follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

電気自動車「日産リーフ」で熊本の南阿蘇村に行ってみた。

30kWhバッテリー

2016.09.09(金)

日産リーフ@道の駅あそ望の郷くぎの

日産自動車の浅井です。

前回に続いてHさんのドライブレポートをお届けします。
熊本帰省時に、熊本市から南阿蘇村までドライブしてきたそうです。






日産EVブログをお読みいただいている皆さま、こんにちは。
熊本出身のスタッフHでございます。


前回は大分県別府市と熊本市の間をリーフで走行した様子をご紹介しましたが、今回は熊本県内、熊本市から南阿蘇村へとドライブした際のレポートです。

南阿蘇村はその名のとおり、阿蘇山の南側に位置しています。
熊本市方面からの主要道路であった国道57号線、県道28号線が2016年4月の熊本地震による道路損壊のため、取材時点での主なルートは「大津~ミルクロード経由」と、「熊本空港~西原村~グリーンロード南阿蘇経由」の2つでした。

最新の南阿蘇村周辺の道路状況については
みなみあそ村観光協会Webサイトにてご確認ください。




熊本市⇒南阿蘇ルート(復路はこのルートをほぼ逆に走行)
上記2つのルートのうち、南側のルート、熊本空港から西原村をとおり、グリーンロード南阿蘇(ケニーロード)を走りました。
コース内の標高差、1,000m超あります。





道の駅 あそ望の郷 くぎの
目的地は道の駅 あそ望の郷 くぎの


阿蘇のあか牛 モニュメント @道の駅 あそ望の郷 くぎの
阿蘇のあか牛 モニュメントがお出迎えしてくれます。


阿蘇あか牛モニュメント@道の駅あそ望の郷 くぎの
あか牛の視線の先には......


EV急速充電器@道の駅あそ望の郷 くぎの
電気自動車(EV)急速充電器があります。
リーフが充電中。
こちらの急速充電器もNCS(日本充電サービス)対応です。

南阿蘇村にはここの他Yショップさん他数ヵ所に急速充電器があります。
充電スタンドの確認はこちら


道の駅あそ望の郷 くぎので日産リーフ(画面左下)急速充電中
別アングル。
雄大な阿蘇の風景が広がります。


日産リーフ@道の駅あそ望の郷くぎの
もちろん反対側も阿蘇!気持ちいい!



私(H)は南阿蘇村を訪れたのが午後だったので温泉入ってソフトクリーム食べただけでしたが、阿蘇には美味しいものがたくさんあるので、皆さん電気自動車で訪れる際はぜひお食事もしていってください。


あか牛ステーキ丼
あか牛ステーキ丼(以前撮影したものです)



日産リーフ@ケニーロード
帰りもケニーロードを通って熊本市内へ。

なぜグリーンロード南阿蘇が「ケニーロード」と呼ばれているかというと、南阿蘇の大自然をこよなく愛する往年の名グランプリライダー、"キング"ケニー・ロバーツが大絶賛したことに由来するのだそう(ケニーロード看板はこちら)。
確かに大自然の中をアップダウンありコーナーありの同ロードをバイクで走るのは気持ちよさそう。もちろんクルマで走るのも最高です。気候がよければ窓を開けて走るとなおよしです。

この道を走るだけでも、楽しめます。

走ることそのものが楽しい、阿蘇観光。
ぜひ電気自動車でお出かけください。



参考リンク:みなみあそ村観光協会Webサイト




最後に、電費データをご紹介。



熊本市内

出発時電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 82%
航続可能距離表示 169km


↓(走行距離54.8km)


道の駅 あそ望の郷 くぎの

到着時電池目盛り 6/12
□□□□□□■■■■■■
電池残量 48%
航続可能距離表示 107km


↓急速充電30分


充電後電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 89%
航続可能距離表示 183km

上でも書きましたが南阿蘇村には道の駅以外にも急速充電器あります。


↓(走行距離83.2km)


熊本市内

電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 63%
航続可能距離表示 153km



ご覧のように復路はくだり基調なので往路に比べて電気の消費量が少なく済んでいます。
往復だけなら充電は不要なぐらいでしたが、先にご紹介したように南阿蘇村内に複数の急速充電器があるので、遊び方、ドライブの仕方にあわせてご利用ください。




~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2015年モデルの日産リーフ(30kWh駆動用バッテリー搭載車)。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は常時一人。
エアコンは基本的にON(冷房)ですが、一部標高が高いところではOFFにして窓を開けて走っています。
走り方は流れに合わせています。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額3,000円(税別)が必要です。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報はすべて2016年8月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook