follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

100%電気自動車に限り通行料が無料になった白糸ハイランドウェイを日産リーフ エアロスタイルで走ってきました。

2015.05.15(金)

日産リーフ@白糸ハイランドウェイ 浅間山をバックに
日産リーフ エアロスタイル@白糸ハイランドウェイ 峠の茶屋料金所 浅間山をバックに

日産自動車の豊田です!

先月、軽井沢の白糸ハイランドウェイが、100%電気自動車に限り通行料を無料化するという発表がありました。

白糸ハイランドウェイの写真を見てみると、実に美しく、気持ちよさそうです。ここを走っているリーフの写真があったらいいなぁ~
ということで、日産リーフ エアロスタイルに乗って行ってまいりました。







白糸ハイランドウェイ アクセスマップ
白糸ハイランドウェイ アクセスマップ
(マップ提供 白糸ハイランドウェイ)



長野県軽井沢町を走る白糸ハイランドウェイは、延長10kmの美しい森の道。旧軽井沢から峰の茶屋を結ぶ延長10kmの観光有料道路です(歩行者、自転車、125cc以下のバイクは入れません)。軽井沢と草津温泉を行き来するのに便利な道路であり、また北軽井沢方面からアウトレットへ抜ける近道としても知られています。

コース内には「白糸の滝」 「竜返しの滝」などがあります。





白糸ハイランドウェイを走る電気自動車「日産リーフ エアロスタイル」
訪れたのは新緑の季節には少し早い時期でしたが、森の中を走るのはとても気持ちよかったです。窓を開けて森の中の風の音、木々の奏でる音を聴きながら走りました。



白糸ハイランドウェイ
100%電気自動車 通行料金無料について

対象期間
2015年4月23日より 2016年3月31日 まで

対象車両
日産リーフなど100%電気自動車のみ



"今後も軽井沢の美しい森林資源の保護のため、環境にやさしい電気自動車の普及を後押ししていく全国で初めての試み"とのことです。
白糸ハイランドウェイblogより


ちなみに
軽自動車・小型自動車・普通自動車(乗用・貨物)の場合、400 円の通行料金が必要となります。





軽井沢 白糸の滝
白糸ハイランドウェイの中ほどにある白糸の滝。
高さ3m、幅70m。
駐車場があり観光バスも停まるので、多くの観光客が訪れます。
浅間山に降った雨が地下に浸透し湧き出るまで約6年ほどかかっているそうです。


白糸ハイランドウェイの売店前を走る日産リーフ
白糸の滝への登り口には売店もあります。



ここの一番人気はこれ


軽井沢 白糸ハイランドウェイ 白糸の滝売店ではいわなの塩焼きがおすすめ
いわなの塩焼き



軽井沢 白糸の滝売店 いわな塩焼き
ハイシーズンには焼くのが追いつかなくなるほどの人気だとか。
私たちも頭から骨ごといただきました!おいしい!




これから新緑のシーズン。
高速道路通行料補助もあることですし、関越道や上信越道を使って軽井沢へのお出かけなんていかがでしょうか。





白糸ハイランドウェイを走る電気自動車「日産リーフ エアロスタイル」
ちなみに白糸ハイランドウェイの一部は舗装はタテ方向に溝が走っています。
これは排水性と防水性を併せ持つ舗装だそうで、凍結防止剤が簡単に流出しにくくなり、凍結抑制効果が持続できる技術だそうです。
参考:多機能型排水性舗装 フル・ファンクション・ペーブ





白糸ハイランドウェイを走る電気自動車「日産リーフ エアロスタイル」
気持ちのいい道でした!





軽井沢 白糸ハイランドウェイを走る電気自動車「日産リーフ エアロスタイル」



撮影協力、写真提供(白糸の滝)
白糸ハイランドウェイ

facebook