follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

電気自動車「日産リーフ」で福島~新潟を走ってみた。

30kwhバッテリー

2016.10.14(金)

会津若松市 鶴ヶ城

日産自動車の浅井です。

すっかり秋です。
後ろの席のまりちゃんは秋っぽい装いになってきましたが、隣の席のおじさん(ベテラン担当Hさん)は、まだポロシャツです。

さて、九州、四国、関西と続いているベテラン担当Hさんによる電気自動車「日産リーフ」の走行レポート、まだまだ出てきます。今回は、福島と新潟ですよ!







日産EVブログをお読みいただいている皆さま、こんにちは。
Hでございます。
ポロシャツはほぼ私の制服でございます。
今回は福島県と新潟県を走行した記録をご紹介します。


<<郡山市⇒新潟市>>


出発地点は福島県郡山市。磐梯熱海ICから新潟ICまでは磐越自動車道を走行し新潟市内へ。
約160kmなので、途中充電はしないつもりで出発しました。




福島日産 郡山店

福島日産 郡山店で充電中の日産リーフ
福島日産 郡山店で充電してからスタート。


出発時電池目盛り 11/12
□■■■■■■■■■■■
電池残量 94%
航続可能距離表示 229km
20%から30分充電した数値です。


↓(走行距離168.7km)


新潟日産 県庁前店

新潟日産 県庁前店で充電中の日産リーフ
新潟中央ICから3kmほどのところにある新潟日産 県庁前店
ここは急速充電器が2基あります。
(ICからすぐのところにも急速充電器があるファミリーマート新潟中央インター店があります)

郡山から約170km弱走って新潟市に到着。
会津若松を過ぎたあたりからは強い雨に。気温も下がっていたこともあり会津若松~新潟間はほとんどエアコン(暖房)ONでした。
会津若松市付近で電池残量65%ほどあったので、そのまま予定通り途中充電なしで新潟市まで走りました。


到着時電池目盛り 1/12
□□□□□□□□□□□■
電池残量 11%
航続可能距離表示 28km





<<新潟⇒喜多方⇒会津若松⇒いわき>>


日本海側の新潟市を出発して喜多方市、会津若松市を経由して、太平洋側のいわき市を目指します。約270kmのドライブ。
地図下の標高図のように、猪苗代湖付近と郡山~いわき間は標高が高くなっているので、余裕のある(かつ充電待ちしない)充電計画を立てようと考えました。

ルート上で充電スポットが多いのが会津と郡山周辺です。
喜多方、会津には寄る予定なので、まずはこのあたりで1回。
もう1回充電するとしたら郡山市内か磐越道の阿武隈高原SAかな、と。郡山が近づいたところで判断することにしてスタートしました。


新潟市 萬代橋
新潟市 信濃川にかかる萬代橋


前夜から普通充電設備があるスイッパー新潟万台で充電しておいたので、100%からスタートです。

出発時電池目盛り 12/12
■■■■■■■■■■■■
電池残量 100%
航続可能距離表示 242km


↓(走行距離110.8km)


喜多方市

喜多方ラーメン
「ここまで来たので、せっかくだから」とお昼ごはんは喜多方でラーメンをいただきました。
美味しゅうございました。


到着時電池目盛り 5/12
□□□□□□□■■■■■
電池残量 42%
航続可能距離表示 96km


↓(走行距離26.6km)


<<会津若松市>>

鶴ヶ城
会津若松市 鶴ヶ城

いわき市まで残り130kmほどあるので、会津若松ICから高速に乗る前に、サティオ福島会津店で充電しておきます。1回目の充電。


到着時電池目盛り 4/12
□□□□□□□□■■■■
電池残量 28%
航続可能距離表示 69km


↓急速充電30分


充電後電池目盛り 10/12
□□■■■■■■■■■■
電池残量 86%
航続可能距離表示 208km


↓(走行距離76.4 km)


<<阿武隈高原SA(上り)>>

磐越自動車道  阿武隈高原SA(上り)で急速充電中の日産リーフ
磐越自動車道 阿武隈高原SA(上り)
スタートから213.8km
急速充電器があります。(日本充電サービス NCS対応)

郡山市付近に到着した時点の電池残量でいわき市まで行けそうだったので、郡山市内での充電はパス。そのまま磐越自動車道をいわきに向かいます。
阿武隈高原SA(上り)は、急速充電器が空いていれば翌日のためにちょっと足しておくつもりでした。



到着時電池目盛り 6/12
□□□□□□■■■■■■
電池残量 44%
航続可能距離表示 85km

急速充電器空いていました。
ということで2回目の充電は、トイレ休憩かねてちょい足し充電。


↓急速充電12分


充電後電池目盛り 9/12
□□□■■■■■■■■■
電池残量 79%
航続可能距離表示 162km


↓(走行距離58.9 km)


<<いわき駅付近>>


いわき駅付近到着時 日産リーフ メーター
いわき市到着時点のメーター
スタートから272.7km


到着時電池目盛り 7/12
□□□□□■■■■■■■
電池残量 58%
航続可能距離表示 166km

最後の30kmほどはくだり基調なので航続可能距離表示がのびました。

新潟⇒いわきは途中喜多方・会津に寄り道あり、翌日のためのちょい足し充電1回含んで、充電2回(充電時間計42分)でした。




おそらく新潟⇔いわきというドライブをされることは、あまり多くはないのでは?と思いつつ日程の関係上走りましたが
郡山⇔会津
郡山⇔いわき
会津⇔新潟
という都市間の移動はそれぞれ60~100kmほどの距離なので現地にお住まいの方も、ご旅行の方も、走る機会が多いのではないでしょうか?

それぞれの都市には充電スポットが既にたくさん設置されています。
また、磐越道には既に設置済みの阿武隈高原SA(上下)に加え、2016年内に磐梯山SA(上下)、西会津PA(上下)、阿賀野川SA(上下)にも急速充電器の設置が予定されています※。
ぜひ電気自動車で福島、新潟のドライブをお楽しみください。

NEXCO東日本 EV急速充電スタンド ページをご参照ください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2015年モデルの日産リーフ(30kWh駆動用バッテリー搭載車)。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は常時一人。
エアコンは気温が20℃前後だったのであまり使いませんでしたが、夜間、朝は一部暖房を使っております。
走り方は流れに合わせています。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム「スタンダードプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
※充電以外のサポートも含めて月額3,000円(税別)が必要です。

(↓こういう)電池目盛バーのリンクをクリックすると、メーターの画像をご確認いただけます。
□□□□■■■■■■■■

なお、本記事中にSA等での電池目盛り等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報はすべて2016年10月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

facebook