follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産リーフ(30kWh)で飛騨高山~下呂温泉をドライブしてきました。

30kWhバッテリー

2016.08.04(木)

飛騨路 下呂温泉

日産自動車の浅井です。

高速ロングドライブ 横浜~松本
日本アルプス越えドライブ 安曇野~高山
の続きをご紹介します。


ベテランEV担当Hさんが、高山から下呂温泉へとドライブしてきました(プラス飛騨牛食べまくり)。







高山⇒下呂温泉ルート図(復路も同じ道を走行)
片道50kmほど、およそ1時間ほどのドライブです。





<<往路 高山⇒下呂>>


高山市中心部

飛騨高山 中橋
市役所や駅がある高山市中心部を出発。
写真は中橋。


電池目盛り 9/12
□□□■■■■■■■■■
電池残量 76%
航続可能距離表示 229km


↓(走行距離51.6km)


下呂温泉

飛騨路 下呂温泉
下呂温泉 高山市中心部からクルマで1時間
下呂温泉には電気自動車を充電できる温泉施設、温泉宿多数。
急速充電器があるお宿も2軒あります。


大江戸温泉物語 下呂
大江戸温泉物語 下呂


到着時電池目盛り 7/12
□□□□□■■■■■■■
電池残量 56%
航続可能距離表示 144km

↓急速充電15分

充電後電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 82%
航続可能距離表示 222km



Hさん(以下「H」) ←EVベテラン担当
「サイコーでした」


浅井(以下「浅」) ←新担当
「温泉が?」


「いや~"美肌の湯"ですからね、温泉のハシゴしてすべすべですよ~。って、違います。いや、温泉はサイコーでしたけど、そうじゃなくて、この高山~下呂温泉間のルート、走っていてものすごく気持ちよかったです。速度は速過ぎず、適度にカーブや起伏があり、EVの力強さや回生、ハンドリングの良さを満喫できるコースでした



下呂温泉 水明館 EV急速充電器
下呂温泉 水明館EV急速充電器



「いいなぁ~温泉」


数年前にも下呂温泉来たことがありますが、電気自動車の充電環境、激変してました。他の山奥の温泉やそこへのルートなどにも電気自動車を充電できる環境整ってきているので、ぜひリーフオーナーの皆さんはお出かけしてほしいですね


日産ゼロ・エミッションサポートプログラムのスタンダードプランご加入なら充電費用気にしなくていいですからね。出かける回数も増えそう」





<<復路 下呂⇒高山>>


下呂温泉

下呂温泉
飛騨川


飛騨牛コロッケ

「飛騨牛コロッケいただきました。この後、飛騨牛ピラフもいただきました」


↓(走行距離33.1km)


道の駅 飛騨街道なぎさ

道の駅飛騨街道なぎさ
道の駅飛騨街道なぎさ EV急速充電器
利用方法、利用可能時間などは高山市のWebをご参照ください。



「高山まで充電なしでも充分戻れましたが、途中の道の駅にも急速充電器があったので、ブログでもご紹介しておきたいということで、ちょい足ししました。10分だけ充電」



到着時電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 63%
航続可能距離表示138km

↓急速充電10分

充電後電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 
80%
航続可能距離表示 176km




「何食べたんですか?」


「いや、食べてないですよ」


「な に た べ た ん で す か」


「飛騨牛を少々......」

道の駅飛騨街道なぎさ 急速充電中の日産リーフ
飛騨牛串焼き


「おいしゅうございました」


↓(走行距離21.3km)



高山市中心部

高山陣屋
高山陣屋


到着時電池目盛り 9/12
□□□■■■■■■■■■
電池残量 72%
航続可能距離表示171km



「フツーにドライブして温泉と飛騨牛たのしんできましたって話?」


「いや、そうじゃなくて......いや、そうなんですけど、そうなんです。山間部というとEVでも大丈夫なの?と思われる方がまだいらっしゃるんですが、フツーに、ほんとにフツーに行けちゃうんですよ。それは充電スポットが増えたということもあるし、リーフの航続距離が伸びたということもあるんですけど、フツーに使えます」


「電気自動車にしやすい環境になってきたってことですかね?」


「そう思います。30kWhのオーナーさまのお話をうかがうと、"EVだから!特別なクルマだから!"という感じではなく、"フツーのクルマ"としてお選びいただいているのを感じます」



電気自動車、ますます身近になっています。
以前ご体験いただいた方も、ぜひ「いま」の環境で改めてご体験ください。




「ちなみにこの日の晩ごはんは?」


「飛騨牛をいただきました」


「どんだけ飛騨牛好きなんですか!」





こちらもあわせてご覧ください。
横浜~松本ドライブ編
安曇野~高山ドライブ編
高山~茅ヶ崎ドライブ編






~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2015年モデルの日産リーフ(30kWh駆動用バッテリー搭載車)。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は常時一人。
気温があまり高くなかったのでエアコンはあまり使っていません。
走り方は流れに合わせています。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額3,000円(税別)が必要です。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報はすべて2016年7月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook