follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

電気自動車「日産リーフ」で大阪~和歌山を走ってみた。

30kWhバッテリー

2016.10.05(水)

和歌山城の伏虎像

日産自動車の浅井です。

あ、この写真にこの始まり方だと、この写真が私だと思われそう!と少し心配になって後ろの席のまりちゃんに相談したところニッコリ「杞憂です」と言われました。

さて、九州四国と続いているベテラン担当Hさんによる電気自動車「日産リーフ」の走行レポート、今回は関西でございます。






日産EVブログをお読みいただいている皆さま、こんにちは。
Hでございます。
今回は関西で走ってきた記録をご紹介します。


<<大阪→和歌山>>


スタートは大阪南港。
阪神高速4号湾岸線~関西空港自動車道~阪和自動車道を使って和歌山市へ。
80km弱のドライブです。
往復で160kmなので、途中充電なしで大阪~和歌山を往復する予定で出発しました。
ちなみに、上記経路の高速道路上には阪神高速 泉大津PA(海側陸側)、阪和自動車道 紀ノ川SA(上下)に電気自動車用 急速充電器があります。
(いずれも日本充電サービス NCS 対応)



大阪南港

電気自動車「日産リーフ」充電@アジア太平洋トレードセンター
大阪市住之江区のアジア太平洋トレードセンターで充電してからスタートです。


出発時電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 95%
航続可能距離表示 240km
22%から30分充電した数値です。


↓(走行距離65.3km)


紀ノ川SA(下り)

紀ノ川SA(下り)からの眺望
阪和自動車道 紀ノ川SA(下り)からの眺望


紀ノ川SA(下り)から見た夜景
陽が暮れるとこんな感じの夜景に。
これもまたすばらし。


到着時電池目盛り 9/12
□□□■■■■■■■■■
電池残量 69%
航続可能距離表示 152km


紀ノ川SA(下り) 電気自動車用 急速充電器
紀ノ川SA(下り) には電気自動車用 急速充電器もありますが、上記のように電池残量に余裕があるため、充電はせず。
阪和自動車道には紀ノ川SA(上下)と印南SA(上下)にEV急速充電器があります。


↓(走行距離11.4km)


和歌山市中心部

和歌山ラーメン
大阪→和歌山 76.7km
途中充電なしで到着。
晩ごはんは和歌山ラーメンいただきました。
たいへん美味しゅうございました。


到着時電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 65%
航続可能距離表示 165km


紀ノ川SA(下り)からはくだり坂で電費がよくなり、航続可能距離表示がのびています。





<<和歌山→大阪>>

和歌山市内

和歌山城
午前中、和歌山城を観光してから出発。


和歌山城の伏虎像
一番上の写真の「伏虎像」、全体像はこんな感じです。


和歌山城と忍者
天守閣の下には忍者さんがいました。
忍者さんポーズありがとう。にんにん♪




和歌山→大阪は和歌山市内から泉佐野まで一般道を走行し、泉佐野南から南港北まで阪神高速4号湾岸線を走行。その後一般道というルートです。
(地図上ではおよそ80km弱ですが、実際はもう少しうろうろしたようで約85km走行)


出発時電池目盛り 8/12
□□□□■■■■■■■■
電池残量 65%
航続可能距離表示 164km


和歌山市内にも充電スポットたくさんありますが、今回は充電せずに大阪に戻ります。


(走行距離↓84.7km)


大阪市内

日産大阪 川口店
日産大阪 川口店


到着時電池目盛り 3/12
□□□□□□□□□■■■
電池残量 23%
航続可能距離表示 52km


大阪~和歌山往復161.4km 途中充電なしでした。
充電が必要になった場合でも充電スポットたくさんあるので安心して走れました。



電気自動車でのドライブ、以前に比べると本当にラクになりました。
クルマの性能も向上してますし、充電スポットの数は昨年2015年に大幅に増えたので、それ以前とはずいぶんと状況が違います。

以前リーフをご体験いただいた方でも、いまお乗りいただくと違う印象を受けられる方も少なくないと思います。ぜひまたあらためて

「電気自動車のいま」

をご体験ください。





大阪城
大阪らしい画を......ということでその後、大阪城へ。
日曜夜のドラマも大阪城の攻防が近くなってきました。






~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2015年モデルの日産リーフ(30kWh駆動用バッテリー搭載車)。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は常時一人。
エアコンは全工程ON(冷房)です。
走り方は流れに合わせています。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額3,000円(税別)が必要です。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報はすべて2016年9月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook