follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • e-NV200を知る e-NV200 WEBカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • LEAF to Homeについて知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

電気自動車「日産リーフ(40kWh)」で 真夏のドライブ 茅ヶ崎→神戸 距離489㎞ 走ってみた。

2018.08.30(木)

日産リーフ@サザンビーチちがさき

日産自動車の浅井です。

大阪→横浜神戸→福岡に続いて、今回も長ーいレポートです。

神奈川県の茅ヶ崎市から兵庫県神戸市まで、500㎞弱の電気自動車でのドライブの模様、詳しくご紹介します。






日産EVブログをご覧の皆さま、こんにちは。おだやかな性格のレポート担当Hです。
好きなことは電気自動車のなめらかな走り。スーッとすべるように滑らかに車線変更するシーンが大好物です。
嫌いなことは充電の順番待ちです。

今回は
茅ヶ崎→神戸レポートお届けします!




ルートの確認


神奈川県の茅ヶ崎市を出発。
圏央道~東名~新東名~伊勢湾岸道~東名阪道~新名神~名神~阪神高速と高速道路を西へ西へと走ります。距離約500㎞弱の道のりです。



充電スポットの確認

茅ヶ崎~神戸間の高速道路には15カ所充電スポットがあります。


東名高速・新東名道
・中井PA
・足柄SA
・駿河湾沼津SA
・清水PA
・静岡SA
・浜松SA
・岡崎SA
・刈谷PA

伊勢湾岸道
・湾岸長島PA

東名阪道
・御在所

新名神高速道路
・土山SA

名神高速道路
・草津PA
・桂川PA
・吹田SA

阪神高速
・京橋PA



参考リンク
NEXCO中日本 EV急速充電スタンド
NEXCO西日本 (EV)急速充電スタンド
阪神高速 電気自動車用急速充電器があるPA





事前の予想

充電スポットはいっぱいあるから電池切れの心配はなし

「充電2回でも行けるかもしれないけど、まっすぐ行っても6時間以上かかるし、ご飯食べたりトイレ寄ったりで少なくとも3回ぐらいはストップするから、休憩がてら充電は3回で行く

「最初の充電は駿河湾沼津SA(スタートから約90㎞)、清水PA(同約120㎞)、静岡SA(同約150㎞)のどれか。できれば清水PAがいいかなー。2回目は急速充電器が2基ある岡崎SA。3回目は御在所SAから桂川PAの間のどこかかな」


何しろ充電の順番待ちがイヤなもので、いかにそれを避けるかだけを考えます。

ポイントとしては
・ここで充電しないと次のスポットまで行けない!という状況まで引っ張らない。
・充電はピンポイントで考えず、区間で考えて、その間で空いていれば充電する。
・充電器が複数あるところを有効に使う。
・情報をうまく使う(スマホアプリ高速充電なびぜひ活用ください)

私は日本中あちこち走り回っていますが、この方法でほとんど充電の順番待ちしたことありません。

ちなみにこの方法、電池の温度が上がりやすい夏にも有効です。




結果

日産リーフ(40kWh)@茅ヶ崎サザンビーチ
茅ヶ崎市 4:40
早朝の茅ヶ崎サザンビーチから出発です。
リーフの左上に見えるのが、烏帽子岩です。


電池残量 98%
航続可能距離表示 272km




(↓走行距離 120.3㎞)



新東名道 清水PA(下り)で急速充電中の日産リーフ(40kWh)
清水PA 6:21
120.3㎞走って到着時の電池残量は51%でした。
充電1回目 30分

出発から約1時間40分。
充電器空いていました。
起きてからは2時間以上経過しておなかがすいていたので充電中に朝ごはんをいただきます。



(↓走行距離146.8 ㎞)


新東名 岡崎SA(下り)到着時 日産リーフ(40kWh)メーター 冷房ON
岡崎SA(下り) 8:51
到着時電池残量36%
充電2回目 30分


目的地が名古屋までなら充電不要(この時点で航続可能距離約100㎞に対して名古屋までの距離約50㎞)ですが、今回は神戸まで走るので充電します。

この辺りまでは順調。



(↓走行距離19.7㎞)



刈谷ハイウェイオアシス
刈谷PA(下り) 9:42
ここから先10㎞90分の渋滞でした。
一人ドライブで疲れた状態で渋滞に突っ込むのを避けるため、温泉施設 天然温泉かきつばたで休憩することにしました。

2時間半ほど休憩して(ごはん食べて、温泉入って、仮眠して)、リフレッシュして12:00に再スタート。



(↓走行距離55.8㎞)



御在所SA(下り)で急速充電中の日産リーフ(40kWh)
御在所SA(下り) 13:20
充電3回目 30分

鈴鹿近辺も渋滞でした。
SAに入ってみたら充電器が空いていたので、ここでもう3回目の充電をしてしまいました。
これでこの後は充電せずに神戸まで行けます。



(↓走行距離158.6㎞)



日産リーフ(40kWh)@神戸
神戸市 17:37
走行距離489.2㎞で神戸市に到着。


電池残量 18%
航続可能距離表示 55㎞
全行程平均電費 7.9㎞/kWh


神奈川県茅ケ崎市→兵庫県神戸市 距離489.2㎞、途中充電3回計90分(30分×3回)でした。


基本的に
一般道 e-Pedal ON
高速道路 プロパイロットON
で走っています。





記録詳細
クリックするとメーター写真が確認できます。
メーター写真の前後にその時点でのバッテリー温度や充電量の写真を公開しておりますので、ご興味ある方は合わせてご確認ください。

茅ヶ崎市
98%
288㎞

足柄SA(スタートからの距離62.6㎞ 以下同)
72%
189㎞

清水PA(120.3㎞)
30分充電後メーター
51%→91%
145㎞→255㎞

浜松SA(205.0㎞)
60%
170㎞

岡崎SA(267.1㎞)
30分充電後メーター
36%→71%
103㎞→204㎞

刈谷PA(286.8㎞)
65%
194㎞

御在所SA(330.6㎞)
30分充電後メーター
46%→79%
132㎞→221㎞

吹田SA(453.1㎞)
31%
91㎞

神戸市(489.2㎞)
18%
55㎞
全行程平均電費 7.9㎞/kWh


充電の順番待ちを回避する方法を使って、電気自動車での快適なドライブお楽しみください。

充電の順番待ちを回避する方法
・ここで充電しないと次のスポットまで行けない!という状況まで引っ張らない。
・充電はピンポイントで考えず、区間で考えて、その間で空いていれば充電する。
・充電器が複数あるところを有効に使う。
・情報をうまく使う(スマホアプリ高速充電なびぜひ活用ください)




~~~~~~~~~~~~~~~~~

車両は2017年モデルの日産リーフ(40kWh駆動用バッテリー搭載車)。
Gグレードです。
(基本的に当ブログでは特別言及がない場合はその時点の最新モデルでのご案内となります)

乗車人数は常時は1人。
エアコンは常時冷房ON。
走り方は流れに合わせています。

プロパイロットは高速道路や自動車専用道路でご使用ください。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2「使いホーダイプラン」※ご加入であれば日本充電サービス(NCS)対応の急速充電器が都度課金なしでご利用可能です。
普通充電は利用時間に応じて料金が必要です。
※充電以外のサポートも含めて月額2,000円(税別)が必要です。


なお、本記事中に電池残量等の数値を記載しておりますが、メーカーとして保証するものではありませんので、あくまで一例としてお考えください。
実際のドライブの際には余裕のある計画を立ててお出かけください。
情報は2018年8月時点のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


facebook