follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

自宅に充電設備がないマンション住まいだけど 電気自動車「日産リーフ」で5ヶ月通勤してみた

30kWhバッテリー

2016.12.08(木)

首都圏EV急速充電マップ
首都圏EV急速充電マップ
急速充電器のアイコンで埋まってしまいます。


日産自動車の浅井です。

「電気自動車に興味あるけど、うち集合住宅で充電設備設置できないから乗れない」とお思いの方、少なくないのではないでしょうか。

本当に自宅に充電設備がないと電気自動車に乗れないか?というと、必ずしもそうではありません。実際にマンション・アパートにお住まいでリーフをお乗りのオーナーさまも少なくないです。

マンション・アパートにお住まいの場合
日産の電気自動車なら、充電サポートプランに加入していれば、充電代は毎月定額2,000円(税別)※で済みます。
日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2 以下ZESP2 「使いホーダイプラン」の場合
※日本充電サービス(NCS)が提供する充電スポット(NCS充電スポット)に限ります。
 NCS充電スポット以外での充電は別途費用が発生する場合がります。






充電代、毎月定額2,000円(税別)


浅井(以下「浅」)EV担当1年目
「ようやく発表になりました。ZESP2!充電代定額月額2,000円(税別)。初めて社内でこの話を聞いたときビックリしました。それから人に言いたくなるのをガマンするのが大変でした(笑)」

Hさん(以下「H」)EV担当歴長い
「携帯電話の料金や音楽や映画・ドラマの視聴など、いろんな定額サービスありますけど、自動車の燃料代にあたる充電代が定額というのは電気自動車ならではですからね。充電代を含む定額のサポートサービスは以前からZESP(月3000円 税別)としてご提供していましたが、内容をシンプルにしたZESP2をひと月2,000円(税別)としたことで、メリットがよりわかりやすくなったと思います」


「テレビCMなどでは『旅ホーダイ』という言葉で訴求しています」


「はい。外での充電のメインとなる急速充電器の多くが使い放題ということで、充電代(燃料代)を気にせず走っていただくことができますよ、ということですね。イメージしていただきやすいので"旅"という言葉を使っていますが、実際はたとえば通勤などの日常生活の中でも"走り放題"です」


「(充電設備がない)マンション・アパートにお住まいの場合、充電代、毎月定額2,000円(税別)だけで済んじゃうんですよね。ご自宅に充電設備がある場合はプラスご自宅での充電代がかかりますが」


「(対象の急速充電器だけ使えば)2,000円ポッキリです。充電代が気にならなくなるのでもっともっと走りたく、出かけたくなりますよ

ZESP2充電サービスカード
EVライフの必需品 ZESP2 充電サービスカード(サンプル)


「前回の記事でご紹介したようにHさん、7月~11月の5ヶ月間リーフで12,268km走りましたよね。その中ではブログで紹介したドライブ以外にも通勤でも使っています。どういう使い方かあらためて教えてもらえますか」

前回の記事
電気自動車の充電月額2,000円 日産の新充電サポートサービス始まります。



「12,268kmの内容を見ると、うち取材ドライブ分がおよそ7,700km、それ以外の通勤などの日常使いで4,568kmでした。ひと月平均913.6kmを通勤を含めた日常生活で使っていることになります。~以下箇条書き~」


Hさんリーフ通勤 基本情報

・集合住宅住まいで自宅充電設備なし
・充電はすべて自宅外
・おおよそ片道30km、往復60kmの通勤
・乗員は細身の夫婦ふたり分ぐらいの体重がある男性ひとり
・エアコンは普通に使う
・日産グローバル本社の急速充電器はできるだけ使わない
(まだ職場に充電環境がある方は少ないため、職場で充電してしまうと多くの方の参考にならないと考えました。ただし日産本社出発のレポート等の場合は使う)



集合住宅住まいでもOKな条件

浅井(以下「浅」)EV担当1年目
「自宅に充電設備ないですが、5ヶ月リーフで通勤してみてどうですか?」

Hさん(以下「H」)EV担当歴長い
結論から言うと私の場合まったく問題なく使えています。
ただ、日本全国どなたでもおすすめかというと、残念ながらそうではありません」



「条件があるということですね。どんな条件ですか?」


ご自宅の近くや通勤経路などよく走るエリアに急速充電器が複数あることは必須ですね。ご自宅に充電設備がないということは外で充電することになりますから。私の場合は神奈川県内の通勤ということもあって充電スポットにはまったく困りませんでした」

神奈川県急速充電マップ
神奈川県EV急速充電マップ
5kmも走れば他の急速充電器があります。



「首都圏や名古屋、京阪神をはじめ、各県庁所在地などにはかなりの数の急速充電器が既に設置されています。意識しないとなかなか気付かないかもしれませんが、意外ともうお近くにあると思います」



ちなみに他のエリアも見てみましょう。

名古屋周辺EV急速充電マップ
名古屋周辺EV急速充電マップ


阪神間EV急速充電マップ
阪神間EV急速充電マップ


お近くの充電スポットは下記リンクにてご確認ください。
日産 広がる充電ネットワーク(充電スポット検索)



急速充電器は全国で7,000基以上ありますからね。地域によっては難しいという方もいらっしゃるでしょうが、案外マンション・アパートでも大丈夫という場合も少なくなさそうですね」


「ちなみに私の場合、よく使っていた充電スポット3ヵ所でした。もし1ヵ所使われていたら次のところに行っていました。片道約30kmの中に3ヵ所あるので電欠の心配はありません。地域によって充電スポットの密度が違いますが日常的に使えるところが3ヵ所あれば安心だと思います」



充電頻度と目安


「片道30km、往復60kmの通勤で、充電頻度は?」


「私の場合、通勤に限っていえば月曜の朝に80%以上の電池残量で2往復半して、水曜の帰路に1度充電、金曜の帰路に週末予定があれば充電、予定がなければそのまま帰るみたいな感じで2~3日に1回ぐらいの頻度ですね」

「記録を見ると大体150km前後走って充電していることが多いです。電池残量でいうと40%切ってて充電器が空いてれば充電します。
おおよそ80%の電池残量で航続可能距離が200km→150km走って電池残量30%で航続可能距離50kmの状態で充電、という感じで使っています」


神奈川日産 西横浜店で急速充電中の日産リーフ
通勤途中で40%切っていたら充電します。



充電時間と充電頻度のバランス


「充電時間は毎回30分してますか?」


「毎回30分ではないですね。20分ぐらいで80%以上になる場合は切り上げちゃいます。充電時間についてはいろいろ試してみてます。1回30分にするか、頻度を増やして1回の充電時間を減らすかみたいな感じで」


「ふつうだったら1日~2日おきだったら30分だけど、毎日10分ずつするとか?」


「そうです。これは私の感覚ですが、15~20分はそれほど気になりませんでした。車内の片付けしたり飲み物買ったり、スマホをちょっといじっていたりするとそれぐらい経ってしまいます。ただ、20分過ぎると」


「長いと感じる?」


「そうです。これは個人差があると思うのでいろいろと試してみるのがいいと思います」



自宅に充電設備がなくて不便なこと


「自宅に充電設備がないことで不便なことはありましたか?」


「ん~正直慣れてしまったので不便と感じたことはないですかねぇ。慣れてしまえば特に」


「何かあるでしょう?」


「不便ということではないですが、気にしているのは充電待ちですね。外での急速充電なので、当然自分専用ではないわけで、先客がいらっしゃる場合もあります。本当にギリギリなら待つしかないですが、そうでもなければ別のところに行くようにしてます。なので、私の場合実際には待ったことないんじゃないかな。んー(しばし考えて)日常生活の中ではないですね。そういう意味でも自宅の近所や通勤経路には複数急速充電器があるといいと思います」


「他には?」


「ん~......これも不便ということではないですけど、自宅で充電できれば100%充電できるから、そうなるともっと使いやすいだろうなとは思います。自宅に充電設備がない集合住宅住まいでも周囲に急速充電器が複数あれば電気自動車を充分快適に使えてますが、一番便利にお使いになれるのはご自宅でも充電できる方なので


「他には?」


「んん~............不便じゃないですけど、これからリーフどうだろう?と考える人向けにですけど(ZESP2使いホーダイプランは)走っても走らなくても定額なので、たとえば月に200kmぐらいしか乗らないという方だと割高になってしまう可能性もあります。ただ、一定以上毎月走る方には燃料代(充電代)メリットあると思います。定額なので、どうせならもっと出かけちゃおうと思う方も多いです」

「充電代定額のメリットと電気自動車ならではの手間や時間をどう考えるかによって受け取り方は変わってくると思います。私の場合は平気でした」



まとめ


「そろそろまとめを」


「こんな感じでしょうか↓」

ご自宅に充電設備がないマンション・アパートにお住まいでも
・ご自宅近くや通勤経路に複数の急速充電器があれば
 日産リーフに乗ることは可能
・ZESP2「使いホーダイプラン」なら充電代は毎月2,000円だけにできる
 (走っても走らなくても2,000円はかかる)
・充電代が気にならなくなるのでもっと走りたくなる
・充電頻度と時間は自分のベストバランスを探すべし
・充電代定額メリットと充電の手間を天秤にかけて
 どう考えるかはあなた次第


「電気自動車ならではの加速や静かさ、振動の少ない乗り心地などを、充電代を気にせず走ることができるのは、すごく解放感があって気持ちがいい体験だと感じています」


「まずはぜひ体験してみていただきたいですね。気になった方はぜひ日産のお店でご体験ください」
日産リーフモニターに申し込む





~~~~~~~~~~

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)についてはこちら

・ZESP2「使いホーダイプラン」(月会費2,000円)にご加入いただくと全国5,300基以上の急速充電器が使い放題となります。対象外の充電設備およびご自宅で充電する場合は、別途費用が発生します。
・使用用途が事業用途車(緑ナンバー)またはレンタカー(「わ」ナンバー)は、ZESP2「使いホーダイプラン」の対象外です。
・日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)ご加入にあたっては、日産カードにご加入いただく必要がございます。(Biz NISSAN CARDは除く)。日産カードご加入には(株)日産フィナンシャルサービス所定の審査を要します。
・日産カード年会費は、本プログラムとは別に必要です。

facebook