follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

大分市から由布院まで日産リーフで温泉に入りに行ってきました。

24kWhバッテリー

2015.04.08(水)

日産リーフ@阿蘇くじゅう国立公園 ゆふいん狭霧台

日産自動車の豊田です。

電気自動車「日産リーフ」で、おんせん県を走ってきちゃいましたけん!

あ、ご存知ない方もいらっしゃるかもしれないので、念のためにお伝えしておくと「おんせん県」とは、大分県のことですよ。







スタートは大分市。
大分日産 住吉店で充電してからドライブ開始。大分ICから高速道路 大分道に入り、由布院ICまで走ります。由布院からは一般道を使って別府市へ戻ってくるというドライブコース(取材時間の関係で最後は別府市まで)。
おおよそ80kmほどのドライブですが、標高差が700m以上あります。

大分市から由布岳PAの少し先までがほぼのぼり。そこから由布院へはくだりです。復路は由布市と別府市の境ぐらいまで急なのぼり坂となりますが、そこを過ぎればあとはくだり坂となります。

脳内シミュレーション的には「ま、たいした距離じゃないし、山さえ越えればなんとなかる!」という感じで出発!



大分道 別府湾SA(上り) EV急速充電器で充電中の日産リーフ
大分道 別府湾サービスエリア(上り) EV急速充電器

初めてのルートですし、せっかくなので少し充電。
17分ほど充電しました。



全国的に高速道路上のサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)への電気自動車用休息充電器の設置が進んでいます。
ここ大分県内では

大分道の
・別府湾SA上下
・玖珠SA上下

にそれぞれ急速充電器が1基ずつ設置されています。

ちなみにいずれも24時間利用可能。
NCS(日本充電サービス)充電スポットなので、日産ゼロ・エミッションサポートプログラムもしくは日産EVサポートプログラムの「スタンダードプラン」にご加入であれば都度課金なしでご利用可能です。



余談ですが、この日大分道 別府周辺はすごい霧で

大分道 別府湾SAからの眺望
晴れては

大分道 別府湾SAからの眺望
霧の中

というお天気を短時間で繰り返していました。





由布院の充電スポット(2015年4月5日時点)

<急速充電器>

ロータス麻生
1回500円で利用可能。


道の駅ゆふいん(NCS充電スポット)
※2015年4月以降運用開始予定とのこと。



<普通充電器>

柚富の郷 彩岳館
ご利用のお客さまは無料で充電可能。
200V充電器2基。


楓の小舎
宿泊のお客さまは無料で充電可能。
要ケーブル。




今回は「柚富の郷 彩岳館」さんにお邪魔しました。

柚富の郷 彩岳館
入り口にもEV充電設備があることがわかりやすく表示されています。



柚富の郷 彩岳館
充電器は建物の右に2台分あります。
フロントに充電したい旨を伝えて充電します。



豊後牛ステーキ丼
到着はお昼過ぎだったので、まずは食事を。
奮発して豊後牛のステーキ丼をいただきました。
美味!



由布院 彩岳館 大浴場露天 (望岳)
彩岳館 大浴場露天 (望岳) 写真提供:彩岳館

そしてその後ゆったりと温泉を堪能。
旅ぃ~ゆけばぁ~♪



食事とお風呂で約90分。
人間もクルマも充電できました。





身も心もクルマも充電したあとは由布院の湯の坪街道・たけもと街道をブラブラ。


由布院
由布院 湯の坪街道・たけもと通り
日本語だけではなくいろんな言語がきこえてきます。



由布院でスイーツ
散歩の途中でスイーツなど。
由布院はさまざまなスイーツでも有名です。


食事に温泉、そしてスイーツを堪能したところで別府へと戻ります。
(本当は由布院で一泊したいところですが、時間の関係で日帰りに)





往路は大分~由布院を高速道路で走りましたが、復路は一般道で。6~7km猛烈なのぼり坂ですが電気自動車ならではの力強いトルクでグイグイグイグイと急勾配をのぼります。ガソリン車だとエンジン音が高まるところですが、電気自動車はそんな時でもあくまで静か。なめらかに走ります。



日産リーフ@阿蘇くじゅう国立公園 ゆふいん狭霧台
ゆふいん狭霧台からの眺め
まだ坂の途中ですが、高低差感じていただけるのではないでしょうか。


そしていったんくだりになれば別府市中心部までずっとくだりなのでほぼアクセルオフで回生、また回生。復路最高地点付近では航続可能距離表示51kmでしたが、別府港に着いたときには106kmになっていました。電池目盛りでいうと1目盛り増でした(ちなみに車両がレンタカーでマイナーチェンジ前のものだったので%表示なし)。

参考リンク:日産リーフのモーター



別府港
別府港でゴール。


先にふれたように別府港についた時点で航続可能距離106km。
大分市までは15kmほどなので、余裕です。
もし電池残量が少なくても、別府市内に複数急速充電スポットあるので、安心です。



大分~別府だと往復30kmのドライブになってしまうので、今回は由布院までのコースにしたので別府で温泉を楽しめませんでしたが、また機会があればリーフで別府の温泉めぐりしてみたいと思います。



皆さんも、電気自動車「日産リーフ」でおんせん県 大分県ドライブ、いかがですか?

facebook