follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

東京モーターショー2015!日産が目指す未来の電気自動車と自動運転を具現化したコンセプトカーを出展

2015.10.28(水)

東京モーターショー2015開幕

日産自動車の豊田です。

東京モーターショー2015が一般公開に先駆けて本日報道関係者に公開されました。日産は

日産が目指す未来の電気自動車と自動運転を具現化した
革新的コンセプトカー


を公開いたしました。



私、ワクワクが止まりません。






NISSAN INTELLIGENT MOBILITY

これからご覧いただくのは、世界が未体験の技術革新の一部です

日産の考える自動運転コンセプト「ニッサン インテリジェント ドライビング」

これは実現可能な未来です

未来はよりスマートで、安全で、便利で、
そしてワクワクにみちています

いつ、自動運転は実現するのでしょうか?
それはあなたが想うより早くやってきます

さあ、未来のドライブへ。






ぜひ動画をご覧ください。



Together We Ride - 知能化・電動化の将来のビジョン





Nissan IDS Concept
Nissan IDS Conceptは世界初お披露目



自動運転というと「運転する楽しみはなくしたくない」というご意見をいただくことが少なくないですが、日産の考える自動運転は、クルマに運転のすべてをゆだねるものではありません。
ドライバーの意思で操作する際は、多くのセンサーで車両の状況を常時モニタリングし、ドライバーの思い描いた通りの走りをアシスト。安全で心地よいドライビングを存分に味わえます。
そして、人がクルマに運転をゆだねる時でさえ、ドライバーの好みを熟知した走りを実現します。

つまり「もっと運転が楽しくなる」ものです。



日産自動車 電子技術開発本部 エキスパートリーダーの二見徹はデジモノステーションのインタビュー記事で自動運転について下記のようにコメントしています。


~~~~~デジモノステーションから引用~~~~~

"自動運転をロボットに例えると、鉄腕アトム型とガンダム型に分けられると思います。アトムは自分で考えて自分けで行動しますが、ガンダムに出てくるモビルスーツは人間の能力を拡張してくれるものですよね。日産が考える自動運転はこちらのタイプです。つまり自動運転が実現すると誰でもF1ドライバーのような高度なコーナーリングなどができるようになるということ。しかも、事故の心配なく安全にです。"

~~~引用おわり(太字は当ブログによるものです)~~~


いかがでしょう?
イメージしやすくなったのではないでしょうか?
ワクワクしてきませんか?




自動運転を支えるニッサンIDSコンセプトの技術を開発関係者のインタビューを交えてご紹介。





Nissan IDS Concept





このブログをご覧の方々は、「日産が目指す未来の電気自動車と自動運転」の「電気自動車」の部分が気になりますよね。

ニュースリリース
Nissan IDS Concept
日産が目指す未来の電気自動車と自動運転を具現化した革新的コンセプトカー

からEVに関わる部分を抜き出してご紹介します。



~~~~~以下ニュースリリースから引用~~~~~

EVでの長距離運転を実現するために"究極の空力"を追求
森田は、EVである「ニッサンIDSコンセプト」に欠かせない空力性能を追求したデザインについて次のように述べています。
「「ニッサンIDSコンセプト」が現実になるとき、EVは1回の充電での長距離走行が可能となるでしょう。そのためには、バッテリーの進化はもちろん、空力性能も非常に重要になります。「ニッサンIDSコンセプト」には、今まで培った空力技術を余すところなくデザインに取り入れました。」

フルカーボン製ボディは、全高をわずか1,380mmに抑え、空力抵抗係数(CD値)を低くすることに貢献しています。限りなく車体の四隅にタイヤを配置することで、室内のスペースを最大限確保するとともに、キャビン全体が包み込まれるような印象を与えています。横から見ると、大径タイヤが走りの良さとスポーティーさをイメージするスタイリングを実現していますが、転がり抵抗と空気抵抗を限りなく減らすべく、175サイズという非常に細いタイヤを採用しています。足回りの軽快感を表現したホイールには、細かいフィンのようなレイヤーデザインを施しました。これが、走行中にホイール表面のエアフローに小さな気流の渦を作り、空気をスムーズに受け流すのに役立っています。GT-R LM NISMOの空力性能を手掛けたチームは「ニッサンIDSコンセプト」を見て、「ハッチバックとしては究極の空力性能が実現されている。」と述べました。

EV技術の進化で一充電走行距離が向上
副社長の坂本秀行は今年6月の株主総会の席で「私たちのゼロ・エミッション戦略の中心は100%電気自動車です。モーター、バッテリー、インバーターなど、これらの電動化技術を進化させ、EVがガソリン車と同じような、もしくはそれ以上に便利なクルマになるよう開発・量産することが我々の戦略だ。」と語りました。

「ニッサンIDSコンセプト」は60kWhという大容量のバッテリーを搭載するとともに、高い空力性能を誇る低く構えた、流れるようなデザインや、フルカーボン製ボディを採用することによる軽量化によって、長距離移動をする時のお客さまのニーズにもお応えできるようになります。また、「ニッサンIDSコンセプト」には、スマートフォンなどから操作可能なリモート駐車(パイロットパーキング)技術と、ワイヤレスで充電ができる非接触充電技術を搭載しており、ドライバーは駐車から充電までの操作をクルマに委ねることも可能となるのです。

~~~~~引用終わり~~~~~





こちらもワクワクしてきますね!

東京モーターショーは2015年10月29日から11月8日まで、東京ビッグサイトで開催。月~土は20時まで。
10月30日(金)、31日(土)、11月2日(月)~7日(土)は16時以降安い料金のチケットもあります。



日産ブースにはNissan IDS Concept以外にも

TEATRO for DAYZ
軽自動車EV「TEATRO for DAYZ」や


新型日産リーフ(11月発表予定)
11月発表予定の新型日産リーフ(新色ツートン!)
などの電気自動車を展示中。


日産ブースは西展示棟1・2ホールです。
ぜひワクワクしに日産ブースにお越しください。
たくさんのご来場お待ちしております。

関連リンク
ニュースリリース
Nissan IDS Concept
Road to AD:自動運転を実現させるための革新的なテクノロジー


日産自動車 第44回東京モーターショー2015 特別サイト

facebook