることが必要です。(書類の不備等がないことが条件となります。)」

とのことです。





当事業(高速道路利用実態調査事業)のは先着4万台となります。
電気自動車オーナーさまにはうれしい制度、ぜひご活用ください。

facebook