follow me on Twitter
  • 充電スポット検索 広がる充電ネットワーク
  • 日産リーフを知る 日産リーフWebカタログ
  • ランニングコストシミュレーター
  • メルマガ登録 最新情報をお届けします
                

カテゴリー

  • 日産リーフについて知りたい
  • 蓄電池利用について知りたい
  • 充電インフラ/充電ネットワーク
  • TRY!リーフ 電気自動車を楽しむ
  • EVのこれから すこし未来の話
  • EVニュース
  • e-NV200
  • インタビュー
    • 開発者インタビュー
    • オーナーインタビュー

充電情報

全国充電スタンド検索

ドライブレポート検索

日産リーフモニターキャンペーン

2012.05.31(木)

日産自動車の佐藤です。

家庭用EV充電・給電システム(LEAF to Home)、発表になりました。


日産リーフと、ニチコンさん製のパワーコントロールシステム「EVパワーステーション」を組み合わせて使うことで、リーフに貯めた電力を家で使えるようになります。



ニチコン社製EVパワーステーション
ニチコン社製EVパワーステーション※
見た目はエアコンの室外機程度の大きさのただの箱。
地味ぃな箱ですが、リーフの「蓄電池」としての新たな価値を引き出す、とても意義のある箱なのです。



クルマは走るだけではなく、
停まっている間も価値があるものに。

スマートな電力利用にも貢献します。

続きを読む

2012.02.05(日)

日産自動車の佐藤です。

北海道士別市で行われた日産リーフの雪上試乗会。
ここでは、雪上での日産リーフの走行性能をお試しいただいた他、寒地でのバッテリー性能、寒地での対策をご参加いただいたジャーナリストの皆さまにご案内いたしました。


日産リーフの開発主管 門田英稔 寒地でのバッテリー性能、寒地対策などについてコメント

続きを読む

2012.01.26(木)

日産自動車の佐藤です。

Twitter等で日産リーフのお話をしていると「4WDはないの?うちは雪が降るから4駆じゃないと......」というご質問をいただきます。
雪が多く降る地域にお住まいの方にとっては気になる点ですよね。

そこで、気になる方全員をお招きして......というわけには残念ながらいきませんので、自動車ジャーナリストや自動車雑誌の方々を北海道士別市のテストコースにお招きして、日産リーフの雪上での走行性能をご体験いただきました。


日産リーフ 雪上走行



リーフの雪上での走行性能は?

続きを読む

2012.01.13(金)

日産自動車の佐藤です。
2012年もよろしくお願いいたします。

2012年最初のニュースは、アメリカ デトロイトから。

2012年1月9日に開幕した北米国際自動車ショーで、日産は好評を頂いている多目的商用車「NV200」をベースにした100%電気自動車(EV)のコンセプトモデル
「e-NV200」コンセプトを世界初公開しました。

e-NV200 エクステリア
「e-NV200」コンセプト

ベース車である「NV200」は世界中で好評をいただいています。
これまでに、「インターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤー2010」、ドイツのユニバーサルデザイン協会が主催する「ユニバーサルデザイン賞2011」などを受賞しています。また中国では、「2010 CDVオブ・ザ・イヤー」を受賞。
またニューヨーク市の次世代タクシーに選定されています。

続きを読む

2011.12.20(火)

日産自動車の佐藤です。

東京モーターショーの出展概要の中で、お伝えできなかったクルマがあります。
それが、こちら。

NISSAN LEAF NISMO CONCEPT
日産リーフニスモコンセプト

2010年末の発売以来、グローバルで2万台を販売し、日本カー・オブ・ザ・イヤーをはじめ国内外の賞を受賞した日産リーフは、ゼロ・エミッション・モビリティを、現実社会の実用モデルとして提供されました。今回の日産リーフニスモコンセプトは、人々の理性だけでなく、心に訴える電気自動車と位置付けられます。

続きを読む

2011.11.15(火)

日産自動車の佐藤です。

今年、2011年の東京モーターショー、一般公開は12月3日(土)から。
東京ビッグサイトで開催されます。

先日の記事でご案内したように日産は3つのEVコンセプトを出展します。
そのうちの1台「PIVO 3」をモーターショーに先立って日産グローバル本社ギャラリーでお披露目をしました。

PIVO 3(ピボ3)
目つきは鋭いですが、かわいいやつなんです。

続きを読む

2011.10.18(火)

日産自動車の佐藤です。

日産にはライフケアビークルというラインアップがあります。

キャッチフレーズは
出かける喜びを、一人でも多くの方へ。
お子さま、ケガをした方、お年寄り、お体の不自由な方など、一人でも多くの方にクルマで出かける喜びを提供するための、福祉車両です。


福祉車輌は、非常に高い専門性が必要なので、日産グループでは専門メーカーであるオーテックジャパンが開発・製造しています。

日産リーフにも2種類のライフケアビークルがあります。





ひとつが
日産リーフ ドライビングヘルパー

日産リーフ ドライビングヘルパー

続きを読む

2011.09.13(火)

日産自動車の佐藤です。

日産は電気自動車普及拡大のための取り組みの一環として、独自に開発した新型の急速充電器を発表・公開しました。
2011年11月より全国の日産部品販売会社にて販売を開始します。

日産製「新型急速充電器」のデモをする日産リーフのチーフビークルエンジニア門田英稔
日産製「新型急速充電器」のデモをするチーフビークルエンジニア門田英稔

続きを読む

2011.08.02(火)

日産自動車の佐藤です。

本日、日産自動車は、日産リーフに搭載している駆動用のリチウムイオンバッテリーから一般住宅へ電力供給するシステム「LEAF to Home」を公開しました。


電力制御装置 (PCS: Power Control System)
左が電力制御装置 (PCS: Power Control System)


以前ご紹介した日産グローバル本社での蓄電池としての活用電気自動車用電池の再利用ビジネスは、電気自動車用として使った後の再利用、定置型蓄電池としての活用でしたが、今回のシステムは、日産リーフをそのまま使えるものです。


EV担当執行役員である渡部英朗いわく
「クルマを走行中だけではなく、止まっている状態でも価値のあるものにする、価値を高める」取り組みです。

続きを読む

2011.07.30(土)

日産自動車の佐藤です。

短いですが、うれしいお知らせです。

以前このブログでもご紹介した

日産リーフ ユーロNCAPで安全性能の最高ランク5つ星を獲得

日産リーフ 米国道路安全保険協会の「トップセーフティピック」を獲得

という安全評価に続いて、
日産リーフが米国 新車アセスメントプログラム(NCAP)で"5 stars"を獲得しました。
先のふたつの安全評価同様、日産リーフはNCAPにおいて初めて最高評価を獲得した電気自動車となります。

続きを読む

facebook